2005年12月12日

おすすめその307 ナワブ(湯島)

チキンデルパサンナワブ湯島店

文京区湯島3-34-4 岩井ビル1F
携帯地図

Tel:03-3836-6388

予算:780円〜1500円(昼)、
1200円くらい〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★☆(チキンデルパサン)
量 :★★★


「たまには変化球で白っぽいカレーを食べようか」――。

そう思い立って、不忍通りと湯島天神の間の細いとおりにあるナワブを訪れた。カシューナッツとアーモンドのペーストを使った白いカレーをディナーのメニューに用意しているからだ。

店内に入ると、タンドール釜のすぐ近くの席に案内された。席に着いた僕は、目当ての白いカレー「ムグライチキン」を注文した。しかし店員さんはそれを受け入れず、「すごく甘いよ〜」とおどかしてきた(^_^;) 

そこまで言われたらしょうがない。代わりに「チキンデルパサン」(1260円)というカレーを注文した。実は大して違いはなくてムグライチキンにグリンピースを加えて少しだけ辛くしたもの。併せてナン(367円)も注文した。

チキンデルパサンを選んでも店員さんは「もっと辛くできるよ〜」と勧めてくる。うーん、最近の日本人は辛くしまくるのかな? でも僕は辛いのが苦手だし、お店が基本に設定した辛さが一番食べやすいと考えている。だから辛さの調整はしないと告げた。

ガラス越しにシェフがナンをこねて伸ばしている姿がよく見える。もう何度となく見ているけど、鮮やかな伸ばしっぷりはいつ見ても見とれてしまう。お、ナンを取り出した。カレーもやってきた。真っ白じゃないけど、かなり白いでしょ? では、いただきます。

うん、期待通りのマイルドさ。クリーミィなソースで、アーモンドの甘い香りが時々漂う。でも強い甘みではないから、嫌みには感じない。それにスライスしたショウガが爽やかさを加えてくれている。うまくバランスを考えてくれているね。

具はチキンのほか、小さく切ったゆで卵にピーマン、グリンピースなど。味の主張はそれぞれ持ち味程度に抑えてある。食べやすい。

辛さはほとんど感じない。「カレーは辛くないと」という方が食べたら「なんじゃこりゃぁ」と怒ってしまうかもしれない。でも、辛いだけがカレーじゃないし、辛いだけがインドやパキスタンの料理というわけでもない。そんなことを伝えたい時にいいカレーだと思うな。

ちなみにこのお店はインド・パキスタン料理店を標ぼうしている。なんでも、オーナーがパキスタン人、シェフがインド人、店員さんの一部はネパール人なんだそうで。カテゴリーの設定に悩んだけれど、いちおうパキスタンに加えておきます。

posted by たあぼう at 20:37 | Comment(2) | TrackBack(1) | 文京区
この記事へのコメント
ふむ。治外法権のイイ話しですねー。
ありえないじゃん?印度・パキスタン料理だなんて看板、ガイコクだからモウマンタイなのよねー。

てか、たーぼーさんのリポでコメント・ゼロが有るのを見つけると、個人的にはちょっと嬉しかったりします。(^m^)

今度から私を≪カリズマ・コメンテーター≫と呼んでっ!!!www

ps地図で場所わかりました〜あんがとねー。
Posted by 海苔助 at 2008年08月08日 20:42
海苔助さん

いつもコメントありがとうございます。影響力があるコメント主さんは、アルファ・コメンテーターというらしいですよ(笑)

さて、インド、パキスタン、ネパール。文化は割と似ていて、政争を気にしなければ、一緒に仕事をしやすいのでしょうね。ヒンディー語や英語のおかげで、日中韓のように言葉で悩む心配がないようですし。
Posted by たあぼう at 2008年08月10日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10588078
※半角英数字だけのトラックバックは受信しません。
この記事へのトラックバック

ナワブの「野菜カレー」、「ゴマナン」、「カシューナッツナン」
Excerpt: 左:野菜カレー→大きな芋がごろりとはいったマイルドなカレー。ココナッツが聞いて...
Weblog: まろまろ記
Tracked: 2007-04-12 15:43

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。