2005年06月30日

おすすめその216 ロイスカフェ(銀座)

マサラカレーロイスカフェ東京数寄屋橋(Lois cafe)

中央区銀座5-1 銀座ファイブB1
携帯地図

Tel:03-3569-8905

予算:1050円〜
味 :★★★
辛さ:★★★
量 :★★☆


アパレル・ブランド「Lois CRAYON」(ロイス クレヨン)系列のカフェ。23歳のバイオリニストであるロイス(設定上の人物です、念のため)が、友人の中国系アメリカ人3世に依頼して設計したという店内は、モダンな中国風の味付けでとてもオサレ。当然ながら女性客が目立つ。

16時過ぎという中途半端な時間に訪れたのだけど、問題なく食事メニューを出してくれるという。カレーは「ココナッツカレー」と「マサラカレー」(どちらも1050円)の2種類がある。僕は後者のマサラカレーを注文した。これは、ナスと挽き肉のカレーなんだそうで。

オサレな店内の様子を写真に収めたりして待っていたら、カレーがやってきた。おお、生のコリアンダー…いや、パクチーとか香菜(シャンツァイ)と呼んだ方がいいかな、この雰囲気は。それに目玉焼きが載っていたりなかなかにぎやかだね。食べてみますか。続きを読む
posted by たあぼう at 23:42 | Comment(4) | TrackBack(1) | 〃(銀座5〜8)

2005年06月29日

【御礼】累積コメント数が1000を突破しました。

昨年の8月26日に開設して以来、みなさんに書き込んでいただいたコメントの累積がついに1000を超えました! ありがとうございます。

まあ4割くらいは僕のレスと思いますが、やらせは一切していません。

さて、記念すべき1000コメント目になった方は…続きを読む
posted by たあぼう at 20:50 | デリー 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談・雑談ほか

2005年06月28日

おすすめその215 キャフェ水野(護国寺・鬼子母神前・雑司が谷)

チキンと野菜のカレーキャフェ水野

文京区目白台2-9-4携帯地図

Tel:03-3941-8602

予算:1050円〜(カレー)
味 :★★★★
辛さ:★★☆
量 :★★☆


日本女子大近くという交通の不便な場所にある喫茶店。例によって東京カリ〜番長・水野仁輔さんの「東京カレー★バイブル」で知ったのだけど、実は話に続きがある。「水野さんにお店を教えたのは俺」とおっしゃるグルメなお方が割と身近なところにいて、それじゃ訪れてみますかという気分になったのだった。

店内はイタリアから輸入したというタイルと、ステンレスで敷き詰められている。天下の本女(ぽんじょ)のそば、豪邸をちらほら見かける場所のせいだろうか。お客さんは品の良さそうなマダムだらけだ。僕は最初テーブル席に案内された。でも後から8人くらいのマダム集団が追加でやってきたので、カウンターに移った。

メニューを見ると、カレーは「チキンと野菜」(1000円)1種類だけだった。僕の注文はそれで決まり。

カレーを待つ合間に、「コーヒーは食後?」とおばさんに聞かれた。頼んだ覚えがないのだけど、標準でコーヒー(500円)を頼む決まりになっているんだろうか? よくわからないままうなずいてしまった。

慣れた手つきでおじさんがカレーを作っていく。野菜を油で炒めるらしく、ジュワジュワーッといい音を立てている。うーん、仕切りがあって裁きが見えないのが残念だ。…とできあがったみたい。続きを読む
posted by たあぼう at 21:21 | Comment(11) | TrackBack(1) | 文京区

2005年06月27日

おすすめその214 インドのライオン(王子・王子駅前)

チャナマサラと野菜カレーインドのライオン

北区王子本町1-1-9携帯地図

Tel:03-3906-2227

予算:1000円くらい〜
味 :★★★
辛さ:★★★(野菜)〜★★★★(チャナ)
量 :★★★☆


ダバ インディアでのオフ会に来ていただいたたつやさんと酉野さんが所属するカレー部。その部会におまけで参加させていただいた。部会の場所になったのは、北区役所近くのインドのライオンというお店だった。

