2004年11月22日

おすすめその81 パク森本店(市ヶ谷)

注:本文紹介時の本店は閉店しました。市ヶ谷駅前店が本店になったようなので、所在地情報は改めました。
パク森カレーパク森本店

千代田区九段南4-8-30携帯地図

Tel:03-5215-8560

予算:650円〜(パク森カレーは900円)
味 :★★★☆
辛さ:★★
量 :★★★


おうちのカレーって、作りたてより翌朝まで寝かせた方が味に深みを感じることがある。お店のカレーでは、寝かせるという概念をあまり意識していなかったけど、もっと意識した方がいいのかもしれない。今日、パク森のカレーを食べて僕はそう思った。

パク森は、横濱カレーミュージアムにも入店しているカレー屋さん。TVチャンピオンのカレー職人選手権で優勝したり、スーパーニュースで人気店ベスト1位に選ばれたりしていて知名度はかなり高い。名物は、ドライカレーとおうちのカレー風のソースの合いがけスタイルの「パク森カレー」(900円)。「オーナーの森さんが、パクパク食べてもりもり強くなるように、と作ったカレー」が名前の由来らしい。

僕もいつも通りパク森カレーを注文した。実は僕、このカレーをあまり評価していなかった。ランチで何度か食べている印象では、「見た目は斬新だけど、そんなに美味しいかなぁ?」というものだった。

ところが。

今日のパク森カレーは一口めからちょっと違ったのだ。

なんて言えばいいのかな、今日はおうちのカレー風のソースが味わい深い。煮込んでいる野菜やフルーツの甘みが、ソースからよく感じ取れる。甘みが嫌みにならないぎりぎりに抑えてあって、いける。

それにしても、これまで何回か食べてきた時と印象がだいぶちがう。偶然じゃないとすれば、考えられるのは入店時間の違いかなと。今日は夜9時前に訪れた。パク森は売り切れ次第閉めるお店だから、基本的にカレーは1日分しか作っていないはず。つまり今日の僕はぎりぎりまで寝かせたカレーを味わったかもしれないわけだ。

と、勝手に考えたけど、間違っていそうだな。真相を知りたいなぁ。

余談 修行中なのは分かるけど、人の注文したカレーを盛りつけている皿の上で、盛りつけ具合を評価するおしゃべりはしてほしくないなぁ>パク森のみなさん。

posted by たあぼう at 23:56 | Comment(8) | TrackBack(3) | 〃(九段/飯田橋/水道橋)
この記事へのコメント
今日久しぶりに行きましたが、パク森本店は2005/5/31で閉店です。市ヶ谷駅前店が本店ぽくなるようです。
Posted by tag at 2005年05月21日 22:06
tagさん

情報提供ありがとうございます。
そうですか、本店は立地、スペースとも微妙だったからですかね…。
Posted by たあぼう at 2005年05月22日 16:21
美味しいと言う評価で行ってみたが、評価するに値せずって感じでした。
カレーらいしスパイシーさが一つも無いのにガッカリ。
もっと甘さと辛さのハーモニーが欲しかった。
Posted by トキオ at 2007年08月01日 15:50
トキオさん

パク森は、懐かしのおうちのカレーをイメージして作っているそうです。そうなるとスパイシー感を出せないから、トキオさんの好みには合わなかったかも知れませんね。

これに懲りず、また別の新しいお店を探してみてください。それと、できれば気に入っている方もいらっしゃるということに配慮したコメントをいただけると嬉しいです。お願いいたします。
Posted by たあぼう at 2007年08月01日 17:18
2回目行きました。5年ぶりくらいです。
前回イマイチだったけど、やはり今回もダメでした。
ルーの旨みや味が少なく、ドライも個性がなくルーとの相性がミスマッチと感じました。ルーとドライの味は対極のほうがいいと思います。

店主たちのおしゃべりも気になりました。3回目はなさそうです。
Posted by カレー基地 at 2007年10月22日 00:15
カレー基地さん

紹介文のとおり、僕もあまり評価していなかったのでお気持ちは分かるつもりです。

ただ、ここのカレーが大好きという方も少なからずいらっしゃいます。だから、バッサリと切って捨ててしまうのではなく、好きな方が読んでも共感できるような配慮をしてくださると幸いです。
Posted by たあぼう at 2007年10月22日 01:43
なつかしい名前を発見!
1992〜1995年の間、1993or4年とオープンした店と思います。当時市谷勤務のころでしたが、オープンしてから暫くして同僚と昼飯によく行きました。当時は家計節約の一環で、「パク森カレー」は高価でしたので、給料日とか何か理由を付けたときしか食べなかったな〜!!大抵は「プレーンの大盛り」で、しのいでいましたが、僕はパク森よりもプレーンの「ルウ」にこそパク森の原点があるように思います。(そういえばここの「ピクルス」が旨くて、よく空にしました。自家製だったのかな?こんなに人気店になるなら、当時奥様に聞いておけば良かった・・後悔・・)当時は、奥の厨房(カウンター越しで見えてましたが)で寸胴を一心にかき回す「ひげ」のご主人と、かわいい奥様が接客と仲良くやっていらっしゃいました。あのころ奥様のお腹が大きかったので、今頃は中学生になっているのでしょうね?数年前に靖国通りの店に行きましたが、形は同じでしたが、味に何か物足りなく感じて少々落胆したのは事実です。また、チェーン店化による弊害もあるのでしょうか?でも、僕のそれまでの思い出と期待が味を膨らませていたのかもしれません。
Posted by つ「ぢ」やん at 2008年08月30日 22:24
つ「ぢ」やんさん

オープン当初の貴重なお話、ありがとうございます。昔のおいしかった記憶が、大きな期待になってしまうことがありますよね。難しいものです(^_^;)
Posted by たあぼう at 2008年08月31日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1102492
※半角英数字だけのトラックバックは受信しません。
この記事へのトラックバック

ドライカレー 〔今日のブランチ〕
Excerpt: セパレート型のドライカレーだ。サラダと柿のヨーグルトを添えて。柿のヨーグルトと言...
Weblog: 笑門来福
Tracked: 2004-12-12 14:32

市ヶ谷 パク森カレー+生玉
Excerpt: 横浜のカレー博物館にも出店している人気のカレー屋さん。本店の市ヶ谷に行ってきた。
Weblog: プチぐるめ便り
Tracked: 2005-05-29 10:31

No.084 パク森 渋谷店
Excerpt: 参加メンバーはベイダー Coaltar of the Deepersのライブの前に行ったのはやはりカレー屋だった!! しかしベイダーは口内炎で口の中が痛かった!!!   これがか..
Weblog: CDET!! (Curry Delicious Ecstasy Trance)
Tracked: 2005-06-04 02:34

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。