2005年02月28日

おすすめその142 チョウタリ(麹町・半蔵門)

野菜カレーCho-tari(チョウタリ)

千代田区平河町1-3-8携帯地図

Tel:03-3230-0202

予算:819円〜(昼)
味 :★★★☆
辛さ:★★〜★★★★
量 :★★★


ネパールの宮廷カレーとタンドール料理を売りにするお店。宮廷料理とはいうものの、内装はそんなに凝ってないので安心して入れる雰囲気だ。

ランチタイムはチキン、卵、野菜、ほうれん草とチキンなどのカレーライス(819円から)や、カレーとナンのセット(924円)などがある。ここ数日、体調不良でろくなものを食べず食物繊維不足に陥っていた僕、野菜カレーとナンのセット(924円)を注文した。4段階から選べる辛さは下から2番目のミディアムにしてみた。

やってきたカレーは、写真の通りかなりクリーミーで白っぽい。なかなか見かけない色で興味が湧いてくる。さあ、食べてみよう。続きを読む
posted by たあぼう at 20:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | 〃(麹町/半蔵門/永田町)

2005年02月26日

【ブログ開設6カ月記念】上半期マイベスト10

昨年8月26日にひっそりとブログを始めてから、半年を迎えることができました。はじめは1日数十だったページビューが、今では2000を超えるまでに。読んでくださっているあなたに感謝感謝です。

さて、この間に紹介できたお店の数は141。さまざまなカレー屋さんでさまざまなカレーを楽しんできたわけですが、その中で特に僕が気に入った10軒を(かなり迷った挙げ句)ピックアップさせていただきました。参考になれば幸いです。

もちろん、ほかにもおいしいカレー屋さんはたくさんあります。あなたの好みと僕の好みが一致するとは限りませんので、あくまで参考ということでお願いします m(_ _)m

1.スパイスカフェ(押上/南インド)
カレーのできばえはもちろん、前菜やデザート、何よりお店の雰囲気に僕はやられてしまったのでした。

2.ルー・ド・メール(神田/欧風)
オムレツにドライカレー。家庭で作れるシンプルな料理が、ここまで立派な料理になるとは。

3.ダバ インディア(京橋・東京/南インド)
ダバ インディアほど南インド料理を涼やかに楽しく食べられるお店は、たぶんないだろうし、これからもできないんじゃないかなぁ。

4.そばや吉祥庵(目白/カレーそば)
使っている水の透明感と出汁の深さに惚れました。

5.カレーハウス チリチリ(渋谷/インド風)
お店全体を包み込むスパイスの香りに脱帽です。

6.ナタラジ(外苑前・青山一丁目/北インド)
インドの野菜料理を楽しみたい時には随一のお店だと思っています。

7.ザイカ(雑色/パキスタン)
絶妙な辛さのチキンカラヒや、よく漬け込んであったローストチキンが感涙ものでした。

8.ビストロカレーエピス(高田馬場/欧風)
カレーはもちろん、野菜、和牛頬肉、油淋鶏といった具の繊細な仕上げが見事なのです。

9..ムッシュヨースケ(池尻大橋・中目黒/欧風)
マイルドで優しいのに存在感たっぷりのカレー・ソース。ライスの上で踊る野菜たち。カレーがごちそうに思えてくるのです。

10.伽哩人(中野/欧風)
キレのある辛さと酸味が際立ち、しかも後口がスッキリのカレー・ソースに対する記憶が鮮明に残っています。
タグ:カレー
posted by たあぼう at 22:29 | Comment(12) | TrackBack(4) | たあぼう's ベスト

2005年02月23日

おすすめその141 レストランあづま(銀座)

あづまレストランあづま(あづま銀座店)

中央区銀座6-7-6携帯地図

Tel:03-3571-0392

予算:900円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


ハンバーグにスパゲッティにカレー。まるでお子さまランチの献立のようだけど、60年の歴史を誇る洋食屋さんのあづまが作ると、ひと味違う大人の料理になる。

その大人の料理とは、お店と同じ名前を冠した「あづま」(900円)。ハンバーグ、ライスと、ナポリタン、鮭のフライ、キャベツが一皿に盛られている。そのハンバーグとライスにかかっているデミグラスっぽいソースが、実はカレー味なのだ。