インド音楽が流れる店内はいたって庶民的で、一人でも気軽に入れそうな雰囲気。仕事帰りにビールを一杯という目的でも許されるかも、と思うくらいだ。元気が良さそうなおじいさん(日本人)がお店を仕切っているのも、落ち着ける居酒屋さんのイメージを増幅させる。

さて、メニューを見るとカレーはわりと種類がそろっていた。タンドール料理はそこそこといったところかな。幹事さん曰く「セット・メニューがおすすめ」だそうなので、セットに目をやる。部員の皆さんは、肉のカレーとチキン・ティッカなどが付くBセット(1380円)と飲み物をよく頼んでいらした。そんな中、あまのじゃくな気分がもたげてきた僕は、Cセット(1600円)を頼むことにした。

Cセットは簡単に言うと肉なしのセットだ。サモサ(ジャガイモの包み揚げ)、パコラ(野菜の天ぷら)、フィッシュ・ティッカ、カレーは野菜のカレーとチャナ(ひよこ豆)・マサラの2種類。ナンまたはサフラン・ライスが選べる。それにマンゴー・ラッシーも付く。カレーは辛さを選べるというので、「普通、お店のおすすめの辛さで」と答えた。

おまけの僕を含めて9人が一度に注文したのに対し、インド人シェフはどうやら一人だけらしい。そんなわけで結構な待ち時間になる。もっとも、ほかの方の自己紹介などを聞いている時間だったので退屈はしない。主に携帯情報端末「Palm」の愛好家さんたちの集まりということを知った。なるほど、みなさんすごくコンピュータに詳しそうなわけだ。

先にサモサやパコラ、フィッシュ・ティッカがやってきた。どれも安心して食べられる。パコラに付けるためと思われるチャツネの水分がかなり少なかったのが印象的だった。これらを食べ終わったころに、カレーがやってきた。かなり赤いなぁ。先にチャナを口に入れてみたら…続きを読む
posted by たあぼう at 23:30 | Comment(9) | TrackBack(2) | 北区

2005年06月26日

ペルシア(イラン)の旅へようこそ!

カレー屋さん200軒訪問を優先してほったらかしていた、ペルシアの旅日記を再開させていただきます。カレー食べ歩きの記録の頻度が一時的に下がるかと思いますが、ご了承くださいませ。


ペルセポリスあなたはイランにどんなイメージをお持ちですか?

え、危なそう?

たしかにイラクの隣国ですし、アメリカには「悪の枢軸」呼ばわりされています。

でも、ちょっと待ってください。
それらはイランのほんの一面でしかありません。

バラそう、イランはペルシアと呼ばれた古代文明発祥の地。
美しいバラが至る所で咲き乱れる、バラの名産地でもあります。
しかも、多くのイラン人が旅人に親切にしてくれます。

さあ、あなたもペルシアの旅をかいま見てみませんか?



以下は、4月27日〜5月8日まで旅行した日記へのリンクです。日記を追加するたびにリンクを増やしていくつもりです。

【リンク一覧】
5月2日(1):宿が少ない街、シーラーズNEW
5月1日(2):中だるみの日
5月1日(1):イランらしい料理を食べてみた
4月30日(3):雨
4月30日(2):イランでカレーその1 Maharaja(エスファハン)
4月30日(1):“イランの京都”
4月29日(2):イラン人いろいろ
4月29日(1):バラ水の産地に寄り道
4月28日(3):ムリさん
4月28日(2):王様はテヘランでも涼しく過ごしていた
4月28日(1):イラン男が10人以上も群れていたところ
4月27日:ふわぁぁぁ
posted by たあぼう at 00:00 | デリー 🌁 | Comment(9) | TrackBack(0) | ペルシア(イラン)旅行

