2005年09月30日

おすすめその273 サクティ(大森)

バイキングSHAKTI(サクティ)

品川区南大井6-27-25携帯地図

Tel:03-5471-8884(確認中)

予算:900円(昼)
味 :★★★
辛さ:★★〜★★★★
量 :★★★★★(バイキング)


大森に出向く用事ができた。そこで、京浜東北線方面に強いdedeさんCDETさんのサイトを拝見。インド料理店があることがわかり、一目散に西友の5Fを目指した。

到着時間は午後2時05分。まだランチタイムで、バイキング形式(900円)なのだそうだ。900円で4種類のカレーやナン、サフラン・ライス、インド風鶏の唐揚げやサラダ、デザート、飲み物などが全部取り放題というから、かなりお得である。

残念ながら僕は2時30分から用事があったため、あれもこれもという状況ではない。カレー4種類(今日は野菜、激辛チキン、キーマ、卵)、唐揚げ、アチャール(漬け物)、ナンとライスを盛り付け、慌ただしく食べ始めた。続きを読む
posted by たあぼう at 20:20 | Comment(6) | TrackBack(2) | 品川区

2005年09月29日

おすすめその272 ガネーシャ(大手町)

移転したため、所在地情報を更新しました。紹介文は以前の場所のものです。ご了承くださいませ。

Bランチガネーシャ

千代田区大手町1-3-2携帯地図

Tel:03-3212-3901

予算:800円〜1200円(昼)
味 :★★★
辛さ:★★☆(豆、野菜の場合)
量 :★★★(昼はナン、ライス食べ放題)


某新聞社に写真を借りる用事ができて大手町を訪れた。その帰り際に訪れたのが今回取り上げるガネーシャ。新聞社の近所のJAビル地下で、昔から営業しているインド料理店だ。

ビルが古いせいもあってやや暗く、詰めに詰めて30席程度という広さのお店だけど、昼時はお客さんがぎっしりと埋まる。僕自身、昼に大手町に訪問した時は、ここに寄り道するスタイルが何年も前から定着している。

さて、ランチタイムは選択するカレーの数やタンドリー・チキンの有無によって3種類のセットを用意する。僕は2種のカレーを選べるBセット(950円)を注文。カレーは野菜、豆を選んだ。ほかにキーマ、卵のカレーなどを用意している。ナンとライスは食べ放題だ。

隣の席をインド系のサラリーマン6人が占拠していた。この周辺ではなかなか貴重な存在なんだよね、インド料理店って。彼らのほとんどは右手だけで器用にナンをちぎっている。でも、左手でナンを押さえながらちぎってている人もいて、妙に安心した (^_^;) お、僕のところにもカレーがやってきたな。続きを読む
posted by たあぼう at 20:58 | Comment(13) | TrackBack(2) | 〃(大手町/丸の内/有楽町)

「カレーなる隣人」のいちじくさんがレトルトカレー選手権を開催

6月に拙ブログのオフ会にご参加くださった、「カレーなる隣人」のいちじくさんからメールをいただきました。

第一回 レトルトカレー選手権

なるイベントを開かれるそうですよ! しかもファンケルの協力を得てですか、すごっ!!

いちじくさんの企業まで巻き込むパワー、というか有言実行ぶりには頭が下がります。

ヤクザな仕事をしている僕は、おじゃまできるかわかりませんが、応援させていただきます。これを見て関心を持ったあなたは、ぜひいちじくさんのサイトを覗いてみてください。
posted by たあぼう at 20:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | カレー談義

2005年09月26日

おすすめその271 英国風カレーICHIRO(新富町・築地)

コメント欄に入店ビルの建て直しのため閉店したとの情報をいただきました。お店に行こうと思われた方はよくご確認ください。

ビーフカレー英国風カレーICHIRO

中央区築地1-5-8

Tel:03-5565-1690

予算:1000円〜
味 :★★★★
辛さ:★★☆(中辛の場合)
量 :★★★


築地警察署の裏手、2階建ての建物の脇にちょいと洒落た扉がある。この扉を開くと2階へ続く階段が待ちかまえる。この階段を上っていくと、「いらっしゃいませ」と明るくでも落ち着いた女性の声が響く。もう英国風カレーICHIROのお店の中に入っているわけだ。

