2007年01月29日

おすすめその455 デリーダルバール(南砂町)

マドラスターリーセットデリーダルバール

江東区南砂3-13-1携帯地図

Tel:03-3647-9406

予算:1400円くらい〜(夜)
味 :★★★★
辛さ:★★★
量 :★★★★


ドーサ(お米のクレープ)を含む定食型メニュー「マドラスターリーセット」(2280円)を注文したら、デリーダルバールのオーナーさんにこう聞かれた。「お待たせしてしまう場合がございますが、よろしいですか?」

中途半端な時間に訪れたため、店内は閑散としている。それなのにどうして時間がかかるんだろう? と訝しむ表情が僕の顔から出たのに気が付いたのか、オーナーさんは言葉を続けた。

「当店のシェフであるマニアンは、ドーサ作りに真剣でして、焼きあがりに納得がいかないと捨ててしまいます。そうなると新たに焼き直しますので、お待たせしてしまうのです」

なるほど、これは期待できそうだ。「毎日カレーとタイ料理」のエスニカンさんが2007年の第1弾に選んだお店だけはある。僕は快諾して、料理がそろうのをのんびり待つことにした。

順序が前後したけれど、マドラスターリーセットは、南インドのチェンナイ(旧名マドラス)で食べられそうな定食のこと。ラッサム(トマトスープ)、サンバル(野菜と豆のカレー)、サモサ、キャベツのポリヤル(インド風野菜炒め)、ヨーグルト、プレーンドーサ、ライス、デザートがセットになっている。

幸いにもさして待つことなく一式がやってきた。焼き具合に満足いくものだったんだろう。じゃ早速、サンバルを少し盛り付けてからドーサをいただきますか。続きを読む
posted by たあぼう at 23:10 | Comment(23) | TrackBack(2) | 江東区

2007年01月27日

おすすめその454 からかうあ(牛込神楽坂)

スタンダードカレーカレーや からかうあ

新宿区納戸町16-5携帯地図

Tel:03-3268-0881

予算:800円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★★☆(+3辛)
量 :★★★


サラサラでスパイシーなカレーが大好きなご主人が、札幌でスープカレーと出会い、開眼。スープカレー店を2005年に開いた。それが今回取り上げるからかうあだ。店名はご主人がハワイ好きなことにちなんだもの。電話番号下4けたも「おーハワイ」だそうで。

カレーは大きく「スープカレー」と、ハワイらしいオリジナルの「カレーロコモコ」の2種類がある。前者はさらに具の材料で、「スタンダード」、「豚の角煮」などに分かれる。ほかに子供向けには甘口のカレーの王子様もあったか。ま、今回はおとなしくスタンダードカレー(800円)にしますか。

注文を告げると、辛さを尋ねられた。僕が「お店のおすすめは?」と聞き返すと、「できれば+2辛くらいは選んでほしい。スパイス感を味わってほしいから」と、ご主人。そうですか。じゃ+3辛にしますよ(…辛いのは得意じゃないけれど)。

ご主人は満足げにうなずいて調理に移った。注文を受けてから仕上げるらしく、待ち時間はちょいと長めだ。手持ちぶさたが苦手な人は、サイドメニューを頼んでもいいかもしれない。本を読みつつのんびり待っていたら、シュワシュワと熱い音を立てたカレーがやってきましたよ。続きを読む
posted by たあぼう at 14:28 | Comment(8) | TrackBack(2) | 〃(四ツ谷/市ヶ谷ほか)

2007年01月25日

おすすめその453 TOKYO CIRCUS CAFE(三田・田町)

タイ風グリーンカレーTOKYO CIRCUS CAFE

港区芝4-12-3携帯地図

Tel:03-3452-7033

予算:850円(昼)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★☆


「シノギの話を聞きたいんです」と、就職活動中の大学3年生からメールをいただいた。ありがたく引き受けて、学生さんのキャンパスから近い「TOKYO CIRCUS」でお話しすることにした。

TOKYO CIRCUSを選んだ理由の一つは、女子大生さんも和めそうなオサレっぷり。おじさん向けのお店が多いこの界隈でかなり貴重な存在なのだ。僕の話が全く役立たなくても、残りの学生生活でお茶するときに重宝する場所にはなるんじゃないかなと。

