2006年03月19日

おすすめその356 マハラジャ(後楽園・春日)

本日のランチ(キーマと大根)マハラジャ 東京ドームシティラクーア店

文京区春日1-1-1 東京ドームシティラクーア2F
携帯地図

Tel:03-3868-7061

予算:890円〜1575円(昼)
味 :★★★
辛さ:★★☆
量 :★★☆


後楽園駅周辺は、意外と「これだ」というカレー屋さんを見つけるのが難しい。少し歩くと春日、水道橋、本郷三丁目など隣接する駅が見えてきてしまうせいもある。ダージリンを早々に日暮里のほうで取り上げてしまった僕にとっては、マハラジャがかなり貴重な存在なのだった。

後楽園のマハラジャはラクーアの施設内に店を構える。暖色系の色彩で統一された店内は、ほどよく南洋のエキゾチック感を漂わせる。ただし遊戯施設が近くにある場所柄のためだろうか、少し騒々しい印象も受ける。

席に案内された僕は早速「本日のランチ」(997円)を注文した。ちなみにカレーは「キーマと大根」とのこと。休日メニューのため、平日よりちょいと割高になっているな。まあ目くじら立てるほどではないけど。

ポテトサラダが先に到着し、それから間もなくして本命のカレーが到着した。トマトベースらしく赤味を帯びたカレーですな。お、ライスはスパイスを加えて炊いてあるのか。チェーンながら、それなりに工夫していますね。ではいただきます。

日本人の舌に安心できるつくりだなぁ。

キーマは鶏肉がベース。マトンのような臭みがなく、安心して食べられそう。トマトなどを使って酸味を強めに出したカレー・ソースと相まって、少し辛めのミートソースをいただいているような気分になってくる。あ、出来合いっぽいところまでそっくりだからだな。

ナンは他店のランチと比べて小振りなのを除けばいたって標準的なレベル。一方、スパイスライスはあまり他店で見ないため、印象に残った。長粒米をパラパラに炊きあげてあるので、好き嫌いははっきり分かれるかもしれないけれど、僕はいいと思った。

posted by たあぼう at 17:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 文京区
この記事へのコメント
今日、春日乗換だったのでここを思い出して行ってきました。今日のランチは「チキンとタマネギ」。ゴロゴロした鶏胸肉と煮込んだタマネギが少し、入っています。辛さはまぁまぁありますが、スパイス由来と言うよりも日本の○倍カレーに近いような辛さでした。たあぼうさんのおっしゃるように、出来合いっぽさがぬぐえません。スパイスの香りもなく、炒めた野菜のまろやかさもない。コレ!という特徴がないのです。
ライスはスパイスライスではありませんでした。期待していたのですが、残念…。普通の、ポソポソとしたタイ米。米不足が頭をよぎりました。やめちゃったんでしょうか…?
再訪はないかもしれません^^;
Posted by おん at 2006年04月27日 16:38
おんさん

おんさんほど食べ歩かれていらっしゃれば、マハラジャの味では満足しにくいでしょうね、正直 (^_^;)

気軽にバイキングを楽しみたいという方には、一つの選択肢ではあるんですが。

スパイスライスはどうなんでしょうね。終わっちゃったのか、僕が訪れたのが休日で、偶然でてきたのか。
Posted by たあぼう at 2006年04月27日 17:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。