2005年12月31日

今年もお世話になりました、良いお年を

「詳しくは後ほど」としたまま、2軒のお店情報を更新しないままですみません。

今年は拙ブログを読んでくださりまして、ありがとうございました。おかげさまで年間を通して約200軒ほどのお店を紹介できました。

ところで、僕は1月1日にこんな目標を立てました

-----
1.Google「カレー屋」でCoCo壱番屋を抜いて1位になりたい(過去の最高順位2位)
2.Google「カレー」でトップ10入りしたい(過去の最高順位40位)
3.宝島社「このブログがすごい」に取り上げてもらえるようになりたい
-----

その結果ですが…

1.は達成できました。 2.は一時10位に顔を出せたことがありましたが、残念ながら今は15位くらいをうろうろ。最近あまり更新できないせいでしょうか。3.はseesaaブログのおすすめの欄で紹介していただきました。1行だけですけど(汗) まあまあの達成率でしょうか。いちおう喜んでおきまーす。

ではでは、今年は本当にお世話になりました。良いお年を!
posted by たあぼう at 23:06 | Comment(9) | TrackBack(0) | 余談・雑談ほか

2005年12月28日

おすすめその315 ナマステカトマンズ(池袋・北池袋)

ダルバートナマステカトマンズ池袋店

豊島区池袋2-76-12携帯地図

Tel:03-3971-2055

予算:1180円くらい〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★☆


吉祥寺で時々利用していたネパール料理店。池袋に2号店があると聞き、気になっていたので訪れてきた。地図なしで適当に歩き回り、10分ほど無駄に浪費してやっとこさたどり着いた。広々とした吉祥寺店とは対照的に、20人ほどで満席になりそうなお店だ。

21時過ぎに訪れたところ先客はカップルさんが二組。何やらシェフの方とも、お客さん同士も盛り上がっている。「お知り合いなのかしらん?」などと内心思いながら、一番奥の席に座った。で、メニューを一瞥(いちべつ)して「ダルバート」(1280円)を注文した。ネパールの豆カレーごはん定食である。すると、

「ダルバートを注文するなんてマニアですね!?」

と、隣の席に座っていた目鼻立ちの整ったおねえさん(といっても僕より年下だろうけど)が声をかけてきた。嫌みっぽさはなかったので、相方のおにいさんに迷惑にならない程度に「ちょこっと食べ歩いてまして…」と回答させていただく。

話のついでに聞けばおねえさん、カトマンズなどに訪問経験のあるバックパッカーだったらしい。おにいさんは青年海外協力隊でジンバブエに滞在経験があるのだそうで。旅行好きとしてはむくむくと興味が湧いてしまう地名ばかり。

なーんて思っていたらダルバートがやってきた。あんまりお二人の会話をじゃましても悪いし、いただくとしますか。続きを読む
posted by たあぼう at 13:26 | Comment(4) | TrackBack(1) | 豊島区(池袋)

2005年12月26日

おすすめその314 吉葉(松陰神社前)

2006年3月24日に世田谷・若林に移転しました。下記の紹介文は銀座時代のものです。

野菜カレー印度風カリーライス吉葉 元ぽえむ

世田谷区若林3-16-1 (携帯地図)

Tel:03-3795-0448

予算:880円〜950円
味 :★★★☆
辛さ:★★★☆
量 :★★★


銀座の泰明小学校のほど近い道を歩いているうちに、スープカレーの幟(のぼり)が見えてきた。幟に誘われるように細い路地へ入ると、やがて雑居ビルの2階にたどり着く。そこが吉葉だ。バー「ぽえむ」時代に好評だったというカレーを単体で営業するようになったお店である。

店内は、10人も入れば「混んでいるな」と感じる広さ。バーを営んでいただけあって、調度品などに細やかなセンスが感じられる。「CREA」の別冊や「BRUTUS」といった女性読者が多いメディアが数多く取り上げるのもよくわかる。でも居心地の悪い気分には不思議と陥らない。ご主人と奥様らしきお店のお二人が、気さくそうな雰囲気だからだろう。