もう一つの理由はもちろん、カレーがあるから。ランチ限定でお値段は850円なり(ドリンク付き)。カレーはその時々でタイ風になったりスープカレーになったりするらしい。この日は「タイ風グリーンカレー」だった。じゃあ僕はそれにしよう。ほかにパスタやピッツァなどがあった。

カレーの到着を待つ間にシノギの話を始める。いやはや、真剣に聞き入ってくれるな。2、3歳ほど年上の先輩だけでなく、わざわざ僕のところまで来る子たちだから、真面目さが人一倍なのかもしれない。だとしても、僕の学生時代とは大違いだな(^_^;)

なあんて言っていたら、カレーがやってきましたよ。オサレカフェらしく、綺麗に盛り付けてあるな。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 〃(品川/田町/お台場)

2007年01月24日

おすすめその452 Suage(代官山)

残念ながら代官山店は2007年10月15日に閉店しました。

パリパリ知床鶏と野菜スープカレー&ダイニング すあげ

渋谷区代官山町18-4 代官山マンジビル2F
携帯地図

Tel:03-3462-0777

予算:950円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★☆(ピリ辛)
量 :★★★


シノギでお世話になっている広報代理店の社長さんからメールが届いた。シノギのお話ではなかった。「銀座の某出版社の某誌編集長らと代官山のスープカレー店に行きました。結構美味しかったです」。ほう、機会を見付けて行くとしますか。

それから1カ月あまり。線路沿いのビルの2Fに店を構える「すあげ」にやってきた。時間は午後10時、客足が一段落した後だったらしい。店員さんがお食事を摂っていらした。お取り込み中のところ申し訳なかったけれど、暖色の明かりが照らすお店の奥へと案内してもらう。

案内された席に備え付けられたメニューを眺める。夜はスープカレーだけでなく、居酒屋チックなメニューもそろっていた。ま、今回は一番人気と思われる「パリパリ知床鶏と野菜」(1100円)のスープカレーを「ピリ辛」で注文してみますか。知床鶏の焼き鳥と7種類の野菜を一緒に味わえるものだ。

座った席の向かいは、おじさん5人組が占拠していた。若者受けしそうなお店の雰囲気とは違和感があるなと思っていたら、その中の一人はお店の社長さんか店長さんだった。お酒を交えての商談か何かだったらしい。新メニューや店舗展開の意向の話が漏れ、というより大きな話し声で聞こえてきた(^_^;)

…と、スープカレーがやってきましたよ。おや、具の多くは串に刺さってやってくるんだ。これはなかなか面白い。では、いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 22:31 | Comment(10) | TrackBack(0) | 〃(広尾/恵比寿/代官山)

おすすめその451 ガネーシャ ガル(小川町・神保町・新御茶ノ水)

サグチキンガネーシャ ガル

千代田区神田小川町3-11-2携帯地図

Tel:03-3292-0909

予算:790円〜(昼)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆(サグ・チキン)
量 :★★★


西荻窪で評判を呼んだインド料理店が、挑戦とばかりに激戦区・神保町界隈に開いた2号店。エスニカンさんの「毎日カレーとタイ料理」によると、蔵前のBLISSのオーナーのお姉さんが運営しているんだそうだ。

平日のランチタイムは、カレー1種とサラダに、ナンまたはライスが付く「Aランチ」の場合で790円。近所のマンダラムガール・マハールと比べてもコスト・パフォーマンスは良い方だろう。ほかに、カレー2種のセットや、タンドール料理まで加わったターリー(定食)がある。土曜日はナンが食べ放題のホリデー・ランチを用意している。

この日はシノギの合間の25分を生かして駆け込んだため、多くの料理を食べる余裕はなかった。そこで素直にAランチをナンで注文した。カレーはサグチキン(ほうれん草とチキン)を選んだ。

僕が座った場所からは、ガラス越しにコックさんが調理する姿がよく見えた。こんな時にナンを焼くまでの手際が良いのが見えると食べる前から嬉しくなっちゃうよね。お、僕のが焼き上がったみたい。鮮やかな緑色のカレーとともにやってきた。続きを読む
posted by たあぼう at 03:36 | Comment(9) | TrackBack(1) | 千代田区(神保町)

2007年01月19日

おすすめその450 あちゃ(立川)

野菜のスープカレーコーヒーとカレーの店 あちゃ

立川市錦町2-1-8 グリーンビル2F
携帯地図

Tel:042-526-2278

予算:800円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★☆


蓄音機にタイプライター、柱時計――。立川駅からすずらん通りを数分歩くと見付かる「あちゃ」は、いたるところにアンティークな品々が飾られている喫茶店。インド風カレーや美味しいチャイを出すことでも定評がある。店名は恐らくヒンドゥー語の「accha」(よい)から取ったのだろう。

適当な席を確保したら、巻物状になっているメニューを眺めよう。チキンカレーやキーマカレーといった定番があるかと思えば、豆腐のカレーのような変わり種もある。その中で僕の目に止まったのは、「野菜のスープカレー」(800円)。おや、札幌系も取り扱い出したのかな?

