2009年01月30日

おすすめその660 カフェラグラス(小平)

ナンセット(のはずが、ナンが売り切れていたためにライスに)カフェ ラグラス

小平市美園町1-24-14携帯地図

Tel:042-344-7199

予算:1000円〜1100円(カレー)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


小平駅から多摩湖自転車道を花小金井の方向に歩むとほどなくして、あじさい公園と、その手前にロッジ風の建物が目に入る。それがカフェラグラス。春から夏ごろであれば、緑に囲まれたアプローチに心が和むことだろう。

カフェラグラスは地元とのつながりを大切にしたお店である。例えば生活者クラブ(生協の一種)で調達する地元産の野菜などを使った料理を提供しており、切り盛りする店員さんも近隣にお住まいの奥様たちが中心だ。

カフェラグラスの入口付近同店に僕が訪れた目的はもちろんカレーだ。20種類のスパイスを混ぜ合わせて作るという「本格インドカレー」と「なすとひき肉のカレー」がお店の名物の一つになっている。これら2種類のカレーをハーフ&ハーフで、ナンと一緒に楽しめる「ナンセット」(1100円)もある。

タンドール釜はなさそうなので、本格的なナンは出てこないだろう。でもカレーは2種類味わいたいな。ということで僕はナンセットを注文した。すると「ナンが売り切れてしまいまして…」とのこと。「それじゃ、ライスでハーフ&ハーフはできますか?」と尋ねると、快諾いただいた。かえって良かったかも(^-^)

注文を待つ間に店内を見てみようか。外観と同様にロッジ風の内装になっている。テーブルなどから木のぬくもりを感じ取れる。また、開放的な窓からは、緑が…といいたいところだけど、冬場だから見られない。失敗だ(-_-;)

などと言ってたら、カレーがやってきた。盛り付けが綺麗だね。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | 小平・西東京

2009年01月28日

中目黒のカレー屋さんマップ

※パソコン向けです。携帯ブラウザでごらんの方、申し訳ありません。
posted by たあぼう at 00:00 | Comment(0) | 主要エリアの地図

2009年01月27日

カレーの達人・小野員裕さんがオールアバウトのガイドに!

僕がたびたびお世話になっているカレーの先輩といえば、小野員裕さん(元・横濱カレーミュージアム名誉館長)。その小野さんがオールアバウトのガイドに就任されました。テーマはB級グルメだそうです。カレーだけでなく、小野さんが得意とする様々なB級グルメを紹介されるんですね。

1月20日の記事では早速、京橋屋カレーを取り上げていらっしゃいます。僕も大好きなカレー屋さんの一つです(ご参考:拙ブログの記事のリンク)。

これからのご活躍を期待していま〜す(^-^)
タグ:小野員裕
posted by たあぼう at 00:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | カレー談義

2009年01月26日

おすすめその659 アンティロミィ(中目黒)

ビーフ焼きカリー(佐賀産和牛使用)アンティロミィ

目黒区青葉台1-17-2 青葉台117ビル2F
携帯地図

Tel:03-5728-2318

予算:980円〜3300円
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★☆


1月25日にオープンしたばかりの、国産食材を使った焼きカレーなどを有田焼の器で食べられるカレー屋さん。ブログ「清華のてきと〜にがんばろう」を綴っていらっしゃる歌手・峯尾清華さんに開店日を教えていただきました。ありがとうございます!

ところで、なぜカレーと有田焼なんだろう? 実はアンティロミィは佐賀県・有田町で営業する「創ギャラリーおおた」の姉妹店だそう。同店が28種類のスパイスを混ぜ合わせて作った「有田焼カレー」が、「ギャル曽根が食べまくって決める 全国47都道府県 激うま駅弁ランキン」の1位を獲得するなど、各種メディアに登場。晴れて東京進出を果たしたわけだ。

アンティロミィ店内店内は白系と黒系ですっきりとまとまっていて、カレー屋さんというよりもスタイリッシュなカフェのような雰囲気。案内された席に着くと、有田焼の紋様を模したらしき表紙が印象的なメニューを手渡される。ふむふむ、カレーのベースが1種類で、具の組み合わせと、普通のカレーか焼きカレーにするかでバリエーションを持たせているようだ。

ただし、この日はオープンしたばかりという事情もあって、具の選択肢がビーフかチキンかシーフードに限られるとのことだった。本来は野菜、卵などを組み合わせたカレーも用意している。

