2009年08月28日

おまけ神奈川15 サンライズ(横浜市:新横浜)

レギュラーランチ(野菜カレーとサフランライス)Ethnical dining Sunrise(サンライズ)

横浜市港北区新横浜3-16-15
SKビル新横浜3F (携帯地図

Tel:045-475-3532

予算:850円〜1250円(昼)
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★


へええ、新横浜ってこんなに開けているんだ!

新横浜駅北口の整然とした街並みを眺めた僕は、失礼ながら驚いてしまった。これまでなぜん僕の新横浜での用事は、およそ開けていると言い難い篠原口ばかりだった。それと比べると、見事なギャップだこと。

さて、そんな綺麗な新横浜駅の北口を歩くこと6〜7分、横浜アリーナ近くの雑居ビルの3階に入っているインド料理店「サンライズ」にやってきた。平日のお昼時だけあって、数十席ある店内は近隣にお勤めの方々で賑わっていた。

僕は入口近くに席を確保すると早速メニューを眺める。ランチはセットが中心だな。最も安い「レギュラーランチ」は850円。カレー1種、ナンまたはライス、サラダ、ドリンクが付くタイプだ。

ほかにグリルが付くセットや、カレーを2種類選べるものもあった。お腹の空き具合と相談して、今回はレギュラーランチを注文した。カレーは野菜カレーを選び、これにサフランライスを組み合わせてみた。周囲を見ると、ほかのお客さんはほとんどナンを注文している様子だ。

注文を終え、ほどなくするとサラダが到着する。それを食べ終わる頃には白い器になみなみと盛られたカレーと、同様にボリューム感のある盛り付けのライスもやってくる。サフラン色は心なし薄目かな(^_^;)続きを読む
posted by たあぼう at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 神奈川

2009年08月26日

5周年

本日、拙ブログが5周年を迎えました。

中村屋ボンディデリーナイルレストラン夢民といった大御所以外にも、おいしいカレーが食べられるお店はいっぱいあるんだよ。当初はそんな気持ちを込めて勢いで綴っていたブログでした。

しばらくすると、当初の持ちネタの約300軒がほぼ尽きました。ところが様々な方に教えていただいたり、全く知らなかった街に出向いたりしているうちに、都内のカレー屋さんは700軒になってしまいました。東京以外のお店もまもなく100軒に到達します。「CDET」のcurryvaderさんのように、上には上がいらっしゃいますが、我ながらよく回ったなと呆れてしまいます(^_^;)

この5年間を振り返って強く実感するのは、カレーもののブログが充実したなあということです。量的だけでなく質的にも。僕が始めた頃は、そもそもブログの数が少なく、それに僕は「毎日カレーとタイ料理」のエスニカンさんを存じ上げませんでした。だから「ネット界隈なら知識量で一番になれるかも」などと思い上がり気味だった気がします(汗)

それが今やどうでしょう。

資生堂パーラーの1万円カレーを味わった方が続出し(例えば「カレー侍」のsamuraiさんや「ピエールの東京カレー紹介」のピエールさん)、南インド料理の醍醐味を語れる方が何人もいる有様で、カレーリーフを育てているUSHIZOさんのような方がいらっしゃる。そうそう、可搬性のあるタンドールを開発した、はぴいさんも凄いです。

僕には信じがたい辛さ耐性の方々(辛党さんやかりんさん)や、僕よりもだいぶ若い世代ながら知識が豊富な方々が増えてきました(例えばたいめいさんやこすけさん)。ほかにも、カバーエリアが全国にわたる元・野狐禅のはまのさん、プレゼンテーションの上手な、ゴージャスカレー姉妹さんなど、本当にバラエティに富んでいます。

カレー以外の特定の料理に絞ったブログと比べると、カレーもののブログは知識量の平均水準やブログの幅広さは一段上なんじゃないかなあ、と思うわけです。事細かに観察したわけではありませんが。

-----

さて、自分の今後についてですが、量的拡大はもういいのかなと思うこの頃です。もちろん、気に入ったお店があれば随時紹介するつもりです。ただそれが仮に800、900に到達したとしても、読んでくださる方に驚きを与えられる要素は少ないかな。ある程度、役割を果たしたかなと思うわけです。

このため、今までの路線からはかなり脱線するかもしれません。結果、ご期待を裏切ることになる可能性も十分にあります。それでも、おつきあいいただけるようでしたら、今後ともよろしくお願いいたします。
posted by たあぼう at 23:52 | Comment(21) | TrackBack(0) | 余談・雑談ほか

2009年08月23日

おまけ千葉3 インディー28本店(松戸市:小金城趾)