2005年06月25日

おすすめその213 日比谷松本楼(霞ケ関・日比谷)

薬膳カレー五穀ライス日比谷松本楼

千代田区日比谷公園1-2携帯地図

Tel:03-3503-1451

予算:735〜1365円(カレー)
味 :★★★☆
多さ:★★☆
量 :★★☆


昨年9月25日の10円カレーの日に行き損なって以来、すっかりごぶさたしていた松本楼を訪れた。普段からカレーにすごく力が入っていて、1階でハイカラカレー(735円)を出しているほか、2階でカレー・ビュッフェ(1365円)をやっている。

あまりおなかが空いていなかった僕は、1階に入ることにした。案内された席に着き、周りを見渡す。50代以上かな?という年輩の方ばかりだ。きっと若かりし頃から松本楼の常連さんなのだろう。

さて、メニューを見ると期間限定の薬膳カレー五穀ライス(840円)が目に付く。なになに、八角(スターアニス)、ウコン(ターメリック)、ヨモギ、枸杞(くこ)の実、豆鼓(とうち、大豆の実を発行させて作る中国の味噌)、ナツメグ、モロヘイヤを混ぜたカレーなんだそうだ。なかなか挑戦的なメニューで面白い。これに決めた。

カレーはほとんど待つことなくやってきた。少し黒っぽくなっていてサラサラのソースだ。さあ、食べてみますか。続きを読む
posted by たあぼう at 16:36 | Comment(2) | TrackBack(4) | 〃(大手町/丸の内/有楽町)

2005年06月24日

おすすめその212 大地の木(高田馬場)

僕が訪問した時とオーナーが変わったそうです。マレー/シンガポール系の料理は変わらずあるようですが、メニュー体系などは大きく変更されている可能性があります。ご了承ください。

チキンカレーライス大地之木(大地の木)

新宿区高田馬場2-14-16携帯地図

Tel:03-5272-8819

予算:945円〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


高田馬場のシンガポール料理店。徳間書店が今年になって創刊したdancyuオマージュ誌「食楽」に載っていたので行ってみた。お店に入ると、評判に違わぬスレンダーな美人オーナーが迎え入れてくれた。

華人のシェフが料理を出しているため、広東ベースの中華料理が主体。ただし、カレーはマレーシア風のチキンカレーを用意していた。単品で頼めば840円、ライス付きで945円である。予約をすれば名物フィッシュ・ヘッド・カレーも食べられるそうだ。ということで、僕はチキンカレーをライス付きで注文する。

先に注文しておいた、広東風の野菜と豆腐のスープ(630円)をいただきながら、カレーの到着を待つ。ふと別のテーブル席を見ると、ノート・パソコンを前にしてオーナーと男性二人が何やら相談している。画面から想像するに、写真付きメニューを作ろうとしているらしい。たしかに文字だけのメニューでは想像が付きにくい料理もあったから、改善するとよさそうだ。

なーんて思っていたら、カレーがやってきた。青磁を意識した器に盛られてきたカレーは、いかにもマレー風。さて、いただきましょう。続きを読む
posted by たあぼう at 18:28 | Comment(2) | TrackBack(1) | 〃(高田馬場/早稲田)

2005年06月23日

カレー屋バトン

えーと、僕が考えたわけじゃないです、念のため。

有名ブログ「絵文録ことのは」などを運営している松永英明さんから、カレー屋さんを紹介するバトンが回ってきたのです(バトンそのものは「備忘録ことのはインフォーマル」からいただきました)。

はじめまして〜。絵文録〜は時々覗かせていただいてました。

さて、カレー屋バトンの発祥はozricさんの「Don’t lose your temper」だそうです。質問は二つですか。まずは…

Q1.あなたの好きなカレー屋さんを五つ教えてください

…。

5軒しか選べないなんて難しすぎる!! (-_-;)続きを読む
posted by たあぼう at 16:19 | デリー 🌁 | Comment(20) | TrackBack(2) | カレー談義