渋い年輩のおじさんたちが注文を受け付けている。周囲ではクラブ(アクセントが前に来るやつね)のお姉さま方がお仕事前に立ち寄って食事されていたりして、独特の雰囲気がある。でも、資生堂パーラーのようなお高い値段になっていないところが嬉しい。続きを読む
posted by たあぼう at 20:10 | Comment(6) | TrackBack(3) | 〃(銀座5〜8)

2005年02月22日

おすすめその140 欧風カレー ミ★ドゥー (東中野・落合)

チーズチキン欧風カレー ミ★ドゥー(旧メルヴェイユ)

中野区東中野5-9-1携帯地図

Tel:03-3368-0880

予算:900円〜
味 :★★★★
辛さ:★★(中辛の場合)
量 :★★★(じゃがいもで+☆)


ボンディの流れを汲む欧風カレー屋さんは、今までにもいくつか紹介してきた。だけど、星4個を付けたお店はたぶんなかったはず。他店より評価を上げたのは、メルヴェイユにひと味違うものを感じたから。

ビーフやチキンなどの一般的なカレーは900円から。これにオランダ産のゴーダ・チーズを載せると50円増しになる。値付けはぜひボンディに見習ってほしいなあ。具なしのプレーン(800円)もあるけれど、やはり何か具を加えたい。一つ一つの具をちゃんと作ってくれているし、キヌア(南米アンデス地方の栄養価の高い穀物)入りなんていう珍しいものもある。

で、僕はというとチーズチキンカレー(950円)を注文した。欧風ではビーフを注文することが多いのだけど、「ステーキハウスおなかいっぱい」のエントリーで、401さんがチキン勧めてくださったことだし。ここはチキンを選ばぬわけにはいくまいと。

カレーを待つ時間は、お約束のジャガイモを食べよう。ほかの欧風カレー店より甘みがあっておいしい。いいジャガイモを使っているのかな。ただし、量は1個半と他店より半個分少なかった。なーんてメモを取っている間にカレーができあがった。すぐに一口食べてみる。続きを読む
posted by たあぼう at 00:00 | Comment(17) | TrackBack(3) | 中野区

2005年02月21日

カレー食堂「心」が全国展開、まずは「マネーの虎」貞廣氏と組み神奈川で

仮性人.comさんからカレー食堂「心」の最新情報をいただきました。

ということで以下、新聞記事っぽく書いてみました。

-----
フード・ビジネス専門のコンサルティング会社であるリンク・ワンは2月18日、スープカレー店のカレー食堂「心」をフランチャイズ形式で全国展開すると発表した。第1弾として、日本テレビ系列「マネーの虎」に出演していた貞廣一鑑氏が経営するラヴとパートナー契約を締結。神奈川県での店舗展開を委託する。

全国各地を18地域に分割し、各地で営業実績のある外食企業に店舗の展開と運営を委託する。ただし北海道と東京都は、「心」を開業した開賀津也氏とリンク・ワンが主体となって展開する方針だ。

契約済みのラヴのほかにも、リンク・ワンは複数の企業とフランチャイズ契約の締結に向けて交渉中。2005年中に20店舗、2008年には100店舗まで拡大することを目指す。
posted by たあぼう at 11:34 | デリー 🌁 | Comment(4) | TrackBack(3) | カレー談義

2005年02月20日

おすすめその139 ピッキーヌ(阿佐ヶ谷)

カウソイピッキーヌ

杉並区阿佐谷北2-9-5携帯地図

Tel:03-3336-6414

予算:800円〜
(普通に注文すると2000円くらい)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


タイカレー好きを自負するあなたなら、ピッキーヌは決して無視してはいけないお店だ。

グリーン、レッド、イエローなどのカレーが一通りそろっていて、ほかにもムスリム向けカレーやサトーという現地の豆を使ったカレーなど、幅広いバリエーションがある。でも僕はそれらをすべてスルーして「カウソイ」(800円)を注文した。

カウソイは、チェンマイ風カレー・ラーメンとでもいうべき料理。「dancyu」の2002年6月号で見かけて以来、興味を持ちながらもずっと食べられずにいたので、今回注文してみたというわけ。

ピッキーヌは注文を受けてから作り始めるスタイルのため、料理が出るまでに少し時間がかかる。といっても今日はお客さんが少なかったので、それほど待たされることもなくやってきた。続きを読む
posted by たあぼう at 22:13 | Comment(6) | TrackBack(1) | 杉並区