黒に近い焦げ茶?を基調にしたシックなたたずまい。控えめにジャズが流れ、落ち着いた雰囲気を醸し出している。先客も落ち着いた印象の女性が二人。もっとも、堅苦しくなりすぎてはいないから、カジュアルな格好でも居心地は悪くなさそうだ。

さて、カレーを見てみよう。ビーフにポーク、チキン、野菜、チーズといった具合で欧風カレーの正統を行くメニューが並んでいる。このうち、Hanakoなど多くのメディアでは野菜カレーを取り上げていることが多い。たぶん見栄えがいいからだ。野菜がソースポットにてんこ盛りになって出てくるんである。でも、僕の気分はどうも野菜に向かなくて、「ビーフカレー」(1000円)をいただくことにした。

14時前という中途半端な時刻に訪れたおかげで、ドリンクも付けてもらえることに。ありがたくアイスコーヒーを注文して待つ。…ってほとんど待たずにやってきた。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 20:00 | Comment(11) | TrackBack(1) | 〃(築地/八丁堀ほか)

2005年09月25日

行ってきました10円カレー

10円カレー「もう300人くらいは並んでいますよ!!」

朝8時30分ころ、「カレーブ」のあきよさん、「WorldWideCafe」のOchiさんに立て続けに連絡をいただき、慌てて家を飛び出しました。9時20分に到着したら764番。ともあれ間に合って良かった〜。あきよさんはじめカレーブのみなさん、Ochiさん、ありがとうございました。

結局、同行してくださると宣言してくださった方々とは離ればなれになり、食べ終わった後で落ち合うという形になってしまいましたが、イベントそのものは楽しませていただきましたし、その後もお時間が取れて良かったです。「CURRY DIARY」のUSHIZOさん、「まろまろ記」のらぶナベ@まろまろさん、ありがとうございました。

あ゛ Compassさん、お昼の電話に気が付かなくてほんとごめんなさい…深く反省しています。m(_ _)m 次回こそぜひお目にかかりましょう。

いろいろと立て込んでいるため、このほかのリポートは後日とさせてください。ひとまず写真を。

立教大学のチアリーダーたちが登場 松本楼の外観--10円カレーは33回目
タグ:欧風カレー
posted by たあぼう at 17:10 | Comment(11) | TrackBack(5) | 〃(大手町/丸の内/有楽町)

【緊急のご連絡】明日台風につき

明日の10円カレーの件です。

みなさまからご指摘いただいた通り、どうやら午前中に台風が直撃というひどい事態に見舞われそうです。

松本楼は雨天決行といっておりますが、交通機関などへの影響、さらに、吹きさらしの日比谷公園で何時間も行列するのは厳しいことが予想されます。

そこで、以下のようにさせていただければと思います。

・8:30から並ぶのは中止させてください。

・僕は10:00ころに現地に行くようにします。

・今は来てくださるつもりの方も、当日行くのが困難と判断されましたら、
 遠慮なく見合わせてください。
 決して無理はなさらないでください。


混乱させて申し訳ありません。
以上、よろしくお願いいたします。以下は以前書いた10円カレーの説明文です
posted by たあぼう at 08:30 | Comment(18) | TrackBack(1) | カレー談義

2005年09月24日

おすすめその270 プアンタイ(新大久保)

ゲーン・オムプアンタイ

新宿区大久保2-32-3携帯地図

Tel:03-5272-5137

予算:1500円くらい〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★★★
量 :★★★☆


「Hanako」9月21日号の新宿エスニック特集でも取り上げられていたタイ料理店。といっても、Hanako的なおしゃれっ気はまるで期待しないほうがいい。むしろタイ現地を彷彿(ほうふつ)とさせる、濃厚な雰囲気のお店なんである。

