2006年01月31日

おすすめその330 タンドゥール(目黒)

ランチ(野菜カレー)TANDOOR(タンドゥール)目黒駅前店

品川区上大崎2-16-4 コーヨービル4F
携帯地図

Tel:03-3449-0901

予算:900円〜(昼)
味 :★★★
辛さ:★★★
量 :★★★


目黒と周辺の恵比寿や広尾に展開するインド料理店。約20年、宅配などもきめ細かく応じることで着実に支持者を増やしていった。僕も学生時代から時々顔を出してきたから、8年くらいのご縁になるのか。

お昼時に訪れたところ、優に数十席分はあるテーブルの大半が埋まっていた。カトマンズ ガングリmayaルソイラクシュミーと目黒駅周辺にはインド系のカレーを出すお店がだいぶ増えたけれど、根強い人気があるらしい。

早速、メニューを眺める。野菜カレー(950円)をナン、チャイと一緒にいただくことにした。ライスでなくナンを選んだのは、以前の経験のせい。お皿に載りきらないナンを出してくれて、当時すごく印象に残った。

席がいっぱいになる混雑ぶりにもかかわらず、カレーの一式はスムーズにやってきた。うれしいね…と、ありゃ、ナンが前より小さくなったかな。いただくとしますか。続きを読む
posted by たあぼう at 23:36 | Comment(10) | TrackBack(2) | 品川区

2006年01月30日

おすすめその329 フリッツ(赤坂見附・永田町)

カツカレー洋食とんかつ フリッツ

千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー1F
携帯地図

Tel:03-3500-3755

予算:1260円〜1890円
味 :★★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


手頃な値段でおいしいカツカレーを食べるのって、意外と難しい。カツがおいしくてもカレー・ソースは普通だったり、カレーはおいしいけれどカツの衣がペチャッとしていたり。旨さを両立する銀座の洋食屋さんは、2000円をオーバーしてしまうのがざら…。

だから洋風とんかつを得意とするフリッツの「カツカレー」(1260円)を食べると、僕はびっくりしてしまう。とんかつ、カレー・ソース、ついでにキャベツやおみそ汁や福神漬けまでおいしい。しかも1260円と、少し頑張れば出せる値段。嬉しいじゃないの。

じゃ、勢いづいて語ってみますか。

とんかつから。なんと言ってもお肉が柔らかい口当たりで、一口めは「とろけるんじゃないか」と錯覚するほど。それを包み込む衣は、薄いのに存在感があり、それでいてサクサク感を保ち続ける。やや低めの温度で丁寧に揚げているそうだけど、それが秘訣なんだろうか。

で、このカツにかけるカレーがまた素晴らしい。続きを読む
posted by たあぼう at 19:42 | Comment(7) | TrackBack(1) | 〃(麹町/半蔵門/永田町)

2006年01月27日

おすすめその328 ラクシュミー(目黒)

ダルとライス(長粒米)ラクシュミー

品川区上大崎2-27-1 サンフェリスタ目黒2F
携帯地図

Tel:03-3493-3714

予算:840円〜(昼)、1150円〜(夜)
味 :★★★★
辛さ:★★★
量 :★★★


だいぶ前に、楠公レストランのコメント欄でインド・ネパール料理のお店を紹介いただいていた。目黒駅周辺ではカトマンズ・ガングリmayaに続いて3軒めのネパール料理店だ。駅前だけど、入口が奥まったところにあって分かりにくかった。

22時過ぎ以降の最初で最後の客となった僕は、案内された席でしばしメニューを眺めた。ダルバート(ネパール式の豆カレー付きの定食)のような、わかりやすいネパーリ・メニューがない。こうなったらアラカルトでダルバートっぽくするしかないか。

そこで僕は、アルコ・アチャール(じゃがいものアチャール、380円)、ダル・カレー(豆のカレー、850円)、ライス(300円)を頼んだ。これらでダルバートっぽく見えるはず。