2005年02月19日

おすすめその138 シャリマール(御茶ノ水・末広町)

バイキングシャリマール

文京区湯島1-9-10携帯地図

Tel:03-5684-0240

予算:1000円(昼)
味 :★★★☆
辛さ:★★〜★★★☆
量 :★★★★★(食べ放題)


シノギで半ば徹夜した翌日の午後の頭なんて、ぼけきっていて使い物にならない。こんなときはパンチの効くインド料理でも食べるに限る。

ということで神田明神の裏手にあるインド料理店にやってきた。ホリデー・ランチとして1000円のバイキングをやっている。3種類のカレーとナン、ライス、サラダとコーヒーが食べ放題・飲み放題だ。その気前の良さからだろう、立地は決してよくないのに土曜日の13時過ぎでも混雑していた。

僕も席を確保すると、さっそくカレーを盛り付けに並ぶ。今日のカレーはダル(豆)、チキン、シーフードだそうだ。実際に盛りつけてみたら、ダルと野菜、チキンと卵、シーフードと野菜(ジャガイモなど)といった具合に、複数の具が入ったカレーだった。インド料理のバイキングでこれは珍しい。

ナンは焼きたてをテーブルまで持ってきてくれる。バイキングでは冷えてしわしわになったものを取ることになりがちだから、こういう仕組みは嬉しいね。続きを読む
posted by たあぼう at 20:34 | Comment(2) | TrackBack(2) | 文京区

2005年02月18日

おすすめその137 CHANGE(神谷町)

チキンカレーCHANGE

港区虎ノ門3-17-10携帯地図

Tel:03-5401-5028

予算:900円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★
量 :★★☆


ありゃ。東京カリ〜番長の水野仁輔さんが取り上げたばかりのお店だったか。なんかマネしたみたいだなあ。まあいいか。

CHANGEは神谷町駅の近くにあるショットバー。めいっぱい入って20人かなという店内に、お昼時はめいっぱいお客さんが入っている。まあムリもない。神谷町周辺はお手頃な外食が少ないうえに、ちゃんとしたカレーを出してくれるのだから。

カレーはチキン、ポーク、海老、ポテトとマッシュルーム、キーマなど。今日の僕が選んだのはチキン(900円)。

シーザー・サラダを思い起こさせる、チーズ味のドレッシングがかかったサラダ(って書くと、シーザー・サラダじゃないの? と突っ込まれそう。でも確かに違う)を堪能している間に、カレーがやってくる。続きを読む
posted by たあぼう at 20:00 | Comment(8) | TrackBack(3) | 〃(虎ノ門/神谷町/赤羽橋)

2005年02月17日

おすすめその136 ルー・ド・メール(神田)

ドライカレーオムレツのせルー・ド・メール

千代田区内神田2-14-3携帯地図

Tel:03-5298-4390

予算:880円〜(昼)、1580円〜(夜)
味 :★★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★☆


こんなにおいしいオムレツを食べたのは、生まれて初めてかもしれない。

おおげさではなくて、ルー・ド・メールの「ドライカレーオムレツのせ」(1580円)を食べて僕はそう思った。まあ、おなかがすいていたせいも多少あるかもしれないけど。

ルー・ド・メールは、京橋ドンピエールの総料理長である鈴木正幸氏が自分用のキッチンと兼ねて開いた洋食カフェ。ライトグリーンの壁にポップな色の椅子。大人の空間を演出するドンピエールとは一線を画している。

人気メニューはカレーとオムレツ。だから僕は両方がいっぺんに食べられるドライカレーオムレツのせを頼んだというわけ。やってきた褐色のカレーと、その上に載ったふわふわのオムレツに見惚れてしまう。美しい。続きを読む
posted by たあぼう at 18:54 | Comment(15) | TrackBack(4) | 〃(秋葉原/神田/御茶ノ水)

2005年02月16日

おすすめその135 ペルソナ(神保町)

ビーフとトマトのダブル欧風カレー&カフェ ペルソナ

千代田区神田神保町1-28-9携帯地図

Tel:03-3295-3578

予算:1200円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★(じゃがいもで+☆)