カレーの主役は野菜とチキン。両者を組み合わせたり、あるいはナスを増やしたりといったバリエーションがある。今回の僕はシンプルな「野菜カレー」(850円)を注文した。店内に置いてあった掲載誌をいくつか眺めているうちに、お目当てのカレーが到着した。続きを読む
posted by たあぼう at 13:34 | Comment(6) | TrackBack(5) | 世田谷区

2005年12月22日

おすすめその313 新世界菜館(神保町)

特製カレーライス新世界菜館

千代田区神田神保町2-2携帯地図

Tel:03-3261-4957

予算:900円(昼)
味 :★★★
辛さ:★★(ただし塩辛い)
量 :★★★


上海蟹のシーズン真っ盛りということで、上海蟹を安く食べられることで有名な新世界菜館を訪れた。でもカレー屋さん紹介ブログである以上、食べるのは「特製カレーライス」(900円)。実は割と長い歴史を持つ定番メニューだったりする。

昼時に訪れたのだけど、店内は年齢層が割と高めだ。近所の勤め人の方々より昔から神保町界隈に足繁く通っているであろう、おじさん、おばさんのお客さんの姿が目に付いた。少し浮いているかなと思いつつも、席に着いてカレーライスを注文。しばし待つ。

あれっ!?

ほどなくやってきたカレーライスを見て少し驚いた。温たまが付いてくるのね。何年か前に訪れた時は、温たまがあった記憶がないんだけど。進化したのかな?続きを読む
posted by たあぼう at 18:00 | Comment(3) | TrackBack(4) | 千代田区(神保町)

2005年12月21日

おすすめその312 金子伽哩かれー王国(五反田・大崎広小路)

かれー王のスープかれー金子伽哩かれー王国
(「伽」の字は正しくは口偏に加)

品川区西五反田1-7-1携帯地図

Tel:03-3495-6356

予算:850円〜
味 :★★★★
辛さ:★★★
量 :★★★☆


TVチャンピオン「カレー王選手権」第1回と第3回の優勝者である金子載さんが、11月に満を持して開いたカレー屋さん。芸人としての顔も持つ金子さんらしく、遊び心にあふれたメニューをそろえている。

例えば、カレー味のおでんだね「カレー爆弾」を入れたカレーうどんや、韓国風カレーなんてものを用意する。でも今回はスープカレーを注文した。何しろ名前が「かれー王のスープかれー」(1000円)だもの。ライスは別で150円。200円のターメリック・ライスは残念ながら売り切れていた。

実は僕、4年ほど前の「週刊現代」の企画で金子さんと顔をあわせたことがある。ピンクのジャケットを着て現れ、はじけたパフォーマンスを連発してくれたのが強く印象に残っている。でも、厨房に立つ金子さんの姿は、全くの別人。野菜を一つ一つ丁寧に油に通しては引き上げている。

最後にじゃがいもを引き上げたら、こちらにどんぶりがやってきた。では、王様自らの手で作られた「スープかれー」、じっくり堪能させたいただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 20:50 | Comment(10) | TrackBack(2) | 品川区

2005年12月20日

おすすめその311 レストランピッコロ(半蔵門)

ピッコロ特製チキンカレーレストラン ピッコロ

千代田区麹町1-7 FMセンターB1
携帯地図

Tel:03-3221-0235

予算:1365円
味 :★★★★
辛さ:★★☆
量 :★★★


東京カリ〜番長のブログが取り上げていたお店の所在地を見て、ショックを受けた。麹町界隈はかれこれ7年ほど野暮用で通ってきたのに、FM東京の“社食”でおいしいカレーを出していたとは知らなかった…。

反省を込めてFM東京のビルの地下へ。間違いなくランチ・メニューに「特製チキンカレー」(1365円)がありますよ。華やかな色調の店内に足を踏み入れると、場所柄か、オシャレなお姉さんとお兄さんばかり。野暮ったいスーツを着ているのは僕だけ!? みたいな。