2005年06月22日

おすすめその211 スパイスマジック カルカッタ(西葛西)

ベジ・ターリースパイスマジック カルカッタ

江戸川区西葛西3-13-3携帯地図

Tel:03-5667-3885

予算:1155円〜(夜、実際は1890円くらい〜)
味 :★★★★
辛さ:★★〜★★★☆
量 :★★★★


東京有数のインド人が住む町、西葛西。西葛西のインド人会の会長が営業しているお店がここ、スパイスマジック カルカッタだ。僕が訪れた時間は、日本人主婦の団体と、複数組のインド人の家族連れなどが店内の席を占拠していた。「外でいい?」と聞かれた僕はOKと応じ、オープンテラスの席に着いた。

メニューを見ると、チキン・バター・マサラ、パニール・サグ(ほうれん草とチーズのカレー)など、割とオーソドックスなカレーが並んでいた。この日の僕はどうしてもこれを、というものが浮かばなかったので、ベジ・ターリー(1890円)にした。

ベジ・ターリー文字通り、ベジタリアン向けの定食のこと。野菜のカレー3種にナン、ミニサイズのサフラン・ライス、サモサ(ジャガイモなどの包み揚げ)、パコラ(天ぷら)、パパード(豆せんべい)、サラダ、それに食後の飲み物がセットになっている。

とにかくお客さんがいっぱいだったこともあって、お店の方が注文を取りに来るまではかなり時間を要した。でも、注文を受けてからは意外とスムーズにやってきたので、これには少し好印象だ。続きを読む
posted by たあぼう at 18:47 | Comment(23) | TrackBack(5) | 江戸川区・葛飾区

2005年06月21日

ミュージカル・バトン

ijustiH(ひつじ)さんの「雑文掲載に関する20考」から、ミュージカル・バトンというものが回ってきました。

音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の5人を選びその人にバトンを渡す

(はてなダイアリー:Musical Batonとは より)

という企画なんだそうですよ。最近流行しているらしいです。“チェーン・トラックバック”になる仕組みですが (^_^;)

音楽の流行には激しく疎いのですが、やってみますか(汗) 回していただけたのはありがたいことですし。続きを読む
posted by たあぼう at 18:30 | デリー 🌁 | Comment(4) | TrackBack(3) | 余談・雑談ほか

2005年06月19日

オフ会にご参加くださった皆様、ありがとうございました。

ダバ インディアでのオフ会、無事終了しました。

ご参加くださった21人のみなさま、ありがとうございました。企画した僕は至らないところが多かったものの、みなさまが積極的に交流してくださったおかげで、それなりに盛り上が っていたかなと思いました。

次の機会が実現できることがありましたら、そのときもよろしくお願いいたします。

今回お越しいただけなかった方も、何か別の機会でお目にかかれればと思います。

P.S.
二次会までお付き合いいただいたみなさま
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

二次会の写真はこちら↓続きを読む
posted by たあぼう at 01:11 | デリー 🌁 | Comment(9) | TrackBack(5) | 余談・雑談ほか

2005年06月18日

【オフ会にご参加いただける方へ】当日の待ち合わせとお願いなど

えーと、18日が迫ってきましたのでいくつか連絡事項を。

1.当日の待ち合わせ場所

「八重洲ブックセンター」(地図は→http://www.yaesu-book.co.jp/floormap/index.html
の入口前あたりで、18:15〜18:25ころに立っているようにします。

たぶん黒っぽいTシャツの上に白いシャツ、下はジーンズといった適当なかっこうをしておきます。お声をかけていただければ幸いです。

遅れる方はお店に直接向かってくださいませ。

2.ご参加いただける方、メールをお送りいただけないでしょうか

連絡先をお伝えしたいのですが、携帯電話番号をネット上に晒すのは勇気がいるため、メールを送っていただければと思います。

tabo(あっとまーく)i-love-curry.net

その際に、
・お名前とハンドル名(両方でも片方でも可)、
・簡単な自己紹介(好きなカレーの種類やお店など、あなたのカレー遍歴を書いていただければ幸いです。あ、でも全く関係ないものでも構いません)