まず、入っているビルは大久保通りに面しているのに、入口が表にない。ビルの脇の細い路地に入ったところから入る。初めて訪れるときは見つけるのに苦労するだろう。店内は一面明るいペンキで真っ青に塗られている。客席はカウンター席がわずか7席ほど(集団なら奧にあるテーブル席が使えるみたい)。

勇気を持って中に入ると、陽気そうなタイ人のおばさんと、その親戚筋らしき“チーママ”(おばさん談)が迎えてくれる。ただしチーママ、仕草はしっとりしているけれど、声は低い。…ま、そういうわけですよ。お客さんはタイ人比率がかなり高く、僕がマイノリティ気分になってくる(笑)

気圧されていてもしょうがないから、カレーを頼もう。タイ東北部イサーン地方の料理が得意なお店だそうなので、イサーン地方のカレーである「ゲーン・オム」(1000円だったかな?)を、餅米でいただくことにしますかね。

煮込み時間の少ないタイカレーらしく、下ごしらえは注文を受けてから目の前でやってくれる。おばさんに「カライノダイジョウブ?」(辛いの大丈夫?)と聞かれ、思わず勢いで「うん」と答えてしまった。するとピッキーヌ(唐辛子)を放り込んでつぶしている。無茶苦茶に辛くはなりませんように…続きを読む
posted by たあぼう at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 新宿区(新宿/大久保)

2005年09月22日

おすすめその269 ミンガラバー(高田馬場)

ペークラヒンミンガラバー

新宿区高田馬場2-14-8携帯地図

Tel:03-3200-6961

予算:1500円くらい〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


インドシナ(印度+支那)という言葉にふさわしい、インドっぽくも中華っぽくもある料理がそろうのがミャンマー(ビルマ)料理店。ところが、僕とミャンマー料理店とは、あまり相性が良くなかった。

天王洲アイル、海浜幕張、駒込のお店に訪れて、どこもピンと来なかった。何か中途半端な印象だったのだ。

でも今回取り上げたミンガラバーは、割と安心してして利用できるお店だと思った。ひよこ豆と野菜のカレーであるペークラヒンが主体となる「Aセット」(1500円)は、インドカレー好きのあなたにぜひおすすめしたい。

まず少し独特な味付けのサラダが出て、続いて出てくるのがサムサァー。インド料理好きのあなたならわかりますよね? そう、サモサのことだ。ただし、春巻きのような薄い皮に包まれて出てくる。中華っぽくて面白い。

これらをいただいた後に、ペークラヒンがやってくる。見た目はインド料理のカレーとそっくりだけど、そのお味やいかに?続きを読む
posted by たあぼう at 18:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 〃(高田馬場/早稲田)

2005年09月21日

南青山のシターラでふたたび舌鼓

チキンカレーミクシィで知り合った英国在住のお友達が一時帰国されたため、土曜日にお目にかかりました。場所は、南青山のシターラ。背筋を伸ばして楽しむ本格インド料理店です。

土曜日のお昼に訪れたため、ホリデーランチプレート(1800円)を注文しました。前回のエントリーで紹介した平日の1500円のランチメニューと基本的に同じものです。カレーは今回はチキンを選びました。

まずはパパード(豆せんべい)を複数のチャツネで楽しみ、続いてムルグ・マライ・カバブ(骨なしチキンのタンドール焼き)の上品なスパイシー感を堪能。あ、今回は昼間から赤ワインもいただいたのですが、これがカバブと実によく合うんです。ライトボディはこんな料理に向くんだ、と自分にとっては発見がありました。

そしてお待ちかねのカレー。インド料理の基本に忠実ながら、チキンにしろカレー・ソースにしろ、普通のインド料理店より一段深みが違う。お友達と一緒にごま付きナンをお代わりして平らげてしまったのでした。さらにさらに…続きを読む
posted by たあぼう at 21:12 | Comment(10) | TrackBack(1) | 港区(青山/赤坂)