席に着くと、どどーんと1リットル以上入っていそうな水のボトルをテーブルの上に置かれた。少し気圧されながらカレーを注文する。まずスープがやってきた後、しばらくしてカレーとライスがやってきた。ライスにはスライスしたナッツが持ってあるなど、料理も店内の雰囲気と同じように華やかだな。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 17:33 | Comment(6) | TrackBack(0) | 〃(麹町/半蔵門/永田町)

2005年12月18日

オフ会に参加くださったみなさま、お疲れさまでした

Paletteを貸し切ってのオフ会、無事終了いたしました。

僕を含めて総勢20人での会となりました。ご参加くださったみなさま、ありがとうございます。残念ながら3人の方から当日キャンセルの連絡をいただきましたが、また何かの機会でお目にかかれればと思います。

スリランカ風のコロッケや辛さ抜群のエビチリ、一転して深みのある味が魅力のチキンカレーやダル(豆)カレー、それにスリランカ風の炒めご飯と、値段の割にバリエーションに富んでいたかと思います。

6月の会とはまたひと味違った方ともお目にかかれ、大変楽しい時間をすごせました。至らないところが多々あったかと思いますが、これにこりず今後ともよろしくお願いいたします。

また、2次会は「ワールドワイドカフェ」のOchiさんの知恵をお借りして、Paletteからほど近い「ura.」というお店におじゃましました。

さすがOchiさんの見立てだけあってオシャレで落ち着ける空間でした。続きを読む
posted by たあぼう at 17:25 | Comment(16) | TrackBack(5) | 余談・雑談ほか

2005年12月17日

17日は19時20分にえびす像前でお願いします

えー、オフ会の日が迫って参りました。

待ち合わせ場所:えびす様像あたり
(JR恵比寿駅西口=1Fに下りる側、または日比谷線側)
待ち合わせ時間:19時20分

ありきたりな場所ですみません。適当な待ち合わせ場所が浮かばず、現地取材する余裕が全く取れませんでした。

総勢で20人くらいになりそうです。それらしき人がわからない場合は、お知らせした携帯電話番号に連絡くださいませ。

ではでは、参加表明をくださったみなさま、当日よろしくお願いいたします。
posted by たあぼう at 19:15 | Comment(4) | 余談・雑談ほか

2005年12月16日

おすすめその310 バビロン(麹町)

野菜エッグカレーBABYLON(バビロン)

千代田区麹町4-8 麹町クリスタルシティB1
携帯地図

Tel:確認し忘れたので後日

予算:780円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★☆


夢民そっくりのカレーを出すお店ができていた!」

と、お友達のミクシィ日記に書いてあった。名前はバビロン。オープンしてから3週間ほどだそうだ。訪れてみると、カウンターばかり10席ほどのこぢんまりとしたお店だった。

なるほど。いたるところ夢民を意識している、というか真似している。例えばソース・ポット。わざわざ夢民そっくりなものを選んだとしか思えない。メニューだって、例えば「野菜エッグカレー」は夢民の「ポパイカレー」と具の構成が全く同じだ。

まあいいか、と適当に席に座って食券をご主人に渡す。カウンター・テーブルを眺めると、思い入れ一杯の素材を使っていると強調している。例えば卵はもみじ卵、お米はふさおとめ、タマネギは淡路島産といった具合だ。…そういえば夢民もトマトがトルコ産とか触れ回っていたなあ (^_^;)

なーんて思っていたら、「お待たせしました」とご主人がカレーを手渡してくれた。うーむ、ソース・ポットどころかキャベツが少しだけのったライスまでそっくり。続きを読む
posted by たあぼう at 17:08 | Comment(6) | TrackBack(1) | 〃(麹町/半蔵門/永田町)

2005年12月15日

おすすめその309 べねぜら(水天宮前)

オムライスカレーべねぜら

中央区日本橋箱崎町32-3携帯地図

Tel:03-3664-5301

予算:700円〜850円
味 :★★★
辛さ:★★☆
量 :★★☆


べねぜらは、具がたっぷり入ったカレーパンで有名なお店だ。以前は人形町で営業していたのが、東京シティエアターミナルの近所に移った。趣のあるたたずまいから一転して綺麗な店構えになったものの、壁に有名人の色紙がいっぱい貼ってあるところは変わらない。

店内で食事するなら、定番のオムライスカレー(700円)を選びたい。ということで注文は決まった。ランチタイムは1ドリンクのサービスがある。ただし、コーヒーや紅茶でも食後という選択肢は許されない。至る所に「後出しはお断り」と紙が貼ってある。

うーん、店名がベネズエラ・コーヒーから来ているんだし、もっと美味しくコーヒーを飲めるようにした方がお客さんの支持も集まると思うんですが、いかがでしょう?