さて、どうしたものかと悩んでいたらコース・メニューが目に入った。カレー、サラダ、デザート盛り合わせ、ドリンクなどが付いて2500円〜。ちょいと高いけれど、せっかくだから試してみますか。そんな気分になった僕は「焼きカリーコース」(2800円)を注文した。佐賀産和牛と組み合わせたメニューだそうだ。

しばらく待つと、美しい有田焼の器に盛られて焼きカレーがやってきた。店員さんから「熱いですから器には触らないでくださいね」と注意される。その言葉を3秒で忘れてしまった僕は、写真の見栄えを良くしようと器の位置をずらそうと触った。ぐうわっちっちっちぃ(x_x)続きを読む
posted by たあぼう at 00:10 | Comment(6) | TrackBack(2) | 目黒区

2009年01月25日

【記事1000本目記念?】小説家・朝比奈あすかさんとダルマサーガラへ

ランチミールス拙ブログの記事数、今回の記事で1000本目なのだそうです。訪問したお店一覧なども含む数ですが、「ともかく膨大な数を綴ったなあ」と勝手にしみじみしてしまいました。長らくお読みくださっているあなたに、お礼申し上げます。自分一人だったら、せいぜい200軒ほどで終了していたことでしょう。

その1000本目の記事に当たったお店は、東銀座の南インド料理店であるダルマサーガラです。ご同行くださったのは、小説家の朝比奈あすかさん。2006年、村上春樹/村上龍の「ダブル村上」らを輩出した講談社の「群像新人文学賞」を「憂鬱なハスビーン」で受賞された方です(ご参考:読売新聞の記事)。

僕とは学生時代の友人ですが、ご主人と渡米されて以降は接点がありませんでした。それが最近になって、拙ブログ経由で連絡を取ってくださりました。ブログってこんな時にも役に立つんですね。ありがたや。


朝比奈さんは昨年、「声を聴かせて」という単行本を出されました。テーマは母親となった女性であれば一度は悩むであろう子供との関係性です。甘ちゃんの僕は「女性の内面って怖い…」などと冷や汗をかいてしまうほどの迫真、いや真実以上のリアリティがありました。友人の作品というひいき目を除いても、親子関係に思うところのある方にご覧いただきたい傑作だと思います。

■ランチタイムは南インドの定食形式

さて、ダルマサーガラの話に戻りますか。同店の平日のランチタイムは南インドの定食であるミールスが主体です。「平日ランチミールス」(1200円)を注文しました。カレーは1種類またはハーフサイズを2種類選べます。僕は「マトン」と「サンバル」(野菜と豆のカレー)を注文しました。

朝比奈さんは学生時代、神保町でアルバイトしていたそう。なのでカレーはばっちりなのですが、南インド系は初めてとのこと。さて、喜んでいただけるでしょうか??続きを読む
posted by たあぼう at 22:00 | Comment(12) | TrackBack(0) | 中央区(銀座1〜4/銀座西)

2009年01月17日

おすすめその658 華麗工房AIAI(千歳烏山)

季節の野菜カレー手作りカレー華麗工房AIAI

世田谷区南烏山5-15-8 2F (携帯地図

Tel:03-3307-0080

予算:680円〜(昼)、750円〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


AIAIは千歳烏山駅の東口を出てすぐ、ビルの2Fにあるカレー屋さんだ。入口まではお手頃なカレースタンド然としているのに、店内は意外にもこざっぱりとした雰囲気。カジュアルな洋食屋さんという風情だ。

名物は手鍋に盛られたアツアツのカレー。その名も「キャセロールカレー」である。日本的なカレーを様々な具と組み合わせて楽しめる。さらに最近はネパール人のシェフがスタッフに加わっており、ネパール料理も相応にそろえる。例えばアチャール(漬け物)でアルコ(じゃがいも)とムラコ(大根)がある。

ネパール料理も魅力的だけど、今回はキャセロールカレーにしよう。そう考えた僕はその中から「季節野菜のカレー」(800円)を選んだ。さらにサラダ、ソフトドリンク、デザートが付くセット(500円)を注文した。

先にやってきたサラダを食べ、トマトジュースを飲んでいたら、なにやらシュワシュワーッという音が聞こえてきた。音のする方向を見たら、おお来ましたよ来ましたよ。手鍋から湯気を立てているカレーが。続きを読む
posted by たあぼう at 23:32 | Comment(13) | TrackBack(0) | 世田谷区