2005年09月20日

おすすめその268 ウィッチ(新中野)

チーズカレーウィッチ

中野区本町6-21-16携帯地図

Tel:03-3383-5358

予算:900円
味 :★★★☆
辛さ:★★(中辛の場合)
量 :★★☆


新中野駅を出て、青梅街道の杉山公園の先にある欧風カレー屋さん。僕が入った時には、ご近所らしき中高年の方々がカウンター席を占拠していた。カレーのほかに一般的な定食もやっているから、中高年の方にもなじみやすいのかな? 結局、一人客の僕が4人がけのテーブル席に座る不思議な構図に。

メニューは、欧風カレーの代表格であるボンディに似てビーフ、チーズ、シーフード、きのこなどがあった(すべて900円)。僕はチーズカレーを注文した。まあ定番だよね、ということで。

いかにも気さくそうな細身のマスターは、ご近所のおじさんおばさん達と会話しながら、のんびりとカレーを作っているようだ。そこで僕ものんびりと、店内を流れるエンヤのアルバム曲を聴きながら待つ。いや本当は、以前に訪れたカレー屋さんのエントリーをノート・パソコンで書きつつ待った。

さすがに遅筆の僕がエントリーを書き終わるよりはずっと早く、カレーは到着した。見た目もボンディにそっくりだけど、いただいてみますか。続きを読む
posted by たあぼう at 19:52 | Comment(8) | TrackBack(1) | 中野区

2005年09月19日

おすすめその267 麻布亭LINO(広尾・白金高輪)

薬膳カレー麻布亭LINO

港区白金5-10-10携帯地図

Tel:03-3445-5539

予算:1500円〜(ひととおり食べて4000円くらい)
味 :★★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★★


名伯楽が半ば趣味でやっているかのような薬膳カレーのお店。渋谷から田町駅行きのバスに乗って、北里研究所(北里大学)前の停留所で下車。少し恵比寿側に戻ったところにある。何カ月も前からミクシィのお友達に強く推薦してもらっていて、今回ようやく訪れることができた。

到着したのは18:30すぎ。本来はバーを兼ねたディナーの時間は始まっているはずなのだけど、店内は真っ暗だった。店主が一人で切り盛りしているため、お客さんに気が付くまで開けなかったりすることがあるらしい。数分後に僕らの存在に気が付いてオープンとなった (^_^;)

メインのカレーをいただく前に、前菜を2品ほど勧められる。特に初めての人向きということで、ソーセージ入りのスープと、白イチジクが入ったグラタンを勧められるままに頼んだ。

前者のスープはハーブたっぷりで香り豊か、コクも十分ながらしつこくない。さらにソーセージが自然な塩気で美味だった。続いてグラタン。「やや特殊なルートで入手している」という白イチジクの甘酸っぱさと、グラタンのホワイトソースの旨みのバランスが見事だった。

前菜のおかげで良い気分になってきたところに、見た目が黒いカレーが目の前に。一緒にやってきたライスの量がすごい。迫力にやや押されながら、いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 21:08 | Comment(8) | TrackBack(0) | 〃(白金台/白金高輪)

2005年09月17日

おすすめその266 カレーと紅茶の店チャイ(西ヶ原・上中里・駒込)

野菜カレーカレーと紅茶の店チャイ

北区西ヶ原1-17-8携帯地図

Tel:03-3915-8528

予算:680円(ランチセットは780円)
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★


本郷通り、旧古河庭園の近くにカウンターばかりの小さなカレー屋さんがある。今回取り上げるカレーと紅茶の店 チャイだ。有機栽培の野菜を使って「家庭で味わえない味のカレー」を出すという。でもお店の雰囲気はいたって家庭的だ。