ま、あまりケチを付けてもしょうがない。先にやってくるサラダを食べ終わるかどうかの頃合いに、オムライスがやってきた。デミグラス・ソースに見える部分はカレー味だったりするわけです。ではいただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 15:15 | Comment(2) | TrackBack(2) | 〃(日本橋/八重洲/京橋)

2005年12月14日

おすすめその308 ターリー屋(西新宿)

ターリー屋定食ターリー屋

新宿区西新宿8-5-4携帯地図

Tel:03-3362-8882

予算:690〜1680円(昼)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★☆〜★★★★


「ターリー」とはインドの定食のこと。だから直訳すると“定食屋”になるこのお店は、名前の通りお手頃価格の690円からインドカレーを楽しめるのが特徴だ。

選べるカレーやおかずの数によって、定食にバリエーションを持たせている。その中で僕は定番中の定番「ターリー屋定食」(890円)を選んだ。定食の中の定食という印象の名前に、妙に惹かれちゃったからだ。

カレー2種に目玉焼き、プレーン・ヨーグルト、ナンとミニライス、アチャール(インド風ピクルス)が付く。13時以降に入店すると、ナンがお代わり可、ライスは大盛り無料になる。カレーは野菜など標準的な3種類のほか、100円増しで少しぜいたくな日替わりタイプを選べる。今回の僕は、野菜カレーと日替わりのバターチキンをいただくことにした。

注文を受けてからナンを焼くそうだけど、さほど待たずに一式そろってきた。定食屋だけあってスピード感も大事にしているのかな? では、いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 15:38 | Comment(9) | TrackBack(9) | 新宿区(新宿/大久保)

2005年12月12日

おすすめその307 ナワブ(湯島)

チキンデルパサンナワブ湯島店

文京区湯島3-34-4 岩井ビル1F
携帯地図

Tel:03-3836-6388

予算:780円〜1500円(昼)、
1200円くらい〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★☆(チキンデルパサン)
量 :★★★


「たまには変化球で白っぽいカレーを食べようか」――。

そう思い立って、不忍通りと湯島天神の間の細いとおりにあるナワブを訪れた。カシューナッツとアーモンドのペーストを使った白いカレーをディナーのメニューに用意しているからだ。

店内に入ると、タンドール釜のすぐ近くの席に案内された。席に着いた僕は、目当ての白いカレー「ムグライチキン」を注文した。しかし店員さんはそれを受け入れず、「すごく甘いよ〜」とおどかしてきた(^_^;) 

そこまで言われたらしょうがない。代わりに「チキンデルパサン」(1260円)というカレーを注文した。実は大して違いはなくてムグライチキンにグリンピースを加えて少しだけ辛くしたもの。併せてナン(367円)も注文した。

チキンデルパサンを選んでも店員さんは「もっと辛くできるよ〜」と勧めてくる。うーん、最近の日本人は辛くしまくるのかな? でも僕は辛いのが苦手だし、お店が基本に設定した辛さが一番食べやすいと考えている。だから辛さの調整はしないと告げた。

ガラス越しにシェフがナンをこねて伸ばしている姿がよく見える。もう何度となく見ているけど、鮮やかな伸ばしっぷりはいつ見ても見とれてしまう。お、ナンを取り出した。カレーもやってきた。真っ白じゃないけど、かなり白いでしょ? では、いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 20:37 | Comment(2) | TrackBack(1) | 文京区

2005年12月10日

おすすめその306 芳味亭(人形町)