2009年01月14日

秋葉原・神田・御茶ノ水のカレー屋さんマップ

※パソコン向けです。携帯ブラウザでごらんの方、申し訳ありません。
posted by たあぼう at 00:00 | Comment(4) | 主要エリアの地図

2009年01月13日

おすすめその657 AGARY(広尾)

チェンマイ風ココナッツカレーヌードルAGARY

港区南麻布5-15-25携帯地図

Tel:03-5447-2610

予算:2000円くらい〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★☆


僕と同じヤクザな稼業とは信じられないほど、上質なライフスタイルが似合うシノギの同僚がいる。グルメさんなので時々お店に連れていってもらうのだけど、その多くは広尾や西麻布にあるお店。選ぶ場所から上質感が漂う(笑)

今回取り上げたAGARYも、グルメさんが紹介してくれた一店だ。高い天井に、モダンな東南アジア風味の家具やテーブルが並ぶ。その雰囲気のとおりアジアンダイニングをうたっており、東南アジア系の料理を幅広くそろえる。

カレーはタイ系が主体だな…とメニューを眺めていたら、少しマニアックなものが目に入った。「チェンマイ風ココナッツカレーヌードル」(950円)である。現地でカオソーイ、カウソイなどと呼ばれる料理だ。タイ料理店ではともかく、オサレなダイニング系では珍しいだろうから、これにしようか。

ガドガドヌードルが来るまでは、グルメさんとビールを飲みつつ、ガドガド(インドネシア風温野菜サラダ、950円)をいただいて待つ。気のいいグルメさんはどこでも人気者。ここでもオーナーさんが挨拶にいらした。見習いたいものです。

…などとガドガドを頬張りながら考えていたら、見た目にも豪快なカオソーイがやってきましたよ。食べ応えがありそうだ。続きを読む
posted by たあぼう at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 〃(六本木/西麻布)

2009年01月12日

おすすめその656 ミラン(東高円寺)

Aセット(アンダーパニールドピアザ)MILAN(ミラン)杉並店

杉並区和田3-54-9携帯地図

Tel:03-3311-7518

予算:1200円くらい〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★(アンダーパニールドピアザ)
量 :★★★☆


5年以上前の東高円寺は、カレーが食べられるお店が限られた。しかし現在はありがたくも、駅周辺に数軒のインド・ネパール料理店を見つけられる。青梅街道沿いから環七通りにぶつかる手前にあるミランも、最近できたお店の一つだ。

この東高円寺のお店は2号店に当たり、1号店は中野にある。インド・ネパール料理を掲げているものの、残念ながら2号店にはネパールらしいメニューは見当たらない。ただし、北インド系のカレーの選択肢は割と豊富なので、インドカレーを食べる気持ちで訪れよう。

ディナータイムでお手頃なのは「Aセット」(1500円)というメニューだ。好みのカレー1種類に、ナンとミニライス、タンドリーチキン、サラダ、さらにソフトドリンクも付く。一人で味わう場合は、これで十分に満足できそうだよね。

かくいう僕はAセットを注文し、カレーは「アンダーパニールドピアザ」(卵とチーズとタマネギのカレー)を選択。またドリンクはマンゴラッシーをくださいと告げた。

店員さんは手際よくマンゴラッシーを運んでくれる。それからさほど待たされることもなく、カレーほか一式がそろってやってきた。おお、お値段からすると大ぶりなタンドリーチキンじゃないですか。食べ応えがありそうだ。続きを読む
posted by たあぼう at 00:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | 杉並区

2009年01月11日

あなたは何のブラウザーをお使いですか?

カレーネタから脱線しますが、たまにはということで、お許しください。

あなたはインターネットに接続する時、ブラウザーは主に何を使っていらっしゃいますか? 世界の傾向はこんな感じなのだそうです(出所:NET APPLICATIONS)。

2008年のグローバルのブラウザシェア


グラフは2008年の平均。Internet Explorer(IE)のシェアが約7割です。一時期、9割を占めていたのと比べると、少し減ってきましたね。

一方の拙ブログ(2009年1月1日〜10日)はというと…続きを読む
posted by たあぼう at 18:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 余談・雑談ほか

2008年ページビュー年間ベスト10

先週は各月で読まれたお店ランキングを掲載しました。今週は2008年の1年間にどれだけ読まれたかのランキングです(Google Analyticsのデータの都合により、残念ながら携帯電話からのアクセスは除外です)。

1.おすすめその534 Curry 草枕(新宿三丁目)

2.おすすめその17 エチオピア(神保町・御茶ノ水・新御茶ノ水)