「いらっしゃい」

扉を開くと、いかにも気のよさそうなおばさんが迎えてくれる。おばさんと先客さんたちはみな知り合いらしく、お子さんの結婚話などで盛り上がっていた。

入口から一番近い席に着くやいなや、僕は野菜カレー(680円)を注文する。やっぱり、有機野菜に期待せずにはいられないですよ。

おばさんと先客さんたちの会話に耳を傾けていると、どうやらお店にはいないご主人が野菜を栽培し、それを奥様であるおばさんがお店で出しているらしい。自分でちゃんと確認すればよかったのだけど。

そんなことを思っているうちに、おばさんがいつの間にかカレーを仕上げていた。少し赤みの強いカレー・ソースだな。では、いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北区

2005年09月15日

おすすめその265 七つ森(新高円寺)

キーマカレー七つ森

杉並区高円寺南2-20-20携帯地図

Tel:03-3318-1393

予算:1045円
味 :★★★☆
辛さ:★★
量 :★★☆


高円寺のルック商店街で30年近く営業している喫茶店。店内の壁には動くことをずっと前にやめた柱時計が掛かっている。照明器具は年代物っぽいステンドグラス調。「古き良き」という言葉がしっくりとくる店内だ。

カレーは「野菜」、「キーマ」と「ココナッツ」の3種類を用意している。いずれも1045円。僕はキーマを選んだ。理由は「よくメディアが取り上げているから」と、かなり安直 (^_^;)

注文後、スプーンやサラダ用のフォークと一緒にタバスコなどの調味料がやってくる。カレーにタバスコ!? と一瞬思ってしまう。たぶん、「辛さを控えめにしているからお好みで」ということなんだろう。カレー以外のメニューにそんなことが書いてあったので。

スープとサラダをいただきおわったころに、カレーがやってきた。スライスしたゆで卵の上にちょこんとマヨネーズ。周りにはグリンピースや細かく切ったトマトが散らしてあって見た目にもきれいだ。ドライタイプの挽き肉を口に含むと、見た目だけでないことにも気が付く。続きを読む
posted by たあぼう at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 杉並区

2005年09月14日

おまけ岐阜 コーヒースウィング(恵那市:恵那)

ビーフカレーコーヒースウィング

恵那市大井町293-31

Tel:0573-26-0006

シノギの関係で岐阜県恵那市というところに出張してきました。電車の待ち時間の合間に昼食をと思い、駅前の喫茶店「スウィング」に入ってみました。ランチがビーフカレー(680円)と書いてあったからです。注文すると、お店のご主人が奥の方へ。それからしばらくして、

チン

という小気味のいい音が… (-_-;)

案の定、業務用っぽい味のカレーでした。一緒に付くミニパスタもいかにも「ザ・ナポリタン」という感じ。うーむ。

あ、でも木のぬくもりを生かしたお店の雰囲気はなかなか。音楽もセンスがよかったです。落ち着ける喫茶店として使う分には、よいお店かも知れません。
続きを読む
posted by たあぼう at 23:35 | Comment(6) | TrackBack(0) | 東海

2005年09月13日

おすすめその264 甚六亭(池袋・雑司ヶ谷・東池袋)

カレーつけ麺甚六亭

豊島区南池袋2-12-5携帯地図

Tel:03-5391-0894

予算:700円〜800円
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★☆(普通盛りの場合)


テレビドラマ版「池袋ウエストゲートパーク」(IWGP)の「キングラーメン」で一躍有名になったラーメン屋さん。僕はIWGPの放映よりだいぶ前の学生時代に訪れていたけど、あまり印象に残っていない。ところが「dancyu」の最新号が取り上げているじゃないか。それじゃあ、と再訪してみた。

カレー系のメニューは3種類。ラーメン、つけ麺(ともに800円)、それにスープなしの油そば(700円)である。僕はつけ麺を選択した。脂っこいのがあまり得意ではないので、ちょろっと浸すだけのつけ麺スタイルが好きだからだ。ちなみに、どれも8年前よりは100円値上がりしていた。まあしょうがない範囲か。