おひげを蓄えたマスターに確認すると、ココナッツ・ミルクを使ったカレーとのこと。インド風の路線は変わらないのね。じゃ、それを一つください。それと食後に「ジンジャー・チャイ」(450円)が飲みたいなと。

カレーを待つ時間は、年代物のスピーカーから流れるBGMを楽しもう。ジャズが流れていることが多いようだ。2〜3曲も聴けば、お目当てのカレーがやってくるはずだ。ではでは、いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 22:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 立川・国立

2007年01月18日

おすすめその449 3丁目のカレー屋さん(宝町・京橋)

焼きチーズカレー3丁目のカレー屋さん

中央区京橋3-9-9携帯地図

Tel:03-3567-6767

予算:900円〜1500円くらい
味 :★★★☆
辛さ:★★☆(焼きチーズカレー)
量 :★★★


ここは、本当はカレーが出ない夜にこそ訪れるべき場所だと思う。お店のご主人がその気になると、100年物など秘蔵のレコードを聞かせてくれるからだ。それも大正末期のプレーヤーや、50年物の米アルテック・ランシング製スピーカーで。音色を聞けば、誇張抜きで1950年以前の世界が目の前に現れたように感じる。

そんなオーディオ好きを惹きつけてやまないであろう場所が、ランチタイムには可愛らしい名前のカレー屋さんとなっている。メディアこそCDになってしまうけれど、BGMはやはりアルテックのスピーカーが奏でてくれる。

さて、メニューを見るといずれも欧風カレーらしい。僕は「焼きチーズカレー」(1300円)を注文した。説明文によると、20種類のスパイスを混ぜ合わせているんだそうで。辛さは中辛にしておいた。

焼きカレーは時間が掛かるけれど、アルテックの特徴である伸びやかな中域の音色に聞き惚れていればあっという間。ほら、アツアツの証拠である音を立てている焼きカレーがもう目の前にやってきた。続きを読む
posted by たあぼう at 01:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 〃(日本橋/八重洲/京橋)

2007年01月17日

おすすめその448 奈央屋(西八王子)

野菜とチキンのカレー奈央屋

八王子市千人町3-3-3

Tel:042-668-9958

予算:500円〜
味 :★★★★
辛さ:★★☆(野菜とチキン)
量 :★★


子供の頃からカレー好きにして、旅行を通じてネパールに魅了されたという梅村奈央さん。なんと、大学在学中にネパールカレーのお店を開いてしまった。それから5年あまりが経った今、奈央屋は西八王子で評判のお店になっているようだ。

場所は、駅から歩いて数分の甲州街道沿い。ネパールカレーを掲げているものの、外観、店内ともエスニック色は薄い。むしろ今どきのカフェと言った方が通じそうだ。BGMはレゲエがかかっていた。

カレーは5種類あり、なんとすべて1皿500円。「商売になるの?」と心配してしまうくらい安いよね。実はそのあたり良く考えられている。僕が訪れた夜であればサラダ、ドリンク、ヨーグルトなどをセットにした「夜ゴハンセット」(950円から)を用意している。ライスは50円増しでナッツなどを加えて炊いた「木の実ごはん」が選べる。単価を上げる工夫があるわけだ。

もちろん、カレーだけでも提供してくれる。でもせっかくだから夜ゴハンセットセットにして、木の実ごはんも注文してみよう。カレーは「野菜とチキンのカレー」を、ドリンクはラッシーを選んだ。

先にやってきたサラダをいただくと、美味しいじゃないですか。これはカレーも期待できそう。なーんて思いながらサラダを食べ終わると、それを見計らったかのようにカレーと褐色のライスがやってきた。ううむ、カレーの量は女性向きかな(^_^;) ま、いいか。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 00:01 | Comment(6) | TrackBack(2) | 八王子・日野

2007年01月16日

ぴあ「日本一美味いカレーを探せ!」を読まれましたか?