ビーフカレーインディー28本店

千葉県松戸市大金平3-206-2携帯地図

Tel:047-343-0996

予算:650円〜1200円くらい
味 :★★★★
辛さ:★★☆
量 :★★★


生まれて初めて流山電鉄に乗った。目指すは小金城趾駅からすぐ近くにあるカレー屋さんのインディー28本店である。稲毛のシバのエントリーを記したところ、読者のにつつるおさんに教えていただいた。

いかにもローカル線らしい可愛らしい列車に乗り、のどかな小金城趾駅を下りると、右手に幟が見えるため迷う心配はなかった。お店の内外とも昔から続いている喫茶店といった風情だ。

適当な席に着いた僕は壁に掛かったメニューを眺める。どうやらカレーは大きく2系統あるようだ。標準的なものと、お店が言うところの「デラックスカレー」というのがある。前者は650円からとリーズナブルなのに対し、後者は1000円以上。

その値段に気合いを感じた僕はデラックスの一つ「ビーフカレー」(1150円)を注文してみた。詳しくは後ほど。お店の方曰く、カレーもライスもモノが違うとのこと。それは期待できそうだ。

ところで、なぜインディー28なんだろう? 鉄人28号にでも影響されたのかな? などと注文を待つ合間にしょうもないことを考えていたら、お店の壁の説明書きに、スパイスやハーブ類を28種類混ぜ合わせて作っているとある。さらに下準備も28時間かけているそうで。これは失礼しました。脱帽です。

さて、そんなところにお目当てのカレーがやってきた。いただきます!続きを読む
posted by たあぼう at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉

2009年08月22日

ちょっとした記念日に訪れたいカレー屋さん

拙ブログでは「デートの時に使ってみたいカレー屋さん」という一覧を用意しており、相応にご覧いただいています。更新しない間にデートに利用できそうだな、というお店がかなり増えてしまったため、カジュアル向きのお店と、もう少し気張った「ライトな」記念日向きのお店に分けることにしました。

以下にまとめたのは、後者の気張ったラインです。カレーがおいしいのはもちろん、食材が豪華だったり、内装が洗練されていたり、接客が素晴らしかったり、何かしらの贅沢気分を味える特徴を備えたお店ばかりを集めてみました。

レストラン大宮(浅草)

京橋ドンピエール(京橋・宝町)

トマト(荻窪)

レストラン香味屋(入谷・鶯谷)ひらめき

シターラ(表参道)ひらめき

嶮暮帰(六本木・広尾・乃木坂)

資生堂パーラー(新橋・銀座・東銀座)ひらめき

芳味亭(人形町)

グリル満天星(麻布十番)

オリガミ(溜池山王・国会議事堂前)

マンゴツリー東京(東京・二重橋前)

アショカ(有楽町・銀座・銀座一丁目)

小川軒(代官山)ひらめき

Cali Cari(東銀座・築地市場)ひらめき

シーズンズ・ビストロ(江戸川橋)

GINZA kansei(銀座)ひらめき

ニルヴァーナ ニューヨーク(六本木・乃木坂)

レストラン吾妻(本所吾妻橋)ひらめき

Dozen Roses(宝町・京橋)

厳選洋食さくらい(上野広小路・上野御徒町・御徒町)ひらめき

津つ井(溜池山王・赤坂・六本木一丁目)

レストランよねむら(銀座)


ひらめきは、とりわけ僕が1回目の訪問時に好印象を持ったお店です。
posted by たあぼう at 12:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | シチュエーション別

2009年08月20日

おまけ香川1 サジュワン キッチン(丸亀市:丸亀)

Bランチ(チキンコルマ、タンドリーチキン、ナン、サラダ)SAJWAN KITCHEN
(サジュワン キッチン)

丸亀市浜町25-1携帯地図

Tel:0877-24-4010

予算:680円〜1250円
味 :★★★(昼)
辛さ:★★
量 :★★★


縁あって香川県丸亀市までやってきた。以前、高松に2回出かけたことがあるけれど、ブログを開始してからは四国は初めて。午後からの用事の前に、丸亀駅前のインド料理店「サジュワン キッチン」に立ち寄った。店名変更などがあったものの、割と長く営業するお店のようだ。

同店のランチは、680円からのお手頃なセットが中心となる。僕はその中から「Bセット」(850円)を選んだ。チキンコルマというカレーに、ナン、サラダ、タンドリーチキン、ドリンクの組み合わせである。

チキンコルマは、一般にナッツを加えたマイルドなチキンカレー。ランチタイムに用意しているお店は珍しいため、興味を駆られた。なぜかB以外のセットでは、カレーの選択肢として入っていなかった。まあ、要望すれば柔軟に応じてくれるんだろうね。