も沿えていただければ幸いです。


日時・お店は以下の予定です。よろしくお願い申し上げます。

日時:6月18日 18:30〜(2時間程度)

お店:ダバ インディア

中央区八重洲2-7-9

Tel:03-3272-7160

インド料理店です。最寄り駅は京橋駅または東京駅になります。

予算:パーティ・メニューで4000円前後を想定しています。
posted by たあぼう at 18:30 | デリー 🌁 | Comment(36) | カレー談義

2005年06月17日

おすすめその210 フォンベト(新宿西口・西武新宿)

昼のバイキング(チキンカレーなど)フォンベト

新宿区西新宿7-10-10携帯地図

Tel:03-5337-8590

予算:1000円(昼)
味 :★★★★
辛さ:★★
量 :★★★★★(バイキング)


西新宿の有名なベトナム料理店。発祥の東中野のお店は家庭的だったのだけど、割と広い西新宿のお店は一転して宮廷風のたたずまい。

昼はバイキング形式(1000円)で営業していて、お店に入ると席に案内される。後は水もお箸もすべてセルフ・サービス。なかなか潔い形式である。

でも、料理は充実していて10種類以上もある。野菜、海鮮、鶏肉などバリエーション豊かだ。麺とスープを別にして伸びないように工夫して、フォーまで用意してある。カレーも1種類やっていた。ココナッツ・ミルクをふんだんに含む、ベトナムらしいカレーだ。

さっそくあれこれと盛りつけて席に着く。食べてみましょうか。続きを読む
posted by たあぼう at 18:42 | Comment(2) | TrackBack(1) | 新宿区(新宿/大久保)

2005年06月16日

おすすめその209 たいめいけん(日本橋)

ドライカレーたいめいけん

中央区日本橋1-12-10携帯地図

Tel:03-3271-2465

予算:650円〜(1階の場合)
味 :★★★★
辛さ:★★★
量 :★★★


50円のボルシチで有名な洋食屋さん。1階はレトロかつ庶民的な雰囲気の食堂で、オムライスやスパゲッティ、それにもちろんカレーなどが楽しめる。2階はかなり高級らしいのだけど、入ったことがない。

さて、今日は「カレーライス」(650円)をあえてパスして、「ドライカレー」(1550円)を注文した。正直なところカレーライスはそんなにおいしいとは思わなくて、ボルシチを食べたい時に一緒に注文するくらい。

一方、ドライカレーはカレーライスの2.5倍近い値段のため、なかなか食べる勇気が湧かなかった。でも値段ほど違うのか、一度は試さないといけないだろう。と、勝手に使命感を燃やして注文したのだ。それとボルシチも忘れずに。

先にやってきたボルシチをいただいて待つ。トマトの酸味がよく利いたスープに、ジャガイモやキャベツ、にんじんなどが入っている。少し塩気はきつい気がするけれど、勢いよく飲めてしまう。いつ食べても、この50円はやっぱり嬉しいな。

あっという間にボルシチを平らげてしまい、さらに何分か待つ。なかなか手間がかかるんだな。期待感が増してきたところに、厨房から「ドライいきまーす」の声。できあがったらしい。昔ながらの洋食屋さんらしいレトロな服をまとった店員さんが、ドライカレーを持ってきてくれた。続きを読む
posted by たあぼう at 22:45 | Comment(2) | TrackBack(6) | 〃(日本橋/八重洲/京橋)

2005年06月14日

おすすめその208 キュイボンヌ(六本木)

トマト&チーズCuit Bonne(キュイボンヌ)

港区六本木7-13-6携帯地図

Tel:03-6447-2704

予算:945円〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


永代通りと新大橋通りの交差点の近くにあるカレー屋さん。階段から見える入口の印象はちょっとぜいたくだけど、気にせずに入っていこう。照明を落とした店内で、ボンディの流れを汲む欧風カレーとお酒が楽しめる。