ボンディ系の欧風カレーをボンディ本店のある神保町で出す、挑戦心にあふれたカレー屋さん。それがペルソナだ。

実は、僕はボンディよりペルソナによく訪れる。いつもボンディよりすいている(気がする)ので落ち着いて食べられるし、ボンディより150円安い。ビーフやチキン、シーフードなどのカレーが1200円なんである。

…と、トマト(1300円)というメニューがあった。肉より高いトマトに興味を引かれ、頼んでみる気になる。でも、2種類の具を楽しめる「ダブル」も1300円だし、どうせならと「ビーフとトマトのダブルを中辛で」と注文した。

ゆでたジャガイモの皮をむいている間にカレーがやってきた。さて、食べてみますか。続きを読む
posted by たあぼう at 21:15 | Comment(7) | TrackBack(3) | 千代田区(神保町)

【嬉】「カレー屋」でココイチを抜きました

何日もカレー屋さんを紹介できずにいます。ごめんなさい。
そんな状態で、また紹介記事ではなくて心苦しいのですが、書かせてください。

いま、Googleで「カレー屋」を検索すると、一番上にくるんですよ。わーい。

不動の1位だったCoCo壱番屋さんが、順位を大きく落としたおかげのようです。
でもきっと一瞬の天下だろうなぁ。

今日はあとでカレー屋さんに行くつもりですので、夜中に更新できると思います(ちょっと自信なし)。

19:30追記
もう陥落しました。まさに一瞬だった…
posted by たあぼう at 18:32 | デリー 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 余談・雑談ほか

雑誌「CURRY」が創刊!!

講談社さんが15日に「CURRY」を創刊しました!! 必読!!!!!

なーんて言ってみたものの、カレーの雑誌じゃないんだよなあ(泣)
「カラダ覚醒マガジン」をうたう女性誌で、創刊号の特集は「ワークアウト」。
意外とほりえもんが買ってたりして。

16日午前1時時点では、講談社のWebページにすら載っていませんね。いいのかそれで。
posted by たあぼう at 01:44 | デリー 🌁 | Comment(4) | TrackBack(3) | 余談・雑談ほか

2005年02月14日

今日はバレンタインデーですね

ここらへんのチョコの一群、あなたは試されましたか?

試されていたら、どんなだったか教えていただきたく。
よろしくお願いいたします m(_ _)m
posted by たあぼう at 17:24 | デリー 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談・雑談ほか

2005年02月13日

ステーキハウスおなかいっぱい(東中野)

ほうれん草とトマトのカレーステーキハウスおなかいっぱい

中野区東中野4-9-1

Tel:03-3371-0747

予算:880円〜
味 :★★★(で、いいか悩み中)
辛さ:★☆
量 :★★★★


食べ終わったころには、お店の名前の通り「おなかいっぱい」になっていた。言葉がよくないけど、「質より量」を地でいくタイプのカレー。こう見えても僕は食が太い人間じゃなかったりするので、食べ終わるまでがしんどかった (^_^;)

いま、おすすめのカレー屋さんにカウントしたものかどうか悩み中。あなたはカウントしたほうがいいと思いますか??
posted by たあぼう at 19:24 | Comment(9) | TrackBack(0) | 中野区

2005年02月12日

おすすめその134 モンスナック(新宿・新宿三丁目)

チキンカレーカレーの店 モンスナック

新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋ビルB1F
携帯地図

Tel:03-3352-3052

予算:650円〜
味 :★★★
辛さ:★★☆
量 :★★☆


紀伊國屋書店のビルの地下に昔からあるカレー屋さん。カウンターばかりのいかにもカレー・スタンド然としたお店の壁には、平田満、井上ひさし、ダチョウ倶楽部蛭子能収といった、濃厚な面々の色紙がいっぱい貼ってある。

モンスナックのカレーの特徴は、何と言ってもサラサラなスープ状のソース。最近のスープカレーブームにちゃっかり便乗して、「元祖スープカレーの店」とまで名乗っている。スープ状のカレーという点ではたしかにその通りだけど、札幌発のものとは別物だ (^_^;) 

ありがたいことに、日替わりで100円引きのサービス・メニューを用意してくれている。それを利用して、僕はチキンカレー(550円、普段は650円)を注文した。まるでカレー粉をお湯で溶いたかのような名物カレーがやってきた。続きを読む
posted by たあぼう at 23:47 | Comment(2) | TrackBack(5) | 新宿区(新宿/大久保)