カレーの辛さは1〜50まで可変。お店の方いわく、3で中辛、5で辛口だそうだ。僕が辛さに弱いことに加え、元々がマイルドなカレーであることから、2で注文してみた。

注文を終えた後は、店内を眺める。木のぬくもりを生かした内装で、駅前のお店とは思えないゆったりとした気分に浸れる。先客の主婦らしきおばさま達も、のんびりと会話を楽しんでいらっしゃる。シノギさえなければ、僕もだらだらと過ごしたいくらい。おっと、カレーがやってきましたね。続きを読む
posted by たあぼう at 21:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 四国

2009年08月19日

おまけ埼玉12 ハティ(三芳町:みずほ台)

マラバルフィッシュカレーとサフランライスインド料理ハティ

入間郡三芳町みよし台6-11携帯地図

Tel:049-259-8834

予算:1500円くらい〜
味 :★★★★
辛さ:★★★☆
量 :★★★


「フィッシュヘッドカレーを食べに来ませんか?」

インド料理店のハティには、そんなお誘いを1年以上前にいただいていだ。東武東上線のみずほ台駅から10分ほど歩いたところにある。オーナー交代とシェフ交代が何回かあったものの、この地で20年の営業になるそうだ。立派だよね。

植民地時代のインドの建築物はこんなだったのかな? と思わせるオシャレな建物。重厚な雰囲気の扉を開いて中に入ると、天井が高い開放的な空間が広がっている。壁際には色とりどりのガラスの小物類が飾られている。

そんなデートに良さそうな空間に、残念なことに一人で訪れた僕は、中央の大きなテーブルに案内された。インド系の方が手慣れた様子でメニューを手渡してくれる。さて、シェフがシンガポールに訪れて作るようになったというフィッシュヘッドカレーはあるかな…ないな(^_^;)

と思ったのだけど、実はフィッシュヘッドカレーは2人以上のお客さん向けのメニューだった。考えてみれば魚のお頭を丸ごとでボリュームたっぷりなのだから当然だ。一人客の僕には気を利かせ、不必要なメニューを手渡さなかっただけだった。

気を取り直してメニューを眺める。北インド系のごちそう系カレーが充実しているね。少しだけ南インドのカレーもある。お、好みのカレーを選んで、ナンまたはライスと、サラダ、ドリンクを組み合わせられるセット(700円)があるのか。

僕はこのセットを注文し、カレーは「マラバルフィッシュカレー」(1000円)を選んだ。その名の通り、南インドのマラバール地方の魚のカレーである。これにお米文化の南インドのカレーだからと、サフランライスを組み合わせた。

もっとも、この魚のカレーとはサフランライスよりも白米の方が相性がよさそう。それでも選んだのは、お店の雰囲気からすると真っ当なサフランを使用していると予想でき、ぜひ味わってみたいと思ったからだ。しばらく待つと、期待どおりの自然な黄色に染まったライスとともに、カレーがやってきた。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 埼玉

2009年08月18日

おまけ埼玉11 ミッシェル(和光市:和光市)

ドライカレーコーヒー&レストラン ミッシェル

和光市中央2-9-21携帯地図

Tel:048-463-4237

予算:500円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★


有楽町線と副都心線の埼玉県側の始発駅である和光市。東京に隣接していて、近隣にはホンダの中核拠点があるような立派な街の割に、こと外食事情に関しては意外と厳しい。駅前にはめぼしいカレー屋さんに出会わなかった。

どうしようかと悩んだ末に、駅から10分あまり歩くと見付かるミッシェルという定食屋さんに飛び込んでみた。お店の入口前に置いてあった立て看板に「カレー」の文字があったからだ。500円という値段に感動と、一抹の不安を覚えつつ。

店内は、いかにも街の手頃な定食屋さんという印象だ。あるいは、一般家庭のダイニングを訪れたような気分になる方もいらっしゃるかもしれない。そう表現したくなるくらいほっとできる空間なのだ。

メニューは、揚げ物などの定食屋さんらしいものが並ぶ。ただし、ご主人は器用な方らしく、パーティー・メニューには「寿司」まで入っていた(^_^;) そして我らがカレーは、通常のカレーライスのほかに「ドライカレー」(680円)があった。よし、ドライカレーにしてみよう。

注文してからしばらくすると、いかにも日本のザ・ドライカレーという見た目の一皿がやってきた。ではでは、いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 11:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 埼玉