注文を受けた店員さんの威勢良い声が店内に響くと、億の厨房からも同じくらい威勢の良い声が返ってくる。手際よく麺を茹でている音が聞こえてきて、ほどなくして麺がやってきた。では、いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豊島区(池袋)

2005年09月10日

おすすめその263 ライオンシェア(南新宿・代々木)

Aランチ+チキンとほうれん草LION SHARE(ライオンシェア)

渋谷区代々木3-1-7携帯地図

Tel:03-3320-9020

予算:900円〜(昼)、1400円〜(夜)
味 :★★★★
辛さ:★★★
量 :★★★★


ドライキーマとインド風カレーを組み合わせていただく、新感覚のカレーを出すお店。松本市にあるインド料理シュプラのカレーにいたく感動した方が、東京で再現したいと一念発起。会社を辞めてシュプラで修行を積み、独立して開いたお店なのだそうだ。

ランチタイムは、ドライキーマとインド風カレー1種を組み合わせるAランチ(1200円)と、単独でカレー1種をいただくBランチ(900円)がある。お店のおすすめは「組み合わせて食べる」なので、Aランチを選んだ。

カレーは「チキンとほうれん草のカリー」を選択。さらに、ライスの上には「きざみ生野菜」を載せてもらうことにする。ライスは大盛り無料だけど、普通盛りにしてもらう。同行してくれたお友達は、「トマトとなすの野菜カリー」を選んでいた。

場所柄か曜日(土曜)のせいか、店内は男性客が目立つ。内装はシンプルながら女性も入りやすそうな感じなのにな…と思っていたら、理由の一つがわかった。やってきた三分つき玄米のライスが大皿だったからだ。これで普通盛りなんだ…。すごっ。続きを読む
posted by たあぼう at 21:03 | Comment(10) | TrackBack(1) | 〃(原宿/代々木/千駄ヶ谷)

2005年09月09日

京都出張の帰りにカツカレーサンドはいかが?

特製カツカレー ミックスサンドシノギの関係で京都に出張してきました。京都のカレー屋さんを訪ねたかったのですが、日頃の怠惰が祟ってスケジュールがパンパン。とんぼ返りやむなし状態だったわけです。

失意の中、帰りの新幹線での食料を調達するため、京都駅八条西口の志津屋へ。すると志津屋定番のビーフカツサンドだけでなく、「ビーフカツカレーサンドイッチ」が入ったミックスサンド525円が置いてあるじゃないですか! これは試さずにはいられない。

さて、お味はというと…定番のビーフカツサンドにカレー粉の味が加わっただけかなぁ (^_^;) 辛さもあまり気になりません。チリ・パウダーらしきものがかかっていたので、ちょっと警戒していたのですが。まあ、安心して食べられます。気が向いたあなたはぜひ、新幹線のお供にどうぞ。
posted by たあぼう at 21:22 | Comment(3) | TrackBack(0) | 関西

2005年09月08日

おすすめその262 ソルティモード(恵比寿・代官山)

ダル・バートソルティモード

渋谷区恵比寿西2-8-9 宝ビル5F
携帯地図

Tel:03-3462-4331

予算:1050円くらい(昼)、1365円〜(夜)
味 :★★★★
辛さ:★★
量 :★★☆


夜はカジュアルなバーとしても楽しめるネパール料理店。ビルの5階、10数席ほどの小さなお店で、ちょっとした隠れ家気分を味わえる。もっとも、マスコミに何度か顔を出している有名店だから、ほんとの意味での隠れ家にはならないかもしれない (^_^;)

22時30分過ぎに一人でひょっこり訪れたので、いろんなアラカルトを頼むという気分にはならない。そんな僕にぴったりなメニューは「ダル・バート」(1260円)。2種のカレー、タルカリ(おかず)、ダル(豆スープ)とライスがセットになったネパール式定食である。

定食が到着するまでの時間は、ネパールのエベレスト・ビール(945円)とおつまみのパパード(豆せんべい)を楽しんでおこうか。スパイシーで香ばしいパパードが、あっさりめのビールとよく合うんだよね。