2005年02月11日

今度は黒豚で――饂飩くろさわ(麻布十番・六本木)

黒豚カレー南蛮今は昔、おすすめ9で取り上げた饂飩くろさわに再訪した。友人の結婚式の2次会が20時30分から某所であって、その前に食事しておこうと、当日集まった仲間たちで訪れたのだった。

前回は海老カレー南蛮を紹介したので、ボリュームたっぷりだろうなあと思いつつ、黒豚カレー南蛮(1260円)を注文してみた。やはり、分厚い黒豚は食べ応えがある。うどんつゆは豚肉からの脂なのか、海老の時よりも濃厚な印象を受けた。十分に飲み干せる水準だけれど、僕はもう少し薄い海老の方が好みかな。続きを読む
posted by たあぼう at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 〃(六本木/西麻布)

おすすめその133 トマト(荻窪)

タンカレー欧風カレーとシチューの専門店 トマト

杉並区荻窪5-20-7携帯地図

Tel:03-3393-3262

予算:1365〜1995円
味 :★★★
辛さ:★★
量 :★★★☆


タンといえば固い触感ばかり思い出してしまう僕にとって、荻窪のトマトのタンカレー(1680円)は目を見開かされた。タンがとにかく柔らかいからだ。

例えば、スプーンですくってみよう。するとスプーンの先からほろほろと崩れてしまう。指1本分を優に超える厚さのタンでも、ひとたび口の中に入れるととろけていく。クセも少なく、おいしい。

このタン、むかしのHanako情報によればブイヨンで4時間煮て、アクや脂分を抜いてしまい、それからさらに煮るらしい。この手間暇が柔らかいタンを作り上げているというわけ。続きを読む
posted by たあぼう at 14:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 杉並区

2005年02月09日

おすすめその132 カレー屋Nagafuchi(御成門・神谷町・内幸町)

ご主人だった永渕さんが2005年にご逝去され休業していましたが、2006年1月17日に再オープンしたそうです
野菜カレーカレー屋Nagafuchi

港区西新橋3-5-1携帯地図

Tel:03-5401-1271

予算:800円
味 :★★★★
辛さ:★★★☆(普通の場合)
量 :★★★(普通の場合)


中に入ったとたん、張りつめた空気に包まれた気がした。

その原因に気が付いたのは、カウンター席に座ってから。店員さんたちの表情がかなり真剣で、明らかにほかのお店よりきびきびとしていたのだ。席への案内や雨傘の取り扱いといった細かなところに実によく気が利く。

もう少し様子をうかがっていると、気が難しそうな店主が店員さんたちにこと細かな指示を厳しい口調で下していることがわかった。といってもこの店主、お客さんとのやり取りはやわらかい。店員さんに厳しいのは、サービスを徹底しようという姿勢の表れだろう(まあ内輪の事情が耳に入らない方が、なおいいのだけど)。

カレーの話の前に長々と書いてごめんなさい。でもこんな姿勢のお店とわかれば、出てくるカレーも当然のように一級品ということは想像がつくわけですよ。続きを読む
posted by たあぼう at 20:30 | Comment(15) | TrackBack(2) | 〃(新橋/汐留/浜松町)

2005年02月08日

おすすめその131 カルマ(中野)

今日のカレーCAFE & KITCHEN GALLERY KARMA
(カフェ・アンド・キッチン・ギャラリー・カルマ)


中野区中野5-32-9携帯地図

Tel:03-3387-0602

予算:650円(11時〜11時50分まで)
800円〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★☆


ブータン語の「星」を店名に冠したカフェ。椅子が12脚ほどのこぢんまりとしたスペースに、iMacやらCDやらお酒やらが雑然と置かれている。テーブルや椅子もそろっていない。なのに、全体では何となくまとまっていて、ふしぎだ。

ふしぎといえばカレーもそうで、「今日のカレー」(800円)しかない。「レシピが決まっておらず、その日その日でころころ変えているから」(店員さん談)。そんなわけで僕の注文は今日のカレー。珍しいのでブータン・チャイ(650円)とやらも注文してみた。

しばらく待って、なかなか面白そうなカレーがやってきた。ライスが何というか、茶色?続きを読む
posted by たあぼう at 18:36 | Comment(2) | TrackBack(1) | 中野区