2009年08月17日

Yahoo!「今週のオススメ」に掲載いただきました

ヤフー・カテゴリのトップページに掲載あなたはYahoo!の「今週のオススメ」をご覧になったことがありますか? 毎週、様々なテーマに基づいた関連サイトを7件ピックアップして紹介するページです。

今回、8月17日の週のテーマは夏グルメ特集。その一つとして拙ブログを選んでくださりました。夏グルメと言えばカレー、というわけですね。17日はヤフー・カテゴリのトップページでも紹介してくださりました。

今週のオススメを通じて初めてご覧くださったあなた、主に東京のカレーを食べられるお店を紹介しているブログです。それ以外の北海道から九州までの各地、さらにインドやイギリス、フランス、イラン、香港などのお店も90軒ほど紹介しています。良かったら今後ともごひいきにm(_ _)m
タグ:Yahoo!
posted by たあぼう at 10:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 余談・雑談ほか

2009年08月16日

おまけ埼玉10 まざあ・ぐうす(川越市:新河岸)

グランぐうすカレー(ポーク)まざあ・ぐうす

川越市砂新田5-2-23携帯地図

Tel:049-244-2391

予算:850円
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★☆


東武東上線シリーズの難関と僕が考えていたのは、川越駅の一つ手前にある新河岸駅である。他の駅よりも乗降客数がかなり少ないためだ。

ところが幸いなことに、拙ブログをお読みくださっているかとあさんという方からお店を教わっていた。「まざあ・ぐうす」という喫茶店で、駅から15分以上歩く住宅街の中にある。駅前を歩き回るだけでは気付きようがない。ありがとうございます。

マザーグースの名前にふさわしく、良い意味で田舎っぽく、温かくも不思議な雰囲気の店内だ。入口から見て右手の棚に様々な絵本や本が並び、その棚の上には手作りの小物や雑貨がいっぱい。特に小物類が独特の雰囲気を醸し出していて、おとぎの国の世界に迷い込んだかのようだ。

まざあ・ぐうすの店内適当な席に座った僕は、メニューを開いた。なるほど、オリジナルカレーが自慢と聞いてはいたけれど、ずいぶんと沢山の種類を用意しているな。どれを選んだものか迷ってしまうほどだ。しばし悩んだ僕は、お店の名を含んでいる「グラン・ぐうすカレー」に決めた。

これは、木の実、くわい、銀杏、温泉卵、スパイシーキャロット、自家製ピクルスが入ったカレーだ。木の実やクワイがマザーグースのイメージなのかな。さらにトッピングの違いにより、「ポークカレー」と「木の子カレー」の2種類に分かれる。

僕は前者のポークカレーを、ライス軽めで頼んだ。しばらくすると、カレーライスがやってきた。木の実やくわい、スパイシーキャロットなどのおかげで、カレー全体が田園風景のようにも見えるでしょう? いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 11:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 埼玉

2009年08月15日

おまけ埼玉9 シャナナ(朝霞市:朝霞台・北朝霞)

ナンのキーマピザCafe&Bar SHA NA NA(シャナナ)

朝霞市三原1-19-9携帯地図

Tel:048-462-0575

予算:2000円くらい〜
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★☆


ゆるく進行中の「朝の連続テレビ小説『つばさ』の放映期間中に東武東上線の池袋-川越間のカレーが食べられるお店を発掘しよう」企画。都内の駅でも情報の少なさに悩んでいたが、埼玉県の駅では一段と厳しさを増している。ははは(^_^;)

今回はJR武蔵野線の北朝霞駅と乗り換えられる朝霞台駅をターゲットに据えた。駅から10分ほど歩いたところに「シャナナ」というバーがある。ミュージシャンの方にはちょっと知られた存在なのだそうだ。ここでキーマカレーピザが味わえると聞きつけ、喜び勇んで訪ねた。

店内は十数人も入れば満員という雰囲気の、こぢんまりとした空間だ。それでも、楽器を演奏するライブ用のスペースを死守している。ご自身も音楽のセミプロらしきオーナーさんのこだわりなのだろう。

そのこだわりの姿勢は音楽だけでなく、アルコール類にも表れている。多数のバーボン・ウイスキーがそろっているほか、シングルモルトにも「グレンキンチー」のような、都内のバーでさえあまり置いていない銘柄がある。

さらに嬉しいのは、我らがカレーにもオーナーさんのこだわりが向かっていることだ。オリジナルのレシピでキーマカレーを作り、チーズとともにピザに載せたメニューを用意する。特に、通常のピザ生地の代わりに手ごねのナンを使った「ナンのキーマピザ」(800円)は珍しい。