日本一美味いカレーを探せ!「ぴあ」とYahoo!の共同企画によるムック「日本一美味いカレーを探せ!」が書店に並んでいますね。もう読まれましたか?

なんでもこのムックには、「おいしいお店」が全部で166軒載っているんだそうです。そのうち、東京のカレー屋さんは本編に95軒+ブック・イン・ブックに4軒(学食を除く)の合計99軒…だと思います。違っていたらごめんなさい。拙ブログが紹介済みの東京のお店は81軒ありました。

ざっと眺めた範囲では、ぴあが過去のムックで紹介したお店と、東京カリ〜番長・水野仁輔さんのお気に入りのお店を適度にブレンドした印象を受けました。全く知らなかったお店もありました。フォーシーズンズホテル椿山荘東京のシーズンズ・ビストロです。水野さんはちゃんと推奨していますね。すごいなあ。

気になったのは、一部のお店の写真を2代前のムック(最新!最強!究極のカレー&エスニック)からずっと使い回していること。そろそろ撮り直した方がいいと思いますよ〜(^-^)

ところで、p.20のモンスナックに投稿コメントを寄せている「たんちゃんさん」は、たんちゃんさんのことですか?
タグ:カレー
posted by たあぼう at 03:00 | Comment(14) | TrackBack(0) | カレー談義

2007年01月15日

おすすめその447 カシュク(麻布十番)

コンビネーションカレー(季節の野菜カレー、カリッと焼いたチキンカレー)Kasik(カシュク)

港区麻布十番1-9-9携帯地図

Tel:03-3582-0557

予算:880円〜(昼)、1500円くらい〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★(中辛)
量 :★★★


「東地中海風」という耳慣れないジャンルを掲げるカレー屋さん。以前、『辛くできますか?』の辛党のおっさんさんに「新店ができました」とご紹介いただいており、麻布十番に用事があった際に訪れようと思っていた。

「東地中海風とは何ぞや?」という疑問が湧くことだろう。実はこれ、ディナーで出てくるカレーを味わうとよく分かるようになっている。何も知らない今回は、ランチタイムに訪れてしまったのだった。がーん。その代わり、昼のカレーは880円からと、1500円近い夜よりだいぶお得感がある。

カレーは基本となるソースが1種類で、具の違いによってバリエーションを持たせている。選びきれなかった僕は、2種類の具が楽しめる「コンビネーションカレー」(1100円)を注文した。「季節の野菜」と「カリッと焼いたチキン」のコンビだ。

カレーを待つ時間は店内の観察に当てる。いかにも麻布十番の今どきのお店という印象だ。こぢんまりとして清潔感がある。僕が座った窓側のカウンター席は、外から少しだけ陽光が入るようになっていて、気持ちよく待っていられる。…とカレーが来ましたね。食べてみますか。続きを読む
posted by たあぼう at 19:11 | Comment(4) | TrackBack(1) | 〃(麻布十番/東麻布)

2007年01月14日

おすすめその446 マーダル(目黒)

Bセット(野菜とほうれん草、ジャスミンライス)MADAL(マーダル)

品川区上大崎2-15-2
目黒ビジネスマンション5F (携帯地図

予算:780円くらい〜(昼)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆(野菜)、★★(ほうれん草)
量 :★★★


いつの間にかネパール料理の激戦区となった目黒駅周辺。カトマンズ・ガングリmayaラクシュミーと、それぞれに個性があるけれど、和みやすさでは今回のマーダルが一番かもしれない。年季の入ったエレベーターで5Fに上がると、お座敷スタイルで受け入れてくれるお店だから。

ランチタイムは、カレーやチョウメン(ネパール風焼きそば)、トゥクパ(ネパール風きしめん)などによるセット・メニューがそろっている。例えば僕が注文した「Bセット」(885円)であれば、2種類のカレーに、ナンまたはジャスミン・ライス、サラダ、ドリンク、ヨーグルトが付く。

ダルバート(豆のカレーを含むネパール定食)っぽくしたかった僕は、豆のカレーと野菜のカレーの2種を選んだ。ところが残念なことに豆のカレーは売り切れ。もう一品はほうれん草のカレーにした。ナンとライスの選択肢はもちろんジャスミン・ライスで。

お座敷スタイルのため、胡座(あぐら)をかいてゆったりとカレーを待てる。これ、実際にやってみるとなかなかいい気分だ。特に夜にお酒を飲みながらが心地いいだろうなぁ…などと考えていたら、セットが到着した。続きを読む
posted by たあぼう at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 品川区

