2005年01月26日

手でカレーを食べてみる 於 カレーリーフ

ミールスシノギのお仲間三人と、ミールス(南インドの定食)を食べてきました。インドらしく、手をスプーンやフォークの代わりに使って食べるんですよ! お店は、おすすめその83で取り上げた「南インドの味 カレーリーフ」(東中野)。

器に入っているのは右から順に自家製ダヒ(ヨーグルト)、ラッサム(スープ)、サンバル(野菜と豆のカレー)、それに今日のカレーであるかぼちゃのカレー。器の手前のおかずはキャベツ、きのこの2品。バナナリーフを期待していたので、それっぽいプレートだったのはちょっと残念だったけど。

まあ、細かいことを気にせずに早速食べてみよう。ライスの上にラッサムなどを適当にあけていく。カレーとライスを指先でぐちゃぐちゃと混ぜ合わせていく。このぐちゃぐちゃ感がたまらない。で、混ぜ合わせたカレーとライスを口の中に放り込む。んー至福の時。

そうそう、料理がよく考えてあるなと感心させられた。ラッサムが辛口、サンバルが中辛、かぼちゃがマイルドと実にバランスよく用意してある。一つ一つ食べても美味しいけれど、混ぜ合わせることで多様な味が楽しめる。ラッサムとダヒを混ぜて食べてみるとこれも当たり〜。

ライスは1回お代わりできる。女性のお二人は上品に食べていらして、お代わりもしませんでした。一方、僕ともう一人の野郎組は当然のようにお代わりする。カレーリーフのライスはライスだけ食べても美味しいんだもの。

なお、カレーリーフでミールスを食べるには前日までの予約が必要です。20時までに入店しなければいけないし、キャンセルもできません。ご注意を。
posted by たあぼう at 14:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中野区
この記事へのコメント
カレーリーフでは、私もよくおかわりします。
3杯目は「有料です。」といわれます。「かまわず下さい、大盛りで!」

カレーリーフは洗練されたラッサム、サンバル、全ておいしいですが、私はここのお米が好き。
和食を食べるにはちょっときついけれど、ここのカレーには合いますよね。
ここのマスターはお米をよく研究しているようです。
新米の季節にはメールが来て「今年はうんぬん」というような薀蓄が書いてあります。
それを読みつつ、「今度行ったら何杯お代わりしようか」と考えるのでした。(乙女は米が好き)
Posted by ロザリー at 2005年01月28日 13:01
ロザリーさん

ご指摘の通り、津金澤氏は相当研究しているようで、胚芽米を使って堅めに炊きあげるのが上手ですよね。

それにしても。
3杯以上食べられるのですか。すごいですね…
Posted by たあぼう at 2005年01月28日 16:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。