2009年06月01日

おすすめその684 根津の谷(根津)

nezunoya.jpg根津の谷

文京区根津1-1-14携帯地図

Tel:03-3823-0030

予算:1000円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★☆


根津一丁目の交差点からすぐのところに、自然食品や天然石けんを取り扱う「根津の谷」というお店がある。同店でシリアの街アレッポの特産であるオリーブ石けんに出会った僕は「10年前、アレッポのスーク(市場)で1個50円などと交渉したっけ…」などとしばし感慨にふけった。

おっと、今回の目的はアレッポ石けんではなかった。石けんに別れを告げた僕は、お店の奥へと進んだ。根津の谷は食品などを販売するだけでなく、奥のスペースでは玄米や菜食料理のレストランを営業している。そしてメニューの一つとしてカレーを用意しているのだ。

席に腰掛けた僕は早速、ランチ・メニューにあったカレーのセット(1000円)を注文した。自然食品、菜食料理をうたうお店だけあって、吟味した野菜を利用するだけでなく、化学調味料などを一切使わずに仕上げているんだそうで。

注文の品を待つ間にうかがった話からすると、カレー作りにもなかなか自信があるらしい。ルーは市販のものを使わず、一から手作りしているとのこと。まあ、菜食をうたうからには、ラードなどを使っていることも多い業務用のルーなどは下手に利用できない。当然と言えば当然なのだけど、相応に手間がかかるのも確かだ。

などと思いを巡らしているうちに、カレーやサラダを綺麗に盛り付けているお皿が載ったプレートが僕の前にやってきた。いただきます。

優しい味のカレーライスだね。食べ進むうちに穏やかな気分になれる。

おうちのカレー風が好きな人に馴染みやすいタイプ。辛さは控えめ、野菜をベースにした、自然なごく軽い甘みがある。健康に配慮した自然食品店らしく、化学調味料を使わず油分も控えている。リッチな味を求める方よりも、日常食の延長ととらえる方向きだ。

カレー以上に印象に残ったのが具の野菜。特にニンジンの味の強さには驚いた。玄米は「玄米にしては」という言い方になってしまうけれど、食べやすいと思った。

なお、多数の商品が所狭しと並ぶ店頭とは対照的に、レストランは落ち着いた雰囲気をしている。カフェ気分で利用しても良さそうだ。営業時間が16:30までと短めのため、長居はしにくいけれど。



posted by たあぼう at 12:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 文京区
この記事へのコメント
このお店、家から歩いてすぐなので、ずっと気になってました。最近、化調が苦手なので、化調や業務用のルーを使用していないのはありがたいです。僕も近々行ってみようと思います。
Posted by くに at 2009年06月04日 10:13
くにさん

こんにちは。ご自宅がお近くでしたか。食材をそろえるのにも良いお店ですよ。

ご訪問されたら、ブログでリポートいただけるのでしょうか? くにさんの綺麗な写真が楽しみです(^-^)
Posted by たあぼう at 2009年06月07日 13:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。