2010年12月24日

おすすめその735 NEPALICO(渋谷)

ダルバート(ベジ)NEPALICO(ネパリコ)

渋谷区桜丘町30-18 メイサ南平台101
広域

Tel:03-6416-1827

予算:800円くらい〜(昼)
味 :★★★★
辛さ:★★
量 :★★★(ライス増量可、豆スープお代わり可)


シンガポールで一緒にミールス(南インドの定食)を食べた友人がいる。カレー食べ歩きを始めたばかりの学生時代、つまり1997年のことだから、もう13年あまりになるのか。がいぶんと月日が流れたもんだ。

その友人から久々にメールをもらった。いわく「最近、会社の近くにおいしいカレー屋さんができたんだよ」。彼の会社ということは渋谷・桜丘町付近か。さてどんなお店かな…と思ったら、驚いた。ダルバート(ネパールの定食)専門のカフェというのだから。早速、友人の案内を受けてその店、NEPALICO(ネパリコ)にやってきた。

最近は少し知られてきたものの、日本ではまだネパール料理に対する認知度が低い。シェフがネパール人でも「インドカレー」を名乗るお店が多く、モモ(ネパール風餃子)などが置いてあればいいほう。ダルバートを常時提供するお店となると本当に限られるし、そんなお店においても「カレーとナン」を注文するお客さんが大半だったりする。

だからダルバートを前面に掲げていることに驚いた。しかも実際に訪れると、土曜日の昼にもかかわらず相応にお客さんが入っていることにもっと驚いた。いやはや…オシャレな内装とはいえ。早速、メニューからダルバートを注文する。ノンベジタリアン用とベジタリアン用があって、今回の僕は後者を選んだ。

しばらく待つと、目の前にダルバートが到着する。ダル(豆)のスープ、ライス、野菜のタルカリ(おかず)、ゴルベラ(トマト)のアチャールなど、いかにもダルバートらしいメニューがそろっている。早速、ダルをライスの上に全部開けて、まぜまぜしていただこう。

いやはや、ライスが水分多めの日本米ということ以外、かなり忠実なダルバートですな。豆スープはとろとろになっているし、香辛料の利かせ方もインドのそれとは明らかに違う。純然たるカレー党には好みの味とはいえない。でも優しいネパール系の味わいが好きなあなたには、しっくりと来るものになっている。

嬉しいのはダルのお代わりができることと、ライスを大盛りにできること。お代わりが利く現地の定食屋さんのスタイルに限りなく近い感覚で楽しめるわけだ。

また、セットで付いてくるミニサイズのチャイもなかなかのもの。今どきの日本人には過剰と感じられるくらいの甘みが、僕には心地よかった。このお店がきっかけとなって、ネパール料理の特徴がもっと広く知れ渡ると、日本のカレーシーンにさらに奥行きが出るに違いない。

教えてくれた友人のMくん、ありがとう。いつかまた一緒に旅行に行きたいものだねえ。そうだ、ダルバートを食べにネパールというのはどうだろう?



posted by たあぼう at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 渋谷区(渋谷周辺)
この記事へのコメント
カレー大好きです(^_^)

食べ歩きの初期は、
ナン&バターマサラなどの北インド系が好きでしたが、
最近では南インド系のあっさりカレー&ライスや、
スパイス感のあるインド風カレーライスが好きになりました(~o~)

そんな流れで今はダルバートにも興味シンシン!
たあぼうさんのおすすめダルバートを教えていただけると参考になります♪
Posted by かぼちゃ at 2011年01月29日 10:34
かぼちゃさん

北インド系から南インド系、そしてインド風カレーライスですか。着々とカレー愛好家の道を歩んでこられたようですね(^-^)

好みは分かれると思いますが、ここネパリコのダルバートは、本格的だと思いました。まだ訪れていらっしゃらなければ一度おためしください。
Posted by たあぼう at 2011年01月31日 20:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。