2004年12月26日

おすすめその104 茶豆(笹塚)

キーマカレー茶豆(ちゃず)

渋谷区笹塚1-44-4携帯地図

Tel:03-3465-6875

予算:900円〜
味 :★★★
辛さ:★★(普通の場合)
量 :★★☆


うわ、年齢層たっか〜。

いや、僕だってもういい年なんだけど、それでもお店に入った途端びっくりさせられた。僕より明らかに年上の大人なカップルばかりでお店が埋まっている。R35指定でもあるのかと思ったほどだ。しかもこれ、午後2時過ぎのことである。笹塚は懐が深い街だなぁ。かろうじて空いていたカウンターの席に座らせていただく。

茶豆は一見すると典型的な古き良き喫茶店。ぬくもりを感じさせる木の内装に、落とし気味の照明、気が散らない程度の存在感で流れるジャズのBGM、薫り高いコーヒー、品の良さそうなおじさんマスター――今時、これだけそろっている喫茶店の方が珍しい。それで、スターバックスやらタリーズやらが上陸するずぅっと前から喫茶店を愛用していた世代が、ここに集うのだろう。

ただし、そこいらの喫茶店と一線を画しているのは、マスターのオリジナル・カレーを前面に売りに出していることだ。キーマ(1000円)、ビーフ、ポーク(各900円)、このほか、茸たっぷりの森のカレー、ホタテが入った海のカレー(各1200円)なんてのもある。いずれもコーヒーが付く。

どれにしようかしばし迷い、キーマを選んでみた。辛さは普通。

何せお客さんがいっぱいだったので、切り盛りするマスターはなかなか大変そう。常連さんも多いらしく、聞き手役もこなしている。そんなわけでかなり待たさせる。携えていた「わーずわーす」のコラムを一つしっかり読み終わったところでカレーが到着した。

インドのキーマとはだいぶ違う、この店ならではのものだった。コクをしっかりと感じるソースは、ややとろみがあって食べやすい。ただ、香辛料は上品な使い方をしている。香辛料の香りがお店の外まで漂っていたので、派手な香りを期待していた僕にはちょっと拍子抜け。別のメニューの方がよかったかな。

食後のコーヒーは、期待通り香り豊か。惜しむらくは隣の隣の席の35歳以上カップルがそろいもそろってタバコを吸っていて、全部たばこの香りにかき消されてしまったこと。うーむ…。

posted by たあぼう at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(3) | 〃(初台/幡ヶ谷/笹塚)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1400951
※半角英数字だけのトラックバックは受信しません。
この記事へのトラックバック

茶豆
Excerpt: 笹塚駅の南口から西にしばらく歩いたところにある喫茶店。 午後9時までの営業だったようですが、試しに覗いてみるとどうぞという事だったので、おずおずと入っていく。 お店の中はアジアン雑貨がちょこっと据えら..
Weblog: デジログからあなろぐ
Tracked: 2005-03-12 01:28

No.043 茶豆
Excerpt: 参加メンバーはベイダー。初めて笹塚に来て行ったところはやはりカレー屋だった!!喫茶店の中にはマスターが独りできりもりしてました あつあつカレーです。ポーク(↑)、キーマ、..
Weblog: CDET!! (Curry Delicious Ecstasy Trance)
Tracked: 2005-03-30 19:16

茶豆 (笹塚)
Excerpt: 茶豆とかいてチャズと読む。笹塚駅南口から線路沿いの道を代田橋方面に進むと左手に、そのお店はあります。カレー屋というよりも、かなり年季の入った街の喫茶店。かなり渋ーいお店です。 カレーは、欧風カレ..
Weblog: レオナルド de かぷり夫
Tracked: 2006-04-18 01:53

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。