まずアルコ・アチャールが、想像していたよりもたっぷりと盛られてきた。独特の味付けとホールの香辛料が相まって、「おっ」と思わせてくれるものがある。この調子なら、ダル・カレーも期待できそうだ。じゃ、ちょうどやってきたカレーをいただきましょう。続きを読む
posted by たあぼう at 21:32 | Comment(13) | TrackBack(0) | 品川区

2006年01月26日

おすすめその327 Dining Bar 313(目黒)

牛すじ煮込みのカレーDining Bar 313

目黒区目黒1-6-14 ABCビル2F
携帯地図

Tel:03-3490-4499

予算:700円(昼)
味 :★★★
辛さ:★★☆
量 :★★★


権之助坂商店街を下ったところに、ダイニング・バーができていた。「自由が丘カレー」(閉まっていた)の隣、ビルの2Fである。階段を上がっていくと、柔らかい象牙色に包まれた空間が広がっていた。カフェと言われた方がしっくりとくる印象を受けた。

ランチタイムにはパスタ主体で、その中に一品、「牛すじ煮込みのカレー」(700円)が混じっていた。サラダとワンドリンク付きでこの値段というから、なかなか良心的じゃないの。ドリンクはコーヒーや紅茶のほか、グレープフルーツなども選べた。

いかにもバーという感じで身なりを整えた店員さんが、イタリアンらしいサラダを、続いてカレーを運んでくれた。サラダは酸味が心地よいドレッシングのおかげでいただけた。一方のカレーは、ごらんの通りいかにも日本的。お味やいかに。続きを読む
posted by たあぼう at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 目黒区

2006年01月23日

おすすめその326 ボン・ナペティ(三田・田町)

ナスとチーズのカレーBon-Appetit(ボン・ナペティ)

港区芝4-6-16携帯地図

Tel:03-3452-8062

予算:1000円〜1300円くらい
味 :★★★☆
辛さ:★★★(中辛の場合)
量 :★★★


4カ月ほど三田に週6で通った時期がある。だから少しはカレー屋さんを探し歩いたつもりだったのに、まだまだ努力が足りなかったなあ。自分が通ったのとあさっての方向に、おいしいカレーを出しているお店があった。

一つは、カレーうどんの「うどん小石川」、もう一軒は、今回取り上げるボン・ナペティである。三田でボンディのような欧風カレーが食べたくなったら、間違いなく訪れるべきだろう。カレーの味から店の雰囲気まで、ボンディの流れを汲んでいる。

渋い雰囲気の席に座ったら、メニューを見て注文しよう。ビーフやアサリなど具から選ぶ仕組みになっている。おそらく基本となるカレー・ソースは1種類なんだろう。

今回の僕が選んだのは、「ナスとチーズのカレー」(1000円)の中辛。野菜を食べたかったのと、写真の見栄えという2点が大きな理由だ。肉入りのカレーにチーズをトッピングすることもできるけれど、300円増しとちょいと割高感がある。

しばらくしてやってきたカレーは、期待通りとろけるチーズがきれい。ただ、チーズの上で目立つ赤いパウダーが気になる。中辛にしたので唐辛子を増やしたのかな? いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 22:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | 〃(品川/田町/お台場)

2006年01月20日

おすすめその325 玄氣カレー(新橋)

残念ながら閉店してしまったようです。
なすと挽き肉のカレー玄氣カレー

港区新橋2-20-15携帯地図

Tel:03-3572-2004

予算:800円〜1000円くらい
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★


近所に汐留という近未来的な表情の街ができても、新橋駅前はやっぱり新橋。無骨なおじさん向けの雰囲気が漂う。だから駅に面したビルに入っていれば、カレー屋さんもおじさん向けに見えてくる。入口には食券が待ちかまえるあたりからして、おじさん仕様に思える。

ところが、玄氣のカレーはいい意味で見た目を裏切ってくれる。食券販売機に並ぶメニューをながめると、旬の野菜を使ったカレーや、丹波黒豆入の焼きカレーなど、趣向にあふれたものがいくつも並んでいる。しかも、どれも見た目が凝っているじゃないですか。