おお、定食がお皿に載ってやってきましたよ。銀盆に盛られてくるのをイメージしていると、ちょっと驚くけれど、お皿自体はなかなか洒落ている。豆スープをライスにかけて食べるよう、丁寧に教えていただいた。ではでは、いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 11:56 | Comment(2) | TrackBack(1) | 〃(広尾/恵比寿/代官山)

2005年09月06日

おすすめその261 ルソイ(目黒)

野菜のカレーとナンRASOI(インド料理店 ルソイ)

目黒区下目黒1-3-28携帯地図

Tel:03-5487-5602

予算:815円〜(昼)、3000円くらい〜(夜)
味 :★★★★
辛さ:★★★☆
量 :★★★


目黒界隈で有名な北インド料理店。なにせサーブしてくれるインド人の店員さんが記憶に焼き付きやすい。日本人が思い描く「The インド人」という姿格好をしてくれているからだ。

あ、でも見かけ倒しというわけじゃない。ちゃんとした北インドのカレーを出してくれる。文藝春秋の「東京いい店うまい店」にも載っている。

本当は、お高いことを覚悟しつつ夜に訪れたいお店。残念ながら今回の僕はランチタイムに訪れた。メニューは、何種類かのカレーから1種と、ナンまたはライス、チャイまたはラッシーを注文するセット(920円)が主体である。僕は野菜のカレーを選んだ。

先に出てくるサラダを食べ終わるかどうかというタイミングで素早くカレーがやってくる。この絶妙な間隔、洗練されたインド料理店だけのことはあるね。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 22:05 | Comment(16) | TrackBack(6) | 目黒区

2005年09月05日

おすすめその260 ハリドワール(銀座・東銀座)

残念ながら2006年6月30日に閉店しました。

ジンガマサラハリドワール

中央区銀座5-9-5 田創館2F

Tel:03-3289-2710

予算:800円〜(昼)、
ひととおり食べて3000円くらい(夜)
味 :★★★★
辛さ:★★〜
量 :★★★☆


北インドの砂漠地方の家をイメージした店内が特徴的なインド料理店。銀座一丁目のグルガオン、京橋のダバ インディアの姉妹店でもある。結構前にも訪れたのだけど、写真撮影を忘れて掲載見合わせ。お友達と再び訪問したのだった。

夜に訪れたため、コース気分でアラカルトを注文していった。タンドーリ・サラダ(タンドール釜で焼いた野菜のバーベキュー)にチーズ・クルチャ(インド風ピッツァ)、2種類のチキン・ティッカをいただく。

野菜のバーベキューはパプリカやブロッコリーなどが豪快なサイズで出てくる。よい焼き加減で野菜のクセも少なく美味しい。クルチャはガーリックが強烈。チキン・ティッカは普通のヨーグルト漬けのものとガーリックを効かせたもの、2種類の味がそれぞれ楽しめた。

これらでお腹がいっぱいになりつつあったけれど、カレーを食べないことにはしょうがない。そこで、マトンサージャニー(1370円)とジンガマサラ(1470円)を注文。ナンとバスマティ米のハーフ・サイズも別に頼んだ。続きを読む
posted by たあぼう at 21:52 | Comment(11) | TrackBack(6) | 〃(銀座5〜8)

2005年09月03日

おすすめその259 パティスリーマーブ(若松河田)

カレーライスPATISSERIE MARBU(洋菓子パティスリーマーブ)

新宿区若松町24-10-102A携帯地図

Tel:03-3207-0403

予算:840円(昼)
味 :★★★☆
辛さ:★☆
量 :★★★


国際医療センターのそばにある洋菓子店。扉を開けるとケーキが並んでいて、その脇をすり抜けていくと5〜6席のカウンターに2席分×5卓のテーブルがある。近隣の人や、病院を訪れた人が気軽に立ち寄れる雰囲気の喫茶店になっている。やや年輩の女性客が多めかな。