2007年01月11日

おすすめその445 京橋屋カレー(京橋・銀座一丁目)

ツインカレー(やさしい野菜カレーとキーマカレー)京橋屋カレー

中央区京橋3-4-3 千成ビル2F
携帯地図

Tel:03-5203-2810

予算:1050円〜
味 :★★★★☆
辛さ:★★(野菜)、★★★(キーマ)
量 :★★★


半年ほど前に、みうみうさん教えていただいていたカレー屋さん。今回ようやく訪れることができた。

警察博物館の向かいの路地裏と言っても良さそうな通りに入り、首都高に沿って進む。ほどなくすると、右手に暖簾(のれん)のかかった和風なお店が見付かる。そこが京橋屋カレーだ。裏口かと不安になる階段にも臆することなく、2階へと上がっていこう。

扉を開き、店内に足を踏み入れると、芳しいスパイスの香りに包み込まれる。美味しいカレー屋さんに共通するサインだ。席に着く前から期待が高まっていく。

店内はカウンター含めて十数席。こぢんまりとしたものだけど、お客さんは僕以外にもう一人だけだった。このため、テーブル席に座らせてもらい、のんびりとメニューを眺める。ふむふむ、野菜、宮崎豚を使ったキーマ、大根に、2種類のチキンですか。

この中から僕は、野菜――お店の正式名称は「やさしい野菜カレー」――と、キーマの2種類を選択した。「ツインカレー」(1300円)という名前で2種盛りができるようになっているからだ。

しばらくしてカレーが到着。まるで三色旗のように、野菜、ライス、キーマが美しく盛り付けられている。では早速、野菜からいただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 23:10 | Comment(19) | TrackBack(2) | 〃(日本橋/八重洲/京橋)

2007年01月10日

おすすめその444 カイバル(銀座一丁目・宝町)

マトン・ラダカイバル

中央区銀座1-14-6 銀座一丁目ビル1F
携帯地図

Tel:03-5159-7610

予算:2000円くらい〜(夜)
味 :★★★★
辛さ:★★☆
量 :★★★


昨年11月にオープンしたグルガオンダバ インディアの姉妹店。パキスタン・アフガニスタン国境近くの峠の名前を冠しているだけあって、タンドールを生かしたムスリム系のインド料理が充実している。

店内は中東のバザールをイメージしたつくりという。なるほど、ウズベキスタンやイランで見かけたそれに似ている。飾り気は控えめながら、決して殺風景ではなく、むしろ神秘的な印象さえ受ける。

今回はシノギの仲間と訪れたため、カレーの前にアラカルトも頼んだ。仲間の要望を取り入れつつ注文したのは、前菜が野菜とパニール(チーズ)の焼きものと、チキン・アフガニ(カシューナッツ・ペーストを加えたタンドール・チキン)。カレーは「マトン・ラダ」(角切りマトンのカレー、1380円)を選択。さらにビリヤニ(インド風炊き込みご飯)も注文した。

シラー種のワインをちびちびと飲んでいる合間に、料理が続々とやってきた。先陣を切った野菜とパニールの焼きものは、生のコリアンダーをはじめとする香辛料の爽やかな香りが印象的だった。チキン・アフガニは期待通りのおだやかな甘み。うん、他の姉妹店と同じように安心して食べられるようだ。

そして、お待ちかねのマトン・ラダとビリヤニのご到着。ビリヤニはライタ(ヨーグルト)付きなのね。ナンの代わりに頼んだ無発酵薄焼きパンのルーマリ・ロティにマトンを包みながら、まずは一口。続きを読む
posted by たあぼう at 00:47 | Comment(12) | TrackBack(2) | 中央区(銀座1〜4/銀座西)

2007年01月07日

おまけ埼玉2 Jam3281(ふじみ野市:ふじみ野)

チーズカレーJam3281

ふじみ野市うれし野2-5-18 鈴木ビル2F
携帯地図

Tel:049-264-3099

予算:1150円〜
味 :★★★★
辛さ:★★(中辛)
量 :★★★


池袋から東武東上線の急行で約26分。アウトレット・モールの「RISM」がある、ふじみ野までやってきた。亥年に引っかけて、イノシシの骨でとったスープを加えたカレーを出しているJam3281に訪れようと思ったからだ。

