2004年11月16日

おすすめその76 プティフ・ア・ラ・カンパーニュ(半蔵門・麹町)

チキンカレープティフ・ア・ラ・カンパーニュ

千代田区一番町8-13携帯地図

Tel:03-3234-4416

予算:1250円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★
量 :★★★


これからシノギでちょいと大変な時期に入るのに、本格的に風邪を引いた。鼻水が止まらないわ、悪寒がするわで困ったもんだ。正直ブログを書いていること自体がしんどい…。

それはさておき、今日は長い名前のお店、プティフ・ア・ラ・カンパーニュである。名前から想像できるように欧風カレーの店。通りからちょっと奥まったところに店を構えているので、隠れ家っぽい。ただし、昼時は外に椅子が並んでいて行列ができているのですぐ分かると思う。

ここは神保町ボンディの流れを汲む。ソース・ポットといい、メイクイーンのジャガイモが一緒に出てくることといい、堅めに炊いたライスといい、ほとんどご本家ボンディそのまんま。だからもちろん味もボンディと同じ。

……と言ったら言い過ぎか。限りなくボンディに似ている。たっぷりとしたコクを感じさせる濃厚なソースで、口に入れると独特の甘みが広がる。ボンディ・ファンにはたまらないはず。

ボンディとの違いは何だろうか。マダムが棲息する番町という土地柄か、本家ボンディよりも内装に凝っていることと、心なしかカレー・ソースにも品が感じられることが特徴じゃなかろうか。でも、後者は僕の気のせいかもしれない。

ついでに言うと、値段もボンディに習っちゃっている。1250円からというのはちょっとしんどい。もう少し安いといいんだけどなぁ。

ビーフカレー

posted by たあぼう at 21:01 | Comment(11) | TrackBack(3) | 〃(麹町/半蔵門/永田町)
この記事へのコメント
風邪には睡眠とビタミンCですよ!
カレーもいいけど、果物や野菜もとってくださいね(>_<)
Posted by ゆか at 2004年11月16日 22:09
ゆかさん

ありがとうございます。
後で果汁100%オレンジジュースと野菜汁100%野菜ジュースを飲んでみます。

ちゃんと野菜取れ>自分
Posted by たあぼう at 2004年11月17日 12:36
はじめまして!
「ビストロ喜楽亭」でトラバさせて頂きました!

このプティフ、以前の職場が近かったので、
割と良くランチに行っていました。
結構人気があって、外のベンチで並んだり、
ポークが好きで、よく頼んだなあなどと懐かしくなりました。
ボンディというお店の系列(?)なのですね。
機会があったら神保町にも行ってみようかな。
Posted by katayori at 2004年11月18日 20:48
katayoriさん

コメントとビストロ喜楽亭へのトラックバック
ありがとうございます!

なんでも、ボンディの元スタッフが独立して開かれたお店らしいです。

あぁ、ボンディにURLリンクを張っていなかった。
不親切でごめんなさい。
いずれ紹介すると思います。
Posted by たあぼう at 2004年11月18日 22:59
こちらにもトラバとコメント有難うございます。
ボンディのレポ、楽しみに待たせて頂きます!

P.S.コメント二重書き込みで汚してしまい申し訳ございません・・・。
削除してくださいませ。
Posted by katayori at 2004年11月19日 09:09
こんにちは。
プティフつながりでトラバさせて頂きました。

私も「プティフ」のカレーと、「ボンディ」は似ていると思います!なんだろう?スタイルでしょうか?コク?いもを出すとか・・・

どちらの店も、お値段的にもう少し庶民価格だと、もっと気軽にいけるのですが・・・残念です!
Posted by やすの at 2005年08月19日 16:58
やすのさん

ボンディで働いていた方が独立してお店を開いたのがプティフ〜なんですね。基本姿勢を守っているわけです。値段も含めて(笑)
Posted by たあぼう at 2005年08月22日 13:51
たあぼうさん

ありがとうございました。疑問が解けました(笑)
どちらも味のよさでは劣ってませんね。
でも私はボンディのチーズカレーが好き♪あのお店の雰囲気も♪

また遊びに来ます〜
Posted by やすの at 2005年08月25日 10:24
やすのさん

たしかにボンディのチーズカレーはきれいですよね。
またお気軽にお越しください。
Posted by たあぼう at 2005年08月26日 17:34
ボンディは何回行っても乱暴さと
味が毎回違うのと

なによりもメイクイーン等じゃない普通のじゃがいも
肉片と野菜片が汚く入ったカレー

プティフ・ア・ラ・カンパーニュやオーベルジーヌ
みたいに何度も漉しながら、手間ひま掛けて作ったソースと比べちゃいけないと思います。

わかりやすく言うと、
固形物を全部煮詰め
それを裏漉しまでして滑らかに仕上げたソース
それに各種スパイスをあわせて仕上げたカレー。

それを食べてわからないのでしょうか?

ボンディなんぞと比べちゃ可哀想です。
手間ひまも努力も天と地くらいの差があります。

名店と呼ばれてるから美味しいとは
味のわからぬ事ですかね??

欧風と呼べるのは、それ位滑らかに仕上げた所
Posted by YOU at 2010年04月14日 21:45
YOUさん

丁寧な解説、ありがとうございます。両店はボンディから独立されてから、さらに発展させたということでしょうか。

それとも、現在のボンディにスタッフがいなくなってしまったのでしょうか。

ご教授いただければ幸いです。
Posted by たあぼう at 2010年05月02日 02:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

プティフ・ア・ラ・カンパーニュ
Excerpt: 今日も暑かったですね。 突然ですが、 「夏はカレーだろ!」 と思い立ち、広告本部の女性陣と半蔵門の隠れた?名店「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ」へ。 ..
Weblog: いちぐる ☆市ヶ谷グルメ☆
Tracked: 2005-08-19 17:03

コーロカレー
Excerpt: 友人が近くに来たのでカレーランチ。僕はコーロ(黒豚のブロック)入りのカレーを注...
Weblog: まろまろ記
Tracked: 2006-02-07 20:34

半蔵門「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ」(いけふくろう通信第350号)
Excerpt: 先日、BS-iで「カレー魂」という番組を見て、思わず食べに行きたくなったのが、 このお店。 「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ」という、何とも欧風な名前のお店ですが、 半蔵門駅の近くにあり、ちょうどこの..
Weblog: ムッシュ・いけふくろうの何でもWEBLOG
Tracked: 2007-08-08 20:17

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。