ビーフカレー芳味亭

中央区日本橋人形町2-9-4携帯地図

Tel:03-3666-5687

予算:1000円〜
味 :★★★★
辛さ:★★
量 :★★


見た目はごく普通のおうちのカレーライス。でも、舌で味わうと「おっ」と思わず声が出そうになる。芳味亭は、そんな深い味わいが自慢のカレーを楽しめる洋食屋さんだ。お座敷に上がり、正座で洋食を味わえるお店としても知られている。

ここの名物は「ビーフスチュー」。つまりビーフシチューなんだけど、このブログではやっぱりカレーを取り上げないわれにはいかな。とはいえ、せっかくだからスチューの雰囲気も味わいたいじゃないですか。そこで僕は「ビーフカレー」(1200円)だを注文した

つまりスチューの牛肉やブイヨンを使いながら、カレー味に仕上げたメニューというわけ。だからやってきた時の見た目がごく普通でも「ひと味ちがう」と思わせてくれるものがあるのだ。

早速、カレー・ソースを口に含んでみるとしよう。続きを読む
posted by たあぼう at 19:35 | Comment(2) | TrackBack(1) | 〃(日本橋/八重洲/京橋)

2005年12月05日

17日のオフ会のお店決めました

長らく更新を停止していて、すみませんでした。近年まれに見るシノギの忙しさに遭遇し、ろくな食事を取れずにいました。

12月17日のオフ会、ようやくお店を決めました。よろしくお願いいたします。

日時:12月17日(土) 19:30〜(2時間程度)

Palette

Tel:03-5489-0770

恵比寿にあるスリランカ料理のお店です。
http://love-curry.seesaa.net/article/3901365.html

予算:食べと飲みで約4000円の予定です。

●ご参加を希望いただいた方へ
あらためてご参加可能かどうかの確認をさせていただきたく思います。

tabo(あっとまーく)i-love-curry.net

に、メールをくださいませ。私の連絡先をお伝えしたいためです。
今週中に人数を確定したいため、恐縮ですができるだけ早くお時間をくださいませ。

その際に、

・お名前とハンドル名(両方でも片方でも可)、
・簡単な自己紹介(好きなカレーの種類やお店など、あなたのカレー遍歴を書いていただければ幸いです。あ、でも全く関係ないものでも構いません)

をいただければ幸いです。前回参加いただき、「同じ内容で構わない」という方は、参加の有無だけでも結構です。

※ご参加いただけなくなった方は、こちらのコメント欄に記入いただいても結構です。

ではでは、よろしくお願い申し上げます。
posted by たあぼう at 21:16 | Comment(5) | TrackBack(0) | 余談・雑談ほか

おすすめその305 シャプラ(麹町)

骨付きチキンのスープカレー本格インド料理シャプラ

千代田区麹町4-5-7 第八麹町ビル1F
携帯地図

Tel:03-3261-7335

予算:900円〜(昼)
味 :★★★☆
辛さ:★★★☆
量 :★★★〜


新宿通り沿い、麹町駅から四ツ谷駅方面へ進むと見付かるインド料理店。1年以上ぶりに訪れたら、薄暗かった店内が、明るく綺麗に改装されていてちょっとびっくり。がらっと雰囲気が変わって、以前より馴染みやすい人が多そうだ。

ランチタイムは900円ほどのセットから、1600円するかなり豪華なターリー(定食)形式までバリエーションがある。僕は「骨付きチキンのスープカレー」というカレーを選んでセットにした。お値段は1000円なり。スープカレーと銘打っているけれど、あくまでインド料理のもの。さらさらタイプのカレーと考えておけばよし。

テーブルに常備してあるアチャール(タマネギのピクルス)をちょいとつまみながらカレーを待つ。アチャールは辛さより酸味を強調していた。激辛系が苦手な僕にはありがたい。

と、カレーが到着した。写真からは見えにくいけれど、長粒米のライスが少し盛り付けてあるのが嬉しかった。ナンにくっついてしまうのが「玉に瑕(きず)」ではあるけれど。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 21:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 〃(麹町/半蔵門/永田町)

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。