3.おすすめその515 GINZA kansei(銀座)

4.おすすめその506 おまかせ亭(渋谷)

5.おすすめその33 ダバ インディア(京橋・東京)

6.おすすめその96 デリー(湯島・上野広小路・上野御徒町)

7.おすすめその56 グルガオン(銀座一丁目)

8.おすすめその516 ムンバイ神楽坂店(飯田橋)

9.おすすめその91 ボンディ(神保町)

10.おすすめその129 まめ蔵(吉祥寺)

僕が2007年のマイベストとして紹介したお店のうち、割とアクセスが良いところ(Curry 草枕、GINZA kansei、おまかせ亭、ムンバイ神楽坂店)か、超有名店(エチオピア、デリー、ダバ インディア、グルガオン、ボンディ、まめ蔵)という顔ぶれです。ほかにも良いお店はたくさんあるのですが、年間を通して読まれるとなると、顔ぶれは限られてきてしまいますかね(^_^;)
posted by たあぼう at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | カレー関連ランキング

2009年01月10日

おすすめその655 オレンジスプーン(泉岳寺・白金高輪)

カレーライスOrange spoon(オレンジスプーン)

港区高輪1-5-20携帯地図

Tel:0120-340-745

予算:900円(昼)
味 :★★★(カレー)
辛さ:★★☆
量 :★★★


有機栽培米を土鍋で炊きあげる――。そんな昔ながらの、でも現代の都会では貴重なおいしいご飯を楽しませてくれるカフェダイニング。それが伊皿子坂の頂上付近にあるオレンジスプーンである。ランチタイムは近隣にお住まいとおぼしきマダムたちで賑わう。

メニューには吟味した素材を使った和食系のごはんものが多く並ぶ。一見すると何気ない料理が多いものの、だからこそ素材の良さが分かりやすく伝わるんだろう。名物は冒頭で記したように土鍋ご飯だそうだ。

にもかかわらず拙ブログで取り上げるのは、カレーライスも用意しているからだ。お値段は900円なり。サラダや飲み物とセットになっている。

一緒に訪れたシノギの先輩さんは、素直に和食系のメニューを注文していた。先輩さんの目の前に置かれた野菜類は正に盛りだくさん。評判通り良質の素材らしく、見た目にも美しかった。野菜好きの女性なら目を輝かせていたところだろう。

それから少しして、僕のところにカレーライスがやってきた。一緒においしそうなサラダが盛られているな。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 〃(白金台/白金高輪)

2009年01月09日

おすすめその654 Farmer's Cafe(明治神宮前・表参道)

カレーランチFarmer's Cafe(ファーマーズカフェ)

渋谷区神宮前5-11-1携帯地図

Tel:03-5766-5875

予算:1155円
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★☆


同潤会アパート(現・表参道ヒルズ付近)で営業していた雑貨屋さん「Farmer's Table」。現在の場所に移転してから、1FでFarmer's Tableの食器類を使ったカフェを営業している。それがFarmer's Cafeだ。

同店のお昼時は、近隣の洗練されたなお店を訪問するお客さんや店員さんらしき人たちで賑わっている。おいしいパンやスープなどが特徴のプレート形式のランチが、女性に人気だからだろう。

実は、このプレート・ランチの選択肢の一つがカレーである。オサレ女子がいっぱいの中に、おじさんの僕が踏み入れたのはこのためだ。ちなみにお値段は、食後のドリンク付きで1155円。立地を考慮すればリーズナブルといえる。

サラダ先客がたくさんいたため、カレーがやってくるまでにはちょいと時間がかかる。もっとも、僕の後に訪れたお客さんは満席だったため、2Fの雑貨屋さんでお待ちくださいと言われていた。すぐに座れただけでも運が良かったようだ。

しばらく待つと盛りつけの美しいサラダが到着。これをいただき、さらにもう少しだけ待つと、お待ちかねのカレーとライスがやってくる。ミニサイズのデザートが一緒に付いてくるあたり、女子から評価されるんだろうな。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 〃(原宿/代々木/千駄ヶ谷)

2009年01月08日

おまけ神奈川11 味奈登庵(横浜:馬車道)