迷った末に僕が注文したのは「なすと挽き肉のカレー」(850円)。一見すると地味だけれど、ナスの紫色が鮮やかで気になってしまったからだ。

カレーの前に、デザートとおぼしきコーヒー・ゼリーと、サラダ代わりの「キャベツもみ」がやってくる。このキャベツもみが侮れない。コールスローのようでもあり、和食のようでもあり、不思議な味わい。これだけ食べ続けても飽きがこない美味しさがある。

そこにカレーが到着した。なすと挽き肉だけでなく、シメジもかなりのボリュームがあるな。いただくとしますか。続きを読む
posted by たあぼう at 23:11 | Comment(8) | TrackBack(1) | 〃(新橋/汐留/浜松町)

2006年01月18日

おすすめその324 オリガミ(赤坂見附・永田町)

キャピトル東急ホテルが閉鎖し、赤坂東急プラザ内に移転しました。以下の記述はキャピトル東急時代のものです。

フレッシュイチゴとオマールのカレーORIGAMI(コーヒーハウスオリガミ)

千代田区永田町2-14-3携帯地図

Tel:03-3581-9111

予算:2310円〜3234円
味 :★★★★
辛さ:★★
量 :★★★


柄にもなく高級そうなホテル「キャピトル東急」に潜入し、喫茶と呼ぶには豪華すぎるオリガミの席に座った。目的はもちろんイチゴ(!)のカレー。さひぐーさんにパティスリーマーブのコメント欄でご紹介いただいたからである。

カレーとイチゴを組み合わせるとはずいぶん奇抜だ。もっとも、東急ホテル・グループなら下地はある。同グループはカレーに意外と意欲的で、全国のシェフのアイデア比べをするカレー・コンテストなんてのを開いたほど。一方、オリガミで毎年恒例なのが「イチゴフェア」。フェアに新味をと考えたときに、アイデア・カレーに白羽の矢を立てたんじゃないかなあ。

さて、「フレッシュイチゴとオマールのカレー」(2800円にサービス料と消費税で3234円)を注文しよう。カレーしか頼まずに、しかもごそごそとカメラを取り出すなど、品格が足りていない客だけど、お店の方は顔色一つ変えず優しく接してくれた。

しばらく待つと、何やらにぎやかに盛られたお皿が僕のところに向かってきた。お皿が目の前に近づいて盛られたものが確認できるようになって、目が点になる。大きなオマール海老はいいとして、それを取り囲むカットされたイチゴやクルミが壮観。ライスは何か薄くピンク色になっていませんか!?

圧倒されている間にカレー・ソースが到着した。こちらは見ため普通。じゃ、覚悟を決めて食べましょう。続きを読む
posted by たあぼう at 21:56 | Comment(7) | TrackBack(0) | 〃(麹町/半蔵門/永田町)

2006年01月17日

おすすめその323 カリガリ(渋谷)

オリジナルココナッツカレー渋谷カリガリ

渋谷区東1-3-1携帯地図

Tel:03-5485-1098

予算:680円〜(ランチセットは800円〜)
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★


銀座のクラブで飲んでいるおじさんたちが「小腹減ったなあ」と言い出した。そのクラブで働いていた二木さんは、カレーを用意することに決めたものの、ふつうのカレーを出すのは面白味に欠ける。と言ってエスニック風カレーではおじさんたちが喜ばない。

そこで「安心できるけれどひと味違うものを」と研究した末、二木さんはカレーを作り上げた。個性たっぷりの不思議な味は、お客さんたちのハートをがっちりつかんだ。そして2005年の9月、このカレーを独り立ちさせ、渋谷でお披露目と相成った――。

そんな歴史を持つのが、ここカリガリの「オリジナルココナッツカレー」(680円)。ランチタイムはサラダとドリンク、または2種のトッピングとドリンクを合わせて800円からというセットもある。僕はピーマンとミニサイズのチキンの竜田揚げをトッピングするカレーを注文した。