もっとも、キュイボンヌはボンディとちょっと違うところがある。まずはメニューを見てみよう。やや庶民的な土地柄に合わせているのか、値段が心持ちリーズナブルなのだ。例えば、僕が注文したトマト&チーズは1050円。チーズだけなら900円台になる。ランチタイムはさらに100円くらい安くなっている。

もちろん、違いは値段だけじゃない。カレーを口に入れてみるとよくわかる。続きを読む
posted by たあぼう at 20:38 | Comment(8) | TrackBack(3) | 〃(六本木/西麻布)

2005年06月13日

久々に、野菜カレーがおいしいナタラジを訪問

アルロビアシメジ(日替わり)シノギの同僚と南青山のインド料理店ナタラジを訪れました。おすすめその8で紹介して以来、ずいぶん久々という印象です。ランチタイムに訪れたところ、相変わらずの繁盛ぶりでした。

今日は、日替わりの「アルロビアシメジ」(ジャガイモとロビア豆とシメジのカレー)、ナンとミニサイズのターメリック・ライス、サラダにチャイを注文しました。ロビア豆は大豆に似た豆です。値段はこれで1150円なり。

自然派を名乗るナタラジらしく油は控えめ。でも香りとトマトなどの酸味で十分な旨みを感じさせてくれます。日本の小麦を使って作っているナンも香り豊かで、カレーとよく合いました。

インド料理に忠実ではないかもしれないけれど、健康的で日本人になじみやすいインドカレーを出してくれる。よいお店だと思います。
タグ:北インド
posted by たあぼう at 21:06 | Comment(2) | TrackBack(1) | 港区(青山/赤坂)

2005年06月10日

おすすめその207 MANDARA(渋谷)

Bランチ(ダールバート)ネパール料理 & BAR MANDARA

渋谷区桜丘町16-9携帯地図

Tel:03-3463-5181

予算:890〜2300円(昼)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★(ナン、ライスは食べ放題)


渋谷のネパール料理店。近所にはごちそう系のネパール料理店カンティプールがあるけれど、こちらマンダラはやや家庭的な雰囲気のカレーを出す。

ランチは4種類のメニューを用意する。僕は2番目に安いBランチ(1000円)を選んだ。これはネパールの定食ダルバート形式で、ダル(豆)のカレーと好みのカレー1種、サラダとタルカリ、ライスまたはナン、それにチャイがつくものだ。僕は野菜のカレーとライスにした。ナンを注文しているお客さんが多いけど、ダルバートならナンの方がしっくりくるからね。

注文して出てくるまでの時間はかなりの早さ。慌ただしいお昼時にはありがたい限りだ。いかにもネパールらしい、素朴な雰囲気のカレーが銀色のお盆に注がれてやってきた。続きを読む
posted by たあぼう at 14:14 | Comment(4) | TrackBack(1) | 渋谷区(渋谷周辺)

2005年06月08日

おすすめその206 カレー屋えすと(東銀座・新富町)

残念ながら閉店してしまいました。

なすカレーカレー屋えすと

中央区銀座3-14-2携帯地図

Tel:03-5565-2933

予算:600円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


ヤマト運輸本社前に店を構える、お昼時は行列の堪えないカレー屋さん。売り切れじまいのため今まで2度振られていたが、3度目の正直でようやく入店できた。13時過ぎに着いても外で10数分待ち、入ってからも席に着くまで5分待った。その間にテイクアウトの方も何人かいた。

カレーは、標準的な「えすとカレー」、インド風の「インデェアンカレー」、タイ風の「グリーンカレー」の計3種類がある。もっとも、僕が行列に並んだ時にはグリーンカレーは終わっていて、入店して立っている間にインデェアンカレーが終了した。自動的にえすとカレーとなり、ナスをトッピングした「なすカレー」(750円)にする。