富士山もりそば処 味奈登庵 本町店

横浜市中区本町6-54携帯地図

Tel:045-201-7653

予算:450円
味 :★★★☆
辛さ:★★
量 :★★★


縁起の良い初夢と言えば「一富士二鷹三茄子」。残念ながら見られなかったから、せめてお手軽に“富士山”を眺めにいきますか。

そんな安易な理由で訪れたのが、横浜近辺のおそば屋さんチェーンの味奈登庵。もりそばで富士山を見せてくれるお店として有名だ。というわけで今回は特別にカレーではなく「富士山もり」(500円)の写真から入らせていただいた。豪快な盛り具合に、僕はほれぼれしてしまった。

カレー南蛮しかし、富士山だけを紹介するようではカレー屋さん紹介ブログの名折れだ。友人の富士山もりの注文を脇目に、僕としては「カレー南蛮」(450円)を注文せざるを得なかった。

本町店は前払い、セルフサービス方式。このため注文を終えて会計を済ませたら番号札を手渡される。適当な席を確保して待っていれば、しばらくして呼び出しがかかるはずだ。

「2番の方〜」

お、僕らの番がきましたね。カウンターに受け取りに行くと、そこにはいかにもカレー南蛮らしいカレー南蛮、それに富士山が待っていた。さてさて、いただくとしますか。続きを読む
posted by たあぼう at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 神奈川

2009年01月02日

月別ページビュー・ランキング

2008年に紹介したカレー屋さんのうち、各月で最もページビューが高かったお店を再び紹介させていただきます。

1月:マントラ(北インド/上野・上野御徒町・上野広小路)
初訪問で裏メニューのビリヤニ(インド風ピラフ)を体験できました。

2月:グレイトカルカッタ(南インド/赤羽)
最近になってドーサ(南インドのお米のクレープ)が食べられるようになったお店として、注目が集まったようです。

3月:燕楽(カツカレー/御成門・大門)
とんかつ屋さんのカツカレーは根強い人気がありますね〜。僕が開拓不足の領域です。

4月:レストラン吾妻(欧風カレー/吾妻橋)
600軒めに選んだお店。5000円は高いけれど、多くの方に一度は味わってほしいカレーライスです。

5月:ロッキー(ドライカレー/中野坂上)
中野坂上では貴重なカレー屋さんです。土日休業のため、僕には結構な難所でした(^_^;)

6月:リトルスパイス(インド風カレー/吉祥寺)
営業時間の短さにずっと泣かされてきたカレー屋さん。ブログを始めてから3年越しでようやく訪問がかないました。

7月:セブンズハウス(欧風カレー/神保町)
国立大学出身者の御用達・学士会館内のパブです。雰囲気がいいです。

8月:モンタンベール(欧風カレー/恵比寿)
恵比寿にできた欧風カレーの実力店。5月に拙ブログで紹介した時はさほど注目されませんでしたが、8月にテレビや雑誌に連続紹介。その威力はさすがでした。

9月:Cafe de MoMo(インド風カレー/牛込柳町・曙橋)
原宿の「GHEE」「ファンシード」のカレーがここに復活! 「ワールドワイドカフェ」のOchiさんと訪問しました。

10月:グリルマッシュ(欧風カレー/恵比寿)
名物「大人の極上ハンバーグ」とともにいただく、キリッとした欧風カレー。おいしかったです。

11月:BAR Village Wood(インド風カレー/新橋・内幸町)
スパイスが利いた本格的なインド風カレーを楽しめるバー。辛党のあなたにおすすめです。

12月:ア・ヴォートル・サンテ・エンドー(欧風カレー/東銀座)
食い道をゆく」のヒロキエさんに連れて行っていただいたお店。ヒロキエさんのサイトから多数の方がいらっしゃいました。続きを読む
posted by たあぼう at 23:34 | Comment(5) | TrackBack(0) | カレー関連ランキング

2009年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

昨年は東京ウォーカーさんのムックのお手伝いをしたり、BSデジタル放送の番組に出演したりと、良い経験をさせていただきました。私の事情で成立しなかったものの、ほかにも魅力的な提案をいただきました。

また、ブログのおかげで今まで接点がなかった方と交流する機会や、長らく音信不通だった友人と再会する契機がありました。もちろん、ブログを読んでくださっている方、コメントを寄せてくださる方がいらっしゃることも、励みになっています。ありがとうございます。

■ブログ5年目。環境がずいぶん変わりしたね(^_^;)

さて、拙ブログを始めてから5年目に突入しました。この間、取り巻く環境がずいぶん変わってきたと感じています。大きく、カレー屋さんを紹介するメディアの様相と、ブログを含むネット環境についての二つの側面があります。続きを読む
posted by たあぼう at 16:07 | Comment(16) | TrackBack(0) | 余談・雑談ほか

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。