2009年11月30日

おまけ北海道5 一灯庵サンピアザ店(札幌市:新札幌・新さっぽろ)

オリジナルのベジタブル一灯庵サンピアザ店

札幌市厚別区厚別中央二条5丁目7-2
携帯地図

Tel:011-890-2301

予算:995円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★★(オリジナル中辛)
量 :★★★


シノギのおかげで久々に札幌に出向いた。用件は市の中心部からは少し離れた場所にあるため、新千歳空港から札幌駅まで行かず、新札幌駅で下車。そこから地下鉄東西線に乗り換える合間に、商業ビルのサンピアザに立ち寄った。

お目当ては「一灯庵」というスープカレー店である。以前は名古屋に進出していたこともあるお店のため、札幌のスープカレー事情に詳しいとは言い難い僕も名前を知っていた。

一灯庵の特徴の一つは、ベースとなるスープの種類が豊富なこと。それぞれ「ありがち」「オリジナル」「2002年冬」と、味が想像しにくい名前が付いている(^_^;) 具材も数種類の選択肢があって、いろいろと楽しめるようになっている。

その選択肢の多さに、優柔不断な僕は、頭の中がぐるぐる回ったかのように感じるほど悩んだ。それで結局は最も無難そうな「オリジナル野菜」(1080円)を選んだ。ライスは普通盛りの200gで注文した。

他のスープカレー店と同様に注文を受けてからスープを仕上げるため、やってくるまでには多少時間がかかる。その間はカフェ風のオシャレな店内に置いてある、札幌のトレンドを紹介するタウン誌などを眺めて過ごそう。東京に負けず劣らずオサレなカフェの特集が組まれていた。その多くが自動車必須の立地なのは、札幌ならではだけど。

しばらくカフェ特集を見とれていたら「お待たせしました」と店員さんから声がかかった。おお、できましたか。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

2009年11月25日

おまけ静岡4 グレースカフェ(浜松市:遠州上島)

ヘルシー薬膳カレーGrace Cafe(グレースカフェ)

浜松市中区幸4-20-38携帯地図

Tel:053-474-0700

予算:650円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★☆


このところ妙に浜松に訪れる機会に恵まれている。これまでに「Bija」や「カレー処ヤサカ」という素晴らしいカレー屋さんに訪問しており、今回もどちらかに訪問しよう…と思ったら、両店とも定休日だった。あちゃー。

代替案として、今回のグレースカフェに思い当たった。障害者の自立を支援するNPO法人が営むカフェだそうだ。寄付などの社会貢献に疎い僕だけど、おいしいカレーを食べる代価が支援になるなら歓迎したい。

浜松駅前からバスにしばらく乗って、最寄りのバス停から歩くこと5分ほど。綺麗な洋館風の建物が見つかった。重たそうな扉を開いて中に入ると、店員さんが出迎えてくださった。

適当な席を確保すると、メニューを手渡された。もっとも、僕の注文は「ヘルシー薬膳カレーセット」(900円)で決まっていた。30種類のスパイスをブレンドして作ったカレーライスに、ミニサラダやドリンク、デザートが付くものだ。カレーのほかには、ピラフやジャンバラヤなどもあった。ジャンバラヤは珍しいかな?

注文を終えた後は、少し長めに待つことに。その間に僕は、店内で販売するハーブ類や蜂蜜などを物色した。これらの商品も無農薬を掲げるなど、「安全・安心」「社会貢献」「癒し」などに対する配慮が感じられた。マイナスイオンなど、科学的には怪しいものも一部あったけれど(^_^;)

物色がちょうど一段落したところで、注文を受けたのとは別の店員さん――恐らく障害者の方なのだろう――が一生懸命な姿勢でサラダやカレー、ライスを僕の目の前まで持ってきてくださった。お礼を伝えて、いただくとしよう。続きを読む
posted by たあぼう at 01:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東海

2009年11月24日

おまけ長野1 山小屋(長野市:長野)

野菜カレー中辛(納豆トッピング)カレーショップ山小屋

長野市南長野北石堂町1408携帯地図

Tel:026-224-3139

予算:750円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


1973年のある日。善光寺からほど近くに開店したカレー屋さんのご主人が、何を思ったか冷蔵庫に入っていた納豆をカレーライスに投入した。すると意外と合うじゃないか。気をよくしたご主人が納豆カレーをお店でも出すようになった。

そんなエピソードとともに「元祖納豆カレー」を標榜するお店が、今回取り上げる「カレーショップ山小屋」だ。現在は長野駅から歩いて5分ほど、大通りから一本は行った細道にお店を構える。店名のとおり、山小屋風の建物だった。