それからまた数分、先客2人のカレーが出されてからようやく、カレーにありつけた。行列するのが大の苦手である僕にとっては、長い時間だった…。気を取り直して食べてみるか。続きを読む
posted by たあぼう at 20:32 | Comment(20) | TrackBack(9) | 中央区(銀座1〜4/銀座西)

2005年06月06日

おすすめその205 サフラン(池袋)

シーフードカレー サフラン風味サフラン

豊島区東池袋2-57-2携帯地図

Tel:03-5391-2725

予算:1400円くらい〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★


ZOTTさんに「心」池袋店オープンのエントリーに書き込んでいただいたサフランに顔を出してきた。モダンをテーマにしたインド料理店だ。明治通りを北上し、川越街道とぶつかったあたりという微妙な立地で営業している。

夜に訪れた場合は1480円くらいから、セット・メニューがいくつか用意してある。でもせっかくお店の名前が名前だし、サフランをふんだんに使ったメニューを単品で頼んでみたい。ということで、僕が注文したのは、「シーフードカレー サフラン風味」(1050円)と「サフランライス」(390円)なのだ。

銀色の容器に注がれた冷たい水を飲みながら料理ができあがるのをしばし待つ。期待通りの明るい黄色のライスと、魚介たっぷりのカレーがやってきた。続きを読む
posted by たあぼう at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(2) | 豊島区(池袋)

2005年06月05日

おすすめその204 ピキヌー(駒沢大学)

野菜とひき肉のカリーピキヌー

世田谷区駒沢1-4-10携帯地図

Tel:03-3422-7702

予算:700〜900円
味 :★★★★
辛さ:★★★
量 :★★★


小さな唐辛子を店名に掲げたタイカレー専門店。マスコミ各誌でも有名なお店で、早稲田のメーヤウから独立したご主人と奥さんが営んでいる。何年か前に下高井戸から今の駒沢大学に移転してきた。

ここの特徴は大きく二つある。一つは、現地の雰囲気を十分に感じさせながらも日本人の口に合う味を追求していること。もう一つは、近所の学生を意識しているため、どのカレーもリーズナブルな値段で出していることだ。

僕が今回頼んだ「野菜とひき肉のカリー」は、お店で一番高いメニューだけど900円。一番人気の「チキンカレー」なら700円だ。ありがたいかぎり。

味への思い入れから、注文を受けてから調理するスタイルを貫く。でもタイカレーだからそれほどじらされることはない。ほら、もうやってきた。食べてみますか…続きを読む
posted by たあぼう at 21:22 | Comment(14) | TrackBack(5) | 世田谷区

2005年06月04日

おすすめその203 虎杖(築地・築地市場)

豚肉のカレーうどん虎杖(いたどり)

中央区築地4-9-7 中富水産ビル1F
携帯地図

Tel:03-3541-1192

予算:1000円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★
量 :★★★


築地市場の場外市場で屋台っぽく営業しているお店。夜は居酒屋モードなのだけど、カレーうどんだけ食べに訪れた。

ところが、予約で席が埋まってしまっていていつ開くかわからないとの返事。ここまできて何もせずに戻るのは悔しいので、お店の前で立ったまま並ぶ。15分ほどそうしていたら、相席ながら座る場所を確保してもらえた。

具の種類によって数種類カレーうどんがあって、僕は豚肉(1000円)を選んだ。ほかに牛肉(1100円)、小エビ(1200円)などがあった。

九州地方が担当らしい広告代理店の人たちの武勇伝をBGMに、待つこと10分以上。お目当てのカレーうどんがようやくやってきた。すすってみますか。続きを読む
posted by たあぼう at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(5) | 〃(築地/八丁堀ほか)

2005年06月03日

おすすめその202 スパイスピエロ(銀座一丁目)

色々野菜のスープカレー(赤)Spice Pierrot(スパイスピエロ)