14:30までのランチタイムに軽食を出していて、パスタやカレーなどを食べられる。僕が選ぶのはもちろんカレーライス(840円)。コーヒーか紅茶がセットで付いてくる。アイスコーヒーを注文しておこう。

カレーを待つ合間に、スープとサラダが出てくる。コーンスープは濃厚な味わい。サラダは自家製と思われるドレッシングがよい。ちょっとした酸味が僕の好みだった。調子よく食べていたらあっという間になくなり、カレー到着までにさらに少しの待ち時間ができてしまった。

と、カレーがやってきた。見るからに濃厚そうな欧風ソースにサフラン・ライス。なかなか美しいコントラストに期待しつつ、いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 18:41 | Comment(9) | TrackBack(0) | 〃(四ツ谷/市ヶ谷ほか)

2005年09月02日

やまけんさんがカレー特集のエントリー

ムックが発売されるほどの超有名サイト、やまけんさんの「やまけんの出張食い倒れ日記」で、神保町のカレー店のエントリーがあがっていました(やまけんさん、初めまして。よかったらこれからよろしくです)。

共栄堂エチオピアのはしごですか、すごーい。味の傾向がだいぶ違うとは言え、2軒連続では僕は食べられそうにないです。

エントリーに対するコメントの数が40個とまたすごい。いろんな人がカレー屋さんを提案されています。僕が知らないお店も、4軒くらいありました。影響力が大きいサイトだなあ。うらやましいです。

「カレー屋さん教えていただいてありがとうございます」という次のエントリーのコメント欄で、kennyさんが拙ブログをご紹介くださっています。おかげでアクセスが増えました。ありがとうございます〜。
posted by たあぼう at 15:29 | Comment(5) | TrackBack(0) | 余談・雑談ほか

おすすめその258 茶房 武蔵野文庫(吉祥寺)

カレーライス茶房 武蔵野文庫

武蔵野市吉祥寺本町2-13-4携帯地図

Tel:0422-22-9107

予算:800円〜1100円
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


吉祥寺で代表的な喫茶店を三つ挙げなら、まめ蔵くぐつ草、それに武蔵野文庫だろう。この3店、それぞれが個性的なカレーを出しているところが興味深い。

武蔵野文庫は1985年にオープンした。黒を基調としたシックな雰囲気で、壁には井伏鱒二直筆の書がかかっていたりする。「東京カフェマニア」さんによれば、オーナーの日下さんがかつて早稲田大学前にあった「茶房 早稲田文庫」で働いており、その後譲り受けたものだそうだ。

実は、粉から手作りしているというカレーのレシピも早稲田文庫譲り。50年以上の長きに渡って受け継がれた味なわけだ。ご託はこのくらいにして、カレーセット(1100円)をいただくとしますか。サラダと、コーヒーまたは紅茶またはヨーグルトが組み合わさったものだ。続きを読む
posted by たあぼう at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(2) | 武蔵野・三鷹

2005年09月01日

おすすめその257 元気(青山一丁目・外苑前)

野々村店長特製バターチキン酒・鉄皿焼・鍋 元気(青山元気)

港区南青山2-11-14携帯地図

Tel:03-3401-3333

予算:800円〜1000円くらい
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


サッカー選手の来店が多いことで有名な居酒屋さん。とにかくスポーツに力を入れているお店で、店内の大型テレビではスポーツ中継が流れるし、国立競技場で観戦した人たちが帰りに寄ることも多い。スポーツを酒の肴に、みんなでわいわい盛り上がるわけだ。

ところがところが、昼時にはそんなお店の前にカレーの幟(のぼり)が立つ。実際、意外なほど本気のカレーを出しているんである。

今回の僕が注文したのは、「野々村店長特製バターチキン」(1000円)。お店が一度は味わってほしいと推奨するメニューである。いかにもマイルドそうなカレー・ソースに、赤いプチトマトがいいアクセントになっている。ではでは、いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 港区(青山/赤坂)

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。