それにしても、ちょっと不思議な名前のお店だなぁと思っていたら、店主さんが好きなドイツ映画から名を取ったのだそうだ。カレーとも語呂がいいし、という感じで。…なあんて話を聞いていたら、目の前にカレーがやってきたのだった。続きを読む
posted by たあぼう at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(2) | 渋谷区(渋谷周辺)

2006年01月16日

おすすめその322 ナイマ(代々木上原)

コーヒー・プラハからナイマに店名が変わりました。紹介文はコーヒー・プラハ時代のものです。ご了承ください。

オイルサーディンとトマトの焼きカレーナイマ(旧coffee praha)

渋谷区上原3-2-2 (携帯地図

Tel:03-5453-0112

予算:760円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★
量 :★★


8年も前に群馬県の水上にある亞詩麻というお店で食べて以来、「焼きカレー」というジャンルがかなり好きだ。「カレードリアじゃん」と言われると全くその通りで味気なさそうなんだけど、香ばしいカレーというのはやっぱり独特の魅力がある。

だから東欧をイメージしたというカフェを訪れ、「オイルサーディンとトマトの焼きカレー」(760円)というメニューを目にした時は、迷わず注文していた…。というのは嘘で、いろいろ悩んだ挙げ句に決めた。コーヒー・プラハは名前とは関係なくカレーのメニューが充実しているお店なのだ。

店内には人気マンガの単行本が並んでいる。カレーが来るまでのんびりとマンガを読んで待つこともできる。僕はというと自分の読みかけの本を取り出し、「明治維新」という名のビールを片手に持ちながら待っていた。

何ページか読んだところで、きれいなおねえさんが可愛らしい器に入った焼きカレーを持ってきてくれた。ではいただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 20:38 | Comment(4) | TrackBack(3) | 〃(原宿/代々木/千駄ヶ谷)

2006年01月13日

おすすめその321 スーリヤ(麻布十番・赤羽橋・神谷町)

マトンカレーインド料理スーリヤ

港区東麻布2-12-3携帯地図

Tel:03-3583-0023

予算:800円〜1200円(昼)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆(普通の場合)
量 :★★★☆


1月7日に「王様のブランチ」が紹介していた東麻布のインド料理屋さん。ピークを過ぎた13時30分頃に訪れたおかげか、マスコミ露出効果を感じることなくすんなりと座れた。

席に着くやいなや、ランチタイムのメニューを見る。カレー1種にナン、ミニライス、サラダが付いて800円から。少し豪華なメニューにしても1200円。通りから奥まったところにあるとは言え、麻布界隈にしては良心的なんじゃないかな。

関根勤さんはブランチで、「タンドリー・チキンのカレーがおいしい」と話していたそうだ。残念ながら同メニューをランチタイムで出しているのは水曜日だけ。僕はマトンカレーのセット(850円)をいただくことに決めた。ついでにラッシー(ランチは100円)も注文する。

インドの文字で書かれたカレンダーを眺めていたら、カレー一式が到着した。カレーは想像していたよりも大きな器に入ってるな。ではではいただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(4) | 〃(麻布十番/東麻布)

2006年01月09日

おすすめその320 カフェフーケ渋谷店(渋谷)

チキンカレーカフェフーケ渋谷店

渋谷区東1-4-1携帯地図

Tel:03-3409-1895

予算:880円〜1200円
味 :★★★☆
辛さ:★★
量 :★★★


渋谷の八幡坂にある、貫禄たっぷりのカフェ。渋谷店とあるのは、二子玉川に本家があるため。もっとも、営業譲渡したそうなので今は両店に直接的な関係はなさそうだ。ついでに店ができた順序では渋谷店が先。

コーヒーとスイーツ類を主力に営業している。でも食事メニューにはチキンカレーの姿があったので、注文せずにはいられない。好みのコーヒーとセットにして1200円なり。単品なら880円で注文できる。僕はブレンド・コーヒーとセットで注文した。

ほどなくして、ナッツのチップと干しぶどうの小皿がやってきて、続いてカレーのお出ましとなった。見た目はおうちのカレーっぽいけれど、さてどんなものでしょうか。続きを読む
posted by たあぼう at 21:48 | Comment(5) | TrackBack(1) | 渋谷区(渋谷周辺)