中央区銀座2-6-1 中央共同ビルB1
携帯地図

Tel:03-5159-0907

予算:850円〜
味 :★★★
辛さ:★★★(2辛の場合)
量 :★★☆


銀座一丁目駅を目指して歩いていたら、スープカレー店を見つけた。なんと「北前そば 高田屋」系列だった。でもそれだけでバカにしてはいけない。入ってみることにした。外のメニュー紹介は若者向けの雰囲気だけど、店内は少しシックな雰囲気を漂わせていた。大人の街、銀座を意識しているのかな。

メニューを見ると、黒、赤、白の3種類のスープを用意していて、それぞれにトッピングが加わる仕組み。僕はチキンをベースにした赤のスープカレーで野菜をトッピングした「色々野菜のスープカレー(赤)」(850円)を選んだ。辛さは5段階で下から2番目の2辛にした。ちなみに黒は豚、白はホワイトソースがベースとのこと。

やってきたスープカレーは、なるほど赤々しい色をしている。具は、皮付きのジャガイモにナス、にんじん、ピーマン、ブロッコリーなどなど。スープカレーで割とよく見かけるものがそろっている。ではいただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 16:40 | Comment(8) | TrackBack(7) | 中央区(銀座1〜4/銀座西)

2005年06月02日

おすすめその201 BOWLS cafe(新宿三丁目・新宿御苑前)

ボウルズカレー(ピクルス付)BOWLS cafe(ボウルズ カフェ)

新宿区新宿2-5-16携帯地図

Tel:03-3341-4331

予算:850円
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


新宿御苑前に軒を構える、ワンちゃんと一緒に入店できるカフェ。無印良品ライクなあっさり目の焦げ茶(ほめ言葉です念のため)でまとめたオサレな内装に惹かれてか、女性のお客さんが圧倒的に多い。

ここのお店の名前は、オサレなどんぶりで食事メニューを出すことに由来する。中でも看板となっているメニューがカレーどんぶり、じゃなかった「ボウルズカレー(ピクルス付)」(850円)だ。もちろん僕が注文するのもこれ。

何分か待つと、なかなか大きめのボウルがやってくる。ナッツがちりばめられたカレー・ソースから、ふわっとココナッツ・ミルクの香りが漂い、食欲を刺激してくれる。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 20:00 | Comment(12) | TrackBack(2) | 新宿区(新宿/大久保)

2005年06月01日

おすすめその200! HUGE(西荻窪)

チキンカレーHUGE

杉並区西荻北2-27-7携帯地図

Tel:03-3399-2110

予算:950円〜
味 :★★★★
辛さ:★★★☆
量 :★★★


100軒目に夢民を紹介してから、はや半年。ついに200軒目である。ミクシィでのお友達に以前からお誘いいただいていた西荻窪のHUGEを訪れた。

店内はカウンター席が10席ほどあり、カジュアルなバーとでも紹介された方がしっくりする雰囲気を持つ。といっても、肩肘張ってキメキメで訪れなくて大丈夫。気さくなご夫婦が切り盛りしていて、すぐに和むはずだから。

記念すべきカレーをいただく前に、自分で自分を誉めてあげようと(失笑)、おつまみプレート(1000円)を注文した。ビールまたは赤ワイン(グラス)と、チキンやチーズ、オリーブなどのおつまみがセットになったものだ。

ワインをすっと口に入れてからチキンにかぶりついてみよう。口の中に爽やかなハーブの香りが広がる。肝心の鶏肉のあぶり具合やムダな脂の落としっぷりも素晴らしい。別に酔ったわけでもないのに、あっという間に心地よい気分に包まれてしまった。

聞けば、このチキンはジャマイカ料理を基にしているのだそうで。そして、これから僕が食べるチキンカレー(950円)も、オールスパイスを多用するジャマイカ風カレーを進化させたものなんだそうだ。続きを読む
posted by たあぼう at 18:05 | Comment(44) | TrackBack(6) | 杉並区

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。