2005年02月07日

おすすめその130 プーさん(武蔵小金井)

野菜カレー・レギュラープーさん

小金井市前原町3-40-27携帯地図

Tel:0423-84-7055

予算:1050円〜1950円
味 :★★★★
辛さ:★★★☆(普通の場合)
量 :★★★★(普通の場合)


おいしいカレー屋さんだからって、僕は何十分も行列して待つのは苦手だ。「ほかのお店でいいや」と考えてしまう。それに、メニューがすべて1000円以上なんていうお店には、厳しい評価を下したくなる。

ところが。

その二つの条件にもろに当てはまるのに、おいしいと認めざるを得ないカレー屋さんがあるから悔しい。それがプーさんだ。昼時は混むことが分かりきっていたので、14時過ぎてから到着してみる。でもため息が出るほど並んでいた。待っている間に店員が注文を取りに来る。

…まだメニュー見てないんですけどー。

最初から野菜カレー(1250円)を普通盛りで食べることを決めていた僕は問題ないけれど、一見さんには強烈なパンチになりかねない。と、並んでいる人たちはみな平然と「野菜とチキンをレギュラー、甘くして、食後はアイスで」と注文しているじゃないか。常連さんだらけか。

こんな感じで突っ立って待つこと30分あまり。ようやく入店できた。続きを読む
posted by たあぼう at 18:47 | Comment(22) | TrackBack(3) | 国分寺・小金井

2005年02月05日

おすすめその129 まめ蔵(吉祥寺)

スペシャルカレーまめ蔵

武蔵野市吉祥寺本町2-18-15携帯地図

Tel:0422-21-7901

予算:850円〜1600円くらい
味 :★★★★
辛さ:★★☆(普通の場合)
量 :★★★


個性的なカレー屋さんがひしめく中央線の中でも、吉祥寺は特に激戦区といっていいところ。その激戦区で25年以上も安定した人気を保ち続けているカレー屋さんが、まめ蔵だ。カントリー調の木のぬくもりを生かした内装は、女性からの評価が高い。

今日は17時頃に到着した。すると、入口に「仕込みのため17時30分まで休みます」との貼り紙が。ほんとは営業時間のはずなのに…。仕方ないので駅前のパルコ内の書店(リブロ)で時間をつぶし、再び17時30分直前に訪れてみたら、開店を待つ先客が3人もいた。今日もえらい賑わいになりそうだ。

さて、まめ蔵のカレーには、野菜、ビーフ、きのこ、チキンなどの種類がある。これにゆで卵のトッピング(50円増し)や辛くする(50円増し)などのバリエーションが加わる。今日の僕は奮発してスペシャルカレー(1100円)を注文した。野菜とビーフの合いがけに、ゆで卵をトッピングしたもの。野菜の具はトマト、ししとう、ナスだ。

土曜日の夕方という時間帯のせいか、客層が広くて興味深い。ご夫婦もいればカップルもいるし、オサレな女性が一人で来店していたり。で、かなり挙動不審な観察者もここにいると。そうやって観察しているうちに、カレーがやってきた。続きを読む
posted by たあぼう at 20:47 | Comment(10) | TrackBack(9) | 武蔵野・三鷹

2005年02月04日

おすすめその128 Kouenji India(高円寺)

残念ながら閉店しました。

Kouenji SetKouenji India(高円寺インディア)

杉並区高円寺北3-22-8携帯地図

Tel:03-3310-8510

予算:1080円〜、2000円くらい(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★(普通の場合)
量 :★★★


一口にインド料理店といっても、現地のスタイルに忠実なお店もあれば、日本人にとってのなじみやすさを追求するお店もある。Kouenji Indiaは、後者の典型例だろう。

夜はアラカルトで25種類のカレーが楽しめるほか、セット・メニューもいくつか用意してある。僕はKouenji Set(1900円)を注文した。これは、サラダ、チキン・ティッカとフィッシュ・ティッカ各1ピース、ナン、野菜またはダル豆とマトンのカレー、それにグラスワインまたはビールが1杯付くセットだ。

野菜カレーとグラスワインを選び、少しのあいだ店内を眺める。家具や小物類がすべて茶色系ですっきりまとまっている。BGMにはジャズが流れる。女性でも一人でも入りやすい雰囲気じゃないかな。実際、僕より後に一人で入ってきた女性がいたし。