2006年01月08日

おすすめその319 グリル満天星(麻布十番)

チキンカレーグリル満天星 麻布十番本店

港区麻布十番1-3-1携帯地図

Tel:03-3582-4324

予算:1575円
味 :★★★★
辛さ:★★★
量 :★★★(ライスお代わり可)


ハヤシライスが有名な麻布の洋食屋さん。商店街とは通りを挟んで反対側、静かな場所にお店を構える。壁面はれんが調で統一してあり、柔らかい電球色の照明を灯している。華美とは異質の上質感が伝わってくる。

席に案内された僕は、メニューから「チキンカレー」(1575円)を探して注文した。昼時に訪れたため、サラダとスープ、それに食後の飲み物が付く。まずは水菜と軽く揚げた小エビのサラダ、コンソメ・スープがやってきた。スープをすするとコンソメの深いうまみがじわっと伝わってくる。この後おいしいカレーを食べられるんだなとわかるわけだ。

サラダとスープをいただいたところに、頃合いよくカレーが到着した。「ライスが足りなかったらお気軽に声をかけてください」と、お店の方。このあたりの気の置けなさ具合は、さすが長らく人気を保ってきた洋食屋さんだなぁ。ではいただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 18:08 | Comment(2) | TrackBack(3) | 〃(麻布十番/東麻布)

王様のブランチご一行様向けリンク

きのう、「王様のブランチ」がカレー屋さん紹介特集をしたそうですね。

番組が紹介したお店の情報へのリンクを用意させていただきます。

●新宿中村屋(拙ブログが取り上げているのは「2F」ルパですが…)
http://love-curry.seesaa.net/article/1095052.html

●カレー食堂ゆめや
http://love-curry.seesaa.net/article/4784586.html

●CURRY BAR HENDRIX(カリー・バー ヘンドリクス)
http://love-curry.seesaa.net/article/1572826.html

●インド料理スーリヤ
http://love-curry.seesaa.net/article/11655572.html
posted by たあぼう at 02:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | カレー談義

2006年01月06日

おすすめその318 きりん屋(麻布十番)

野菜カレー(ランチ)きりん屋

港区元麻布3-11-9携帯地図

Tel:03-3479-4665

予算:700円〜1200円くらい
味 :★★★☆
辛さ:★★(野菜カレーの場合)
量 :★★☆


麻布十番温泉近くの裏道に構える持ち帰り専門のカレー屋さん。入口前にきりんが立っているので、どの路地に入ればいいかはすぐにわかる。インドの味付けを施した本格的なカレーを楽しませてくれる。

扉を開けてお店に入るとびっくりさせられる。息苦しくなっちゃうんじゃないかと錯覚するほどスパイスの香りが充満していたからだ。「いらっしゃい」とおじさんが出迎えてくれた。

カレーは7種類も用意している。でも僕が13時30分ごろに訪れた時には、半数は売り切れ。すごい…。残っていた中から「野菜カレー」(700円)を注文した。持ち帰りにしてはなかなかのお値段。それでも野菜カレーは一番安くて、ドライカレーなら1000円もする。

ランチタイムのためライスとアチャール(漬け物)付きだった。ふたを開けて、ビニール袋に入っていたカレーを容器に開ける。おお、カボチャが美味しそう。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 19:20 | Comment(4) | TrackBack(2) | 〃(麻布十番/東麻布)

2006年01月05日

おすすめその317 タイチャラーン(東新宿)

グリーンカレータイチャラーン

新宿区大久保1-1-9携帯地図

Tel:03-5155-6976

予算:1400円くらい〜(夜)
味 :★★★
辛さ:★★★☆
量 :★★★☆


生ビールを注文したら、店員さんが店の外へ出ていってしまった。それから数分、どこからともなく黄色い液体の入ったジョッキを持って帰ってきた…。東新宿から歩くこと数分のところにある、ちょっと怪しげなタイ料理店「タイチャラーン」での一幕だ。