Jam3281の店主である瀬谷さんは、半蔵門のプティフ・ア・ラ・カンパーニュで修行。独立後、お母様の故郷の宮崎でお店を開く準備していたところで、イノシシの骨という食材に出会う。これを活用して「Jamカレー」を完成させ、晴れて最初のお店を3281番地で開いた。現在の店名にも3281が付いているのは、初心を忘れまいという思いがあるそうだ。

さて、メニューはやはりプティフ〜と似ており、ビーフ、チキン、ポーク、シーフード、チーズといった面々が並ぶ。僕は「チーズカレー」(1150円)を注文した。ランチタイムの場合は、ボンディ系欧風カレーの王道であるジャガイモと、お水代わりの紅茶がセットになっていた。

店内はシックな茶系統でまとまっていて、プティフ〜をしのぐオシャレっぷり。瀬谷さんがサンフランシスコで出会ったアイリッシュ・パブに影響を受けているそうだ。その雰囲気も手伝ってか、RISMの買い物客や、近隣の高層マンションに住んでいそうな方々で混雑していた。

注文を取ってもらうまでにかなり時間を要したものの、その後の応対はなかなかスピーディ。ほどなくしてアツアツの容器に盛られてカレーがやってきた。続きを読む
posted by たあぼう at 14:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 埼玉

2007年01月06日

おまけ大阪3 カサ・デューク(大阪市:本町)

ビーフカレーカレー屋本舗 カサ・デューク

大阪市中央区本町3丁目2-1携帯地図

Tel:06-6281-8494

予算:750円〜1000円くらい
味 :★★★☆
辛さ:★★★★
量 :★★★


「いい顔しているなあ」

お店の壁面に、カレーライスを食べる人たちの表情を収めた写真がいくつも掛かっている。老若男女がそろい、日本人ばかりか黒人さんの姿も。どの顔からも、心から一皿を楽しんでいる様子が伝わってくる。

これらの写真のおかげで、注文する前からうきうきしてくるこちらは、カサ・デューク。広告カメラマンであるご主人のカレー好きが高じて開いたお店だそう。なるほど、写真が上手なのも当然だね。

野菜やチキン、ビーフ、カツなど、具によって多様なメニューになっている。僕は「ビーフカレー」(800円)を、ライスの分量Mサイズで注文した。SサイズにしてもLサイズにしても、あるいはそれ以上にしても値段は同じなので、おなかの都合に応じて選ぼう。

しばらく待つと、厨房からソース・ポットを抱えて奥様がこちらにいらした。見た目から、「欧風カレーなのかな」と思ったが、カレー・ソースをすくってみるとサラサラ。なかなか不思議だ。さて、どんなお味でしょうか?続きを読む
posted by たあぼう at 12:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 関西

2007年01月01日

あけましておめでとうございます(年間閲覧ベスト10)

あけましておめでとうございます。

昨年読んでくださった方、ありがとうございました。Google Analyticsによると、1年間のページビュー(PV)は175万2298となりました。今年も気が向いたらごらんいただければ幸いです。


ひとまず、昨年1年間で良く読まれたお店をランキングにしてみました。長期間で見るとやはり定番の人気店が上位に入ってきますね〜。

1.おすすめその56 グルガオン(銀座一丁目)15938PV

毎月コンスタントに見ていただきました。検索でヒットしやすかったんでしょう。ハリドワールに代わる姉妹店もできたようですし、今後も安定した人気が続くのでしょうね。

2.おすすめその115 カリー・バー ヘンドリクス(千駄ヶ谷・国立競技場)14326PV

1月に「王様のブランチ」、11月に「HEY! HEY! HEY!」で取り上げられたお店です。テレビの力はすごいですね〜。

3.おすすめその17 エチオピア(神保町・御茶ノ水)13057PV

クローブの香り芳しい人気店。幅広く評価を集めているのでしょう。

4.おすすめその33 ダバ インディア(京橋・東京)

5.おすすめその71 カレー食堂「心」(渋谷)

6.おすすめその91 ボンディ(神保町)

7.おすすめその78 キッチン南海(神保町)

8.おすすめその96 デリー(湯島・上野広小路・上野御徒町)

9.おすすめその18 SPICE cafe(押上)

10.おすすめその57 マジックスパイス(下北沢)
タグ:カレー
posted by たあぼう at 01:04 | Comment(10) | TrackBack(2) | カレー関連ランキング

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。