2010年01月19日

おすすめその714 ちゃぶ膳(下北沢・新代田)

鶏スープカレー薬膳スープカレーちゃぶ膳下北沢店

世田谷区代田6-16-20携帯地図

Tel:非公開?
(以前は携帯電話番号を掲載していた気も)

予算:500円〜1000円くらい
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★


札幌発のスープカレーを味わうと「これもカレーなのか!」と驚くことがままある。少しは食べ歩いたつもりだけど、未だにカレーライスの既成概念が頭にこびりついて離れていない。修行が全く足りていないのだろう(^_^;)

そこで今回、「ちゃぶ膳」というスープカレー屋さんに修行に出かけた。下北沢駅から代田橋駅方面へと進み、東大原小学校を少し通り過ぎたところにある。早速、中に入ってみよう。

店内はカウンター席含めて8席。こぢんまりとしたスペースながら店の奥にはちゃぶ台が可愛らしく並んでいる。全体的にゆる〜い雰囲気が漂っていて、うん、僕は嫌いじゃない(笑)

適当な席を確保すると、人の良さそうな店主さんからメニューを受け取った。野菜や鶏肉、角煮といったいかにも札幌スープカレーらしい具材が並んでいるな。僕は「鶏スープカレー」(750円)をお店推奨の辛さ「ちゃぶ辛」で注文した。

併せて「サラダ、ソフトドリンクセット」(100円)を注文した。すると、茹でたジャガイモ(その日によって変わりそう)とドリンクが先にやってきた。僕はこのジャガイモを頬張りながら厨房を眺めた。お、「GABAN」の香辛料がいろいろ並んでいる。スパイス感を志向しているのかな…

などと考えていたら、店主さんがやってきて、僕の目の前にスープカレーとターメリックライスを置いてくれた。早速、一口すすると…

「これもカレーなのか!」

とまでは驚かなかった。でも、やっぱり少し驚いた(^_^;) ザ・カレーとはかけ離れていて、沢山の野菜を摂れるおいしいスープと呼んだほうがしっくり来るものだったからだ。

唐辛子の辛みは相応に、そのほかのスパイス感もある。ただ、クミンなどがもたらすザ・カレーっぽい香りはほとんど感じられない。全体的な味付けも通好みかな。鶏肉は茹でたものをスープに加えている。これは「なるべく油を減らし、日頃から食べられるスープカレーを提供したい」という店主さんの考えがあってのものだ。

たしかに、外食の分かりやすい濃いめの味付けは、ずっと食べ続けるのは大変と感じることがある。それだけに貴重な存在かもしれない。僕はというと、もう少し分かりやすくザ・カレーのほうが、好みかな(^_^;)

ただ、こういった方向性に人気が出れば、東京のスープカレーも札幌並みに広がる余地ができそう。今後も注目しておきたい一店だ。



posted by たあぼう at 20:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 世田谷区
この記事へのコメント
代田で連想しちゃうのが唐突に加賀マリコなんすけどー(連想する度数、かなり無理)
なんかいいわよね〜この界隈から三宿まで抜けるお散歩道、忘れ去られた東京砂漠における≪おへんろ≫とゆう感じで。www

だって≪修行に出かけた。≫んでしょう?猛烈爆笑しながらのコメント登校〜〜〜☆

来年も宜しく♪←新年のご挨拶、いまさら。
Posted by 海苔助 at 2010年02月14日 22:05
海苔助さん

すっかり返事が遅くなり、すみません。

代田から加賀マリコとは連想の飛躍が素晴らしいですね。僕にはたどり着けない領域です。感性の方面も修行をしたいところです。ぜひご指導ください。
Posted by たあぼう at 2010年03月04日 02:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。