2009年11月24日

おまけ長野1 山小屋(長野市:長野)

野菜カレー中辛(納豆トッピング)カレーショップ山小屋

長野市南長野北石堂町1408携帯地図

Tel:026-224-3139

予算:750円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


1973年のある日。善光寺からほど近くに開店したカレー屋さんのご主人が、何を思ったか冷蔵庫に入っていた納豆をカレーライスに投入した。すると意外と合うじゃないか。気をよくしたご主人が納豆カレーをお店でも出すようになった。

そんなエピソードとともに「元祖納豆カレー」を標榜するお店が、今回取り上げる「カレーショップ山小屋」だ。現在は長野駅から歩いて5分ほど、大通りから一本は行った細道にお店を構える。店名のとおり、山小屋風の建物だった。

カレーショップ山小屋外観中に入って適当な席を確保した僕は、早速メニューを確認する。どうやらベースのカレーソースは1種類らしく、具の種類で幅を持たせているようだ。元祖納豆カレー以外にも「ハンバーグ」や「なす&きのこ」など、馴染みやすい選択肢もあった。

僕は「やさいカレー中辛」(750円)を選び、これに納豆をトッピング(105円)することにした。やはり名物は押さえておきたいからね。

しばらく待って、お目当ての一皿がやってきた。おっと、小さくカットされた野菜がいっぱい入っていそうだね。その頂上には納豆の姿も見える。お味やいかに。

うん、カレーはオーソドックスなおうちのカレー風だね。とろみがあって、昔なつかしの味といえる。開店から30年以上にわたり、同じスタイルを続けているのだろう。

野菜の種類は豊富で、気付いたものだけ挙げてみても、インゲン、枝豆、カリフラワー、シメジ、タマネギ、ニンジン、パプリカ、ブロッコリー、ほうれん草など。それにコーンも入っていた。

しかし、これらより遙かに存在感があったのが納豆だった。豆の粒がスーパーなどのものと比べて大きく、たれなどをかけているわけでもないのに滋味が十分に感じられる。

それもそのはず、ここ山小屋の納豆カレーは長野・篠ノ井の名産である「川中島納豆」を使っているそう。この川中島納豆、2009年の全国納豆鑑評会で最優秀賞を獲得した、いわば日本一の納豆なのだ。

食後のアイスこの納豆が素晴らしいのは、滋味たっぷりではあるものの、決してカレーソースと喧嘩しない程度で自己主張を抑えていること。山小屋のWebサイトによると、小粒タイプを選んでいるからだそうだ。小粒でこの大きさなのか、凄いなあ。

そんなわけで、カレー以上に納豆に存在感がある一皿だった。納豆はにおいが気になるという方も、一度くらいは味わってほしい。食後にはアイスが付くから、においが多少は緩和されるかもしれないし(^_^;)



posted by たあぼう at 01:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 甲信越
この記事へのコメント
ようこそ、わが地元の名店へ!お気に召したようで何よりです。

上京してもずっと、僕のカレーには納豆が載っていました。

次に長野に行かれる際はご一報を。おすすめたくさんあり升。
Posted by ゆいちろう at 2009年11月27日 16:52
ゆいちろうさん

そうか、ゆいちろうさんにとっては、原点の味なんですね。それにしても納豆がおいしかったです(^-^)

今度は訪問前にお店を教わりますね!
Posted by たあぼう at 2009年11月29日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。