2010年04月30日

おまけ静岡5 OAK(静岡市:新静岡・静岡)

トマトとチキンのカレーOAK(オーク)

静岡市葵区両替町1-5-7携帯地図

Tel:054-254-8723

予算:1000円くらい(コーヒー付き)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


2つの雑誌を掛け持ちして、取材も執筆もというのはやっぱり無理があるなあ。特に4月はゴールデンウィーク進行で、本当に危機的なスケジュールだった。悔しいので、せめて一つだけでも上げておきたい。

今回取り上げるのは、静岡市の中心部に構える喫茶店のOAK(オーク)である。出張の仕事が一段落した後に、地元のカメラマンさんのお勧めに従い、二人で立ち寄った。「知っている人に来てくれればいいと、自分からは積極的にアピールしていないんですよ」(カメラマンさん)。いいじゃないですか。早速、中に入ろう。

店内は、ブラウンの配色の壁が印象的だ。店名のとおり、ブナ材を使っているようだ。お昼時ということもあって相応に混んでいたものの、奥のほうの席を無事に確保できた。さ、カレーを注文するとしよう。

実は時間に余裕がなく焦っていて、うっかり何もメモを取らなかった。カレーのメニュー名も値段も記憶があやふやになってしまっている(-_-;) その日に用意してあるカレーが2種類で、サラダと食後のコーヒーと合わせて1100円だった、はず。

僕とカメラマンさんはともにトマトとチキンが入ったカレーを選んだ。注文からさして待つこともなくサラダがやってくる。それを食べ終わるとほどなくして、カレーとライスのご到着だ。ほお、ライスが黄色いじゃないですか。いただきます。

まずはカレーソースだけ一口。「どうですか?」とカメラマンさんに尋ねられる。うん、凝ったカレーじゃないですか。なかなかおいしいですよ。

洋食のカレー然とした見た目で、多少とろみを感じるところも洋食風。ただし仕上げのスパイスの加え方には、インド風の香りを感じさせる。両者の中間を志向しているようだ。

これをライスと組み合わせる。うん、上品な味わいだね。こうしたカレーとライスは重たくなってしまう場合が少なくないところだけど、トマトの酸味がうまく作用しているようだ。チキンもほどよいサイズでおいしかった。

惜しかったのは、僕にはやや塩気が強く感じられたこと。ただ、これは好みの差の範疇だろう。いろんな人におすすめしやすい素晴らしいカレーだと思う。

ちなみに、食後のブレンドコーヒーは、決して重くないのに深みを感じさせる一杯だった。近頃の苦さを強調したタイプとは一線を画している。おかげでOAKがカレー屋さんではなく、喫茶店が本業であることを思い出した(笑)

最後にカメラマンのHさん。ご紹介くださりありがとうございました。

posted by たあぼう at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東海
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148350821
※半角英数字だけのトラックバックは受信しません。
この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。