カレーショップ山小屋外観中に入って適当な席を確保した僕は、早速メニューを確認する。どうやらベースのカレーソースは1種類らしく、具の種類で幅を持たせているようだ。元祖納豆カレー以外にも「ハンバーグ」や「なす&きのこ」など、馴染みやすい選択肢もあった。

僕は「やさいカレー中辛」(750円)を選び、これに納豆をトッピング(105円)することにした。やはり名物は押さえておきたいからね。

しばらく待って、お目当ての一皿がやってきた。おっと、小さくカットされた野菜がいっぱい入っていそうだね。その頂上には納豆の姿も見える。お味やいかに。続きを読む
posted by たあぼう at 01:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 甲信越

2009年11月23日

おまけ茨城1 スリランカ(つくば市:つくば)

ダールカレーカレーショップ スリランカ

つくば市東新井13-3携帯地図

Tel:029-855-2621

予算:950円〜
味 :★★★★
辛さ:★★★☆
量 :★★★


日本プロゴルフ界屈指の強豪・片山晋呉さんは、実はカレーがお好きらしい。石岡ゴルフ倶楽部(小美玉市)で2006年まで開かれていた「アコムインターナショナル」の開催週は、あるスリランカ料理店に足繁く通っていたという。

今回紹介するつくば市のお店、その名もズバリ「スリランカ」が、その片山晋呉さんお気に入りのスリランカ料理店である。あるムックのインタビューでは「日本一のスリランカ料理と思っている」とまで仰っていた。

興味を駆られた僕は、はるばるつくば市までやってきた。つくば駅から徒歩10分あまりで到着する。ただし、目立つ店構えでなかったため、僕は周辺をうろちょろしてしまった。ようやく見付けて入店すると、スリランカ人の女性店員さんが「単品でもよろしいですか」と尋ねてきた。ありゃ、ランチタイムが終わってしまったか(-_-;)

片山晋呉プロの人形しかたない、単品を注文しよう。単品のカレーは肉系、シーフード系、野菜系とひととおりそろっており、ライスが付いて950円〜1350円という。僕は庶民的な味を試してみたくなったので「ダール(豆)」のカレーを選んだ。お値段は950円なり。

先にやってきたトマトベースのスープをすすりつつ、店内を観察する。いかにもスリランカらしい象の置物のすぐ脇に、テンガロンハットをかぶった人形の姿があった。やっぱり片山晋呉さんお気に入りの店なんだねえ。と感心したところに、湯気が立っていて熱そうなカレーが到着した。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 01:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 群馬・栃木・茨城

2009年11月22日

おまけ神奈川17 ジョルニカフェ玄(横浜市:青葉台)

牛スジ煮込みトマトカレーGiori Cafe Gen(ジョルニカフェ 玄)

横浜市青葉区しらとり台2-73携帯地図

Tel:045-514-7986

予算:800円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


横浜・青葉区周辺は、出身大学の知人友人が多く住んでいる。でも僕の生活圏からは遠いため、僕は滅多に足を踏み入れない(汗) そんな地域に珍しく訪れようと思ったのは、1通のメールが届いたからだった。

「カフェを開きました。お店にご来店いただいたお客様には好評ですが、食べ歩きをされている方が、どう思われるのかご感想をお聞かせいただければと思います」

メールを受け取った時期はあいにく、出身大学の行事で肉体労働をしつつ、さらにシノギでは自分の執筆原稿を抱え、さらに別途5人に執筆をお願いしていた。申し訳ないけれど、いっぱいいっぱいで応対せずに放置。ようやく二つの用事が一段落したところで訪問した。

青葉台駅を出て南へ歩くこと7分ほど。公園下の交差点を右折すると、目的のカフェが見つかった。

店内は白を基調としていて、椅子のクッション部分やメニューの冊子の赤が、良いアクセントとなっている。僕が抱くステレオタイプな「ザ・東急線」のイメージ――マダムがクラシック音楽に聴き入りながらお茶を飲む空間――にぴったりだ。

お店の方にメニューを手渡してもらうと、カレーの文字を探す。お、あったあった。「牛スジ煮込みトマトカレー」(850円)だ。100円で追加できる3種類のトッピングがあったので、その中から「ほうれん草」を選んだ。

店内のプロジェクターが映し出すヨーロッパの美しい街並みとクラシック音楽を堪能しつつ、カレーの到着を待つ。ほどなく、綺麗な器に盛られたカレーライスが、別に注文したお店の名物「アイスミントコーヒー」(480円)とともにやってきた。続きを読む
posted by たあぼう at 00:08 | Comment(8) | TrackBack(0) | 神奈川

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。