2008年12月30日

おすすめその653 魔女のカレー(仙川)

親子カレー魔女のカレー

調布市仙川町1-10-20携帯地図

Tel:03-3307-6251

予算:690円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★


仙川駅のすぐ近くに、「魔女のカレー」という不思議な名前のカレー屋さんがある。魔女が魔法を使って作ったようなおいしいカレー、ということなんだろうか。ラーメンも人気があって、ラーメン愛好家の間で名前が広まっている。

お店の扉を開いたら、まずは奥へと進もう。階段の手前にある食券販売機で食券を購入する仕組みになっているからだ。券売機に並ぶメニューはなかなか豊富。カレーはベースこそ1種類ながら、具の種類により様々なバリエーションがある。ほかにカレーラーメン、つけ麺、限定メニューのスープカレーなどもそろえる。

カレーラーメンにも心惹かれるけれど、今回はお店一押しメニューの「親子カレー」(790円)にしよう。その名のとおり、チキンと卵を具に採用したカレーだ。

8席あるカウンター席に腰掛け、食券を手渡す。さほど待つことなく、お目当てのカレーがやってくるはずだ。おお、黒みがかかったカレーソースに、揚げ卵の黄身の黄色が生えるね。では、いただきます。

まずはサラサラのカレーソースを一口味わう。じっくりと炒めてるというタマネギの風味が広がった後、ピリッとした辛さが加わってくる。この辛さは舌に残り、尾を引く。スパイス重視派なら嬉しくなるだろう。

ただし、一方的に辛いわけでもない。軽い甘みが伴うところがポイントだ。この甘みがあることで、恐らく多くの方に馴染みやすいインド風カレーに仕上がっている。

お店一押しだけあって、具も完成度が高い。鶏もも肉はしっかりと原型をとどめているのに、スプーンで軽く力を当てるとはらっと崩れていく。時間をかけて調理していることがうかがえる。

そして揚げ卵。これを口の中に放り込むと、香ばしい香りが鼻をくすぐる。普通のゆで卵ではないからこそ得られる香り。よく考えてあると思う。

全体的にあっさりめの仕上げという印象を受けた。お店の雰囲気と合わせ、普段から気軽に訪れて頻繁に食べられるカレーと言える。



posted by たあぼう at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | 府中・調布・狛江
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

魔女のカレー:仙川/カレー・ラーメン
Excerpt: とあるグルメなお方より、 京王線の仙川駅に 不思議な名前のカレー屋さんがある・・・とお伺いし、 早速訪れてみました。 その名も...
Weblog: グルメ探訪 メモっとこぉー
Tracked: 2009-02-21 22:45

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。