ワカメたっぷりのサラダを食べているうちに、カレーと大きなナン、それにティッカがやってきた。続きを読む
posted by たあぼう at 23:18 | Comment(4) | TrackBack(4) | 杉並区

2005年02月03日

東京カリ〜番長の公式ブログ

出張カレー料理ユニット、東京カリ〜番長のブログがエキサイトで始まっていました。2月1日にオープンしたようですね。オフィシャル・ブログか〜。カレーのこと書いてお金もらえるのか〜。

うらやましすぎるっ

……ま、そんなこと言ってもしょうがないか。

えーと、いくつか著書がある水野仁輔さんだけでなく、4人のメンバーが交替交替で書いていかれるようです。今はまだお試しという程度の内容ですが、これから派手なパフォーマンスが見られるかもしれません。カレー好きのあなたは注目しておきましょう。

でも拙サイトも見捨てないでくださいね m(_ _)m
posted by たあぼう at 12:03 | デリー 🌁 | Comment(7) | TrackBack(0) | カレー談義

2005年02月02日

1月によくごらんいただいたカレー屋さんベスト10

毎月1回恒例のページビュー・ランキングです。新たに2軒がランクインしました。

1.おすすめその71 カレー食堂「心」(渋谷/スープカレー)

2.おすすめその57 マジックスパイス下北沢店(下北沢/スープカレー)

3.おすすめその78 キッチン南海(神保町/おうちのカレー風)

4.おすすめその96 デリー(湯島・上野広小路・上野御徒町/インド風)

5.おすすめその85 SHANTi原宿店(原宿・明治神宮前/スープカレー)

6.おすすめその1 ビストロカレーエピス(高田馬場/欧風)

7.おすすめその37 おいしいカレー工房 ひつじや(日比谷・有楽町/北インド)

8.おすすめその119 cure maid cafe(末広町・秋葉原/メイド喫茶・おうちのカレー風)NEW

9.おすすめその56 グルガオン(銀座一丁目/北インド)

10.おすすめその112 イエローカンパニー(恵比寿/スープカレー)NEW

1位と2位が前月と変わらず。カレー食堂「心」は3カ月連続1位ですよ! 5位のSHANTi、10位のイエカンも含め、スープカレーへの注目度はすごいものがありますね。

1番目に紹介したビストロカレーエピスが6位まで浮上してきたことがちょっと嬉しいです。続きを読む
posted by たあぼう at 12:31 | デリー 🌁 | Comment(2) | TrackBack(2) | カレー関連ランキング

2005年02月01日

おすすめその127 マサラ屋(四ツ谷)

残念ながら閉店してしまいました。

2カレー・セットマサラ屋

新宿区四谷1-20

Tel:03-3351-5255

予算:750円〜1200円(昼)、
2000円くらい〜(夜)
味 :★★★★
辛さ:★★★
量 :★★★☆


今月は「中央線沿線」をテーマにしたい。第1弾は、四ツ谷・しんみち通りの一番奥にあるマサラ屋。家庭的な雰囲気のネパール料理店である。お昼時はカレーやバーベキューの組み合わせにより4種類のメニューを出している。

僕は「2カレーセット」(950円)を注文した。これはカレー2種類、ナンまたはライス、小振りのタンドリー・チキンが1ピース、サラダ、デザート(マンゴーヨーグルト)のセット。ナンを選ぶと、ミニサイズのサフラン・ライスもついてくる。

カレーはダル(豆)、野菜、マトン、キーマ、日替わり(今日はサグチキンだった)などから選ぶ。僕は野菜とマトンを選んだ。

ナンが焼き上がるのを待つ間にサラダがやってくる。何気なく口に運んだら、ドレッシングがスパイシー! なかなか芸が細かいなあ。さらに、12時前に入店したおかげかラッシーをサービスで出してもらった。飲んでみたらこれが濃厚で美味しい。好感を抱く。

ナンが焼き上がり、目の前にターリー(定食)のプレートが置かれる。ジャガイモとにんじんのタルカリ(ネパール料理のおかず)がさりげなく添えられていて、ネパール料理への誇りが感じられる。さあ、食べてみますか。続きを読む
posted by たあぼう at 20:20 | Comment(8) | TrackBack(2) | 〃(四ツ谷/市ヶ谷ほか)

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。