そんなわけで僕は、グレンキンチーを注文してちびちび飲みながら、ナンのキーマピザの到着を待った。手ごねをするためか、注文の品が来るまでには多少待たされる。もっとも、その分、出来上がったものが目の前に置かれると嬉しさもひとしおだ。続きを読む
posted by たあぼう at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉

2009年08月14日

おまけ愛知7 ラジャ(豊橋市:豊橋・札木)

ルピットカレーRadja(カレーハウス ラジャ)

豊橋市花園町29携帯地図

Tel:0532-53-1705

予算:800円
味 :★★★★
辛さ:★★★☆
量 :★★★


豊橋での一仕事を終えた僕は、豊橋駅までやってきた。新幹線の時刻表を確かめると、あちゃー、次のひかり号までは1時間も待つのか。それじゃあと頭を切り換えて、市街へと繰り出した。

10分あまり歩くと、豊橋で長く営業しているラジャというカレー屋さんのラジャにたどり着いた。インドネシアの南スマトラ州の州都・バレンバン仕込みのカレーを味わえるのだそうだ。

メニューを枕にして眠る猫お店の扉を開くと、入口近くのテーブルの上に猫がいた。より正確に表現すれば、気持ちよさそうに寝入っていた。メニューを枕にして(^_^;) 彼(彼女)を起こさないようにそっと扉を閉めた僕は、空いていた隣の席に座らせてもらう。

早速メニューを見る。おお、多様なカレーがそろっているな。せっかくだからインドネシアっぽいカレーにしようか。そう考えた僕は「ルピットカレー」を選んだ。十数種類のスパイスとニンニクを利かせたカレーとのこと。肉の種類によって値段が異なり、骨付きチキンであれば800円である。

注文してしばらく待つと、濃いめの褐色のカレーがやってきた。見た目はサラサラそうだけど、お味やいかに。続きを読む
posted by たあぼう at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東海

2009年08月13日

おまけ愛知6 デビ インドレストラン(豊橋市:二川)

ベジセットデビ インドレストラン

豊橋市大岩町字北元屋敷28-1携帯地図

Tel:0532-41-1195

予算:880円〜(昼)、1260円〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★☆


北京五輪の男子体操の部門で銀メダリストを獲得した内村航平さんの大好物といえば、チョコ菓子の「ブラックサンダー」である。内村効果で昨年はものすごい売れ行きだったそうだ。

なぜチョコ菓子の話をしたかって? 今回僕が初めて訪れた愛知県豊橋市にブラックサンダーを製造する有楽製菓の工場があると聞いたからだ。カレーとは関係ないけれど、豊橋に関心を抱く目的には、かなり貴重な予備知識となった。

さて、そんな豊橋に着いて僕が最初に訪れたのは、デビ インドレストランというインド料理店。豊橋駅の一駅お隣の、二川駅の近くに構える。知人との待ち合わせ時間までに30分弱の余裕があったため、ここでランチを食べることにした。

僕が選んだのは「ベジセット」(880円)。その名のとおり、野菜カレーやおかず類をひととおり楽しめるメニューである。お店の方はどうもネパールっぽい雰囲気を漂わせているので、ダルバート(ネパール式の定食)風にならないかな、などと密かに期待しつつ。

注文するとすぐに、真っ当なインド風スープが先にやってきた。へええ、ランチのセットでスープが付いてくることは、東京のインド料理店では決して多くはない。コスト・パフォーマンスが良いかも。と、感心しつつ味わっていると、ほどなく一式がお皿に載ってやったきた。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東海

USHIZOさんから小粋なプレゼントをいただきました(感謝)

USHIZOさんがプレゼントしてくださったスプーン

700軒の紹介を終えて一息ついてしばらく更新をさぼっていました。すみません。その間に、「Curry Diary」のUSHIZOさんから小粋なプレゼントをいただいてしまいました。700軒祝いのようです。ありがとうございます!

いただいたプレゼントは、カレー用とチャイ用のスプーンです。金色でキラキラ輝くスプーンに「凄いなぁ」としばし見とれていたら、柄の方になにやら文字が刻んであることに気付きました。

それぞれを読んでみると、カレー用スプーンには "The 700 Curry Shops I recommend"という文章とソースポットのイラスト。チャイ用の方には"http://love-curry.seesaa.net/"。拙ブログのURLですね。微細にわたって凝ったデザインをするのが得意な、USHIZOさんらしさが溢れています。

700軒でプレゼントをいただけるなどとは全く思っておらず、本当に驚きました。嬉しいです。大切にさせていただきますm(_ _)m

The 700 Curry Shops I recommend http://love-curry.seesaa.net/
タグ:スプーン
posted by たあぼう at 00:37 | Comment(4) | TrackBack(1) | 余談・雑談ほか

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。