1月4日だけあって、お店はかなり暇だったようだ。料理をたくさんのパックに小分けして詰め込んでいた。店の荷物がテーブルを占領していて、客が座れそうなのは1卓だけ。僕がその席に着くと、いかにもタイ人らしい微笑みをうかべながら、おばさんが注文を取りに来た。

「グリーンカレー」(950円)とライス(メニューになし、400円?)、それに生ビール(500円)を注文したところ、冒頭のような事態になった。なかなかインパクトがある。

ビールを用意した後、おばさんはおもむろに電話をかけだした。タイ語でさっぱりわからなかったけれど、後の事態から想像すると息子さんを手伝いに呼び寄せたらしい。それからさらにもう少し待つと、グリーンカレーができあがったらしい。息子さんが運んできてくれた。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 19:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新宿区(新宿/大久保)

2006年01月04日

おすすめその316 麻布ハティー(麻布十番)

野菜カレーとイエローライスインド料理・麻布ハティー

港区麻布十番1-11-10 十番アネックスB1F
携帯地図

Tel:03-3583-6668

予算:850円〜1800円(昼)
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★


カレー初めは麻布十番のインド料理屋さん。地下鉄駅を出て麻布十番通りに入ったすぐのところにお店を構える。麻布と聞くと高級そうな雰囲気が漂うけれど、さにあらず。テイクアウトやデリバリーも請け負う地元密着型のお店だ。

ランチタイムは、カレーとナンまたはイエローライスのセットが850円から。僕は「野菜カレー」(900円)とイエローライスを選んだ。食後の「チャイ」(100円)も一緒に注文する。2種類以上のカレーとセットになった1200円以上のメニューはドリンク付き。

かなり手際がよいらしい。注文してからほとんど待たずにカレーがやってきた。イエローライスの黄色が鮮やかだこと。早速いただくとしますか。続きを読む
posted by たあぼう at 20:12 | Comment(2) | TrackBack(1) | 〃(麻布十番/東麻布)

シネマバトン

ニセモノの良心」のsoulwardenさんから1カ月以上前にいただいたのに、いろいろあって手を付けられずにいたシネマバトン。激しく今さらながらですが、やらせていただきます。正直、映画はあまり得意な分野ではありません。セレクションが甘いのはご容赦を。

ではでは始めさせていただきます(以下、参考URLはすべてgoo映画へのリンクです)。

まずは…
1.初めて映画館でみた映画

ですか。続きを読む
posted by たあぼう at 19:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | 余談・雑談ほか

2006年01月02日

12月によくごらんいただいたカレー屋さんベスト10

昨年の11月半ばにGoogleの「Analytics」というサービスを導入しました。これによってどの記事が良く読まれたかを確認できるようになりました。

そこで、Seesaaのアクセス解析機能が耐えられなくなったために中断していた、月間でよく参照いただいたカレー屋さんランキングを復活させることにしました。

ページビュー順で並べたところ、第1位に輝いたのはなんと…

1.おすすめその56 グルガオン(銀座一丁目)

2.おすすめその306 芳味亭(人形町)

3.おすすめその301 インデアンカレー(東京)

4.おすすめその312 金子伽哩かれー王国(五反田・大崎広小路)

5.おすすめその313 新世界菜館(神保町)

6.おすすめその78 キッチン南海(神保町)

7.おすすめその71 カレー食堂「心」(渋谷)

8.おすすめその307 ナワブ(湯島)

9.おすすめその308 ターリー屋(西新宿)

10.おすすめその194 香辛酒房ぱれっと(恵比寿)

1年以上前のエントリーであるグルガオンが1位でした。12月はあまり更新できなかったので、トップページに張り付いていたお店が上位かと思っていたのですが。Googleなどの検索サービスでわりと上位に位置しているおかげでしょうか。

チェーン化が進んだカレー食堂「心」も、まだまだご覧いただいているんですね…。そろそろ再訪しないといけないかなあ。
posted by たあぼう at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | カレー関連ランキング

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。