2010年12月31日

カレーとしばしのお別れ――パクチーハウス東京

佐谷さん、木部さん、清川さん


去年と同様に、締めのカレーをいただく場所は経堂のパクチーハウス東京を選びました。浜松のおいしいカレー屋さん「Spice Cafe Bija」のオーナーである清川孝男さんからお誘いをいただいたためです。清川さんはパクチーハウス東京のオーナー、佐谷恭さんの友人なのです。

この日のパクチーハウス東京は、特別イベント「Bija@ paxihouse with zackzack」の日。パクチーハウスの佐谷さん、Bijaの清川さん、そして農業の流通革命を目指すザックザック木部剛さんという3人の起業家さんがそれぞれの思いを語り、僕たち客はそれを聞きながらパクチーハウス東京の料理を楽しむという趣向です。お三方とも事業対象にさりげなく社会貢献を織り込んでいて、感心させられることしきりです(例えばBijaの取り組みについては、こちらをご覧下さい)。

地球を救うカレーライス(蝦夷鹿と野菜)一方、僕のようなカレー党にとっては残念なお話もうかがうことになりました。Bijaのレシピをアレンジして提供していたパクチーハウス東京のカレーが、この日をもって休止になってしまったのでした。有機野菜などを多用するためコストがかかる一方、想定よりはお客さんから受け入れられなかったということなのでしょう。難しいものです…

そんな“最後”のカレーは、有機野菜たっぷりのカレーと、増えすぎて問題となっている蝦夷鹿肉を利用したひき肉のカレーの合いがけでした。ライスは玄米と健康への配慮が行き届いている一皿です。これを佐谷さんのコンセプトどおり手食でいただきました。野菜の甘み、鹿肉の旨み、堪能できました。

しかしカレーだけでなく、食後のデザートであるチャイのシャーベットまで手食するとは思いませんでした。手が冷たくて食べるのが大変でした(^_^;)

CURRY DIARY」のUSHIZOさんにも久々にお目にかかりました。お互い年を重ね、多忙になってしまいましたが、カレーの話をするときはそんなことを忘れていられますね(笑)

チャイのシャーベット


posted by たあぼう at 23:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | カレー談義
この記事へのコメント
たあぼうさん、ご来パクありがとうございました。

ランチの継続ができずごめんなさい。
でも、そのうちなんとかしたいです。僕の手でも、ほかの人の手でも。
僕自身また食べたいので。

シャーベットの手食、前の回ではなんとなく流れでスプーンを出してしまったのですが、その際に「これはスプーンでいいんですね」と複数の方に聞かれたのもあって・・・。

今年はスタッフが、最後まで手食でと決めてくれました。シャーベットの手食は、僕自身もあまり経験ありません。


では、またよろしくお願いします!
Posted by Kyo paxi at 2011年01月04日 00:32
Kyo paxi さん

先日はお世話になりました。ツイッターのつぶやきもありがとうございます。

いかに社会貢献に力を入れていらっしゃるとはいえ、事業の継続性あってこそ。決断は素晴らしかったと僭越ながら思います。優柔不断な私の場合、そのような場面で辞めるに辞められなかったと思いますから(^_^;)

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by たあぼう at 2011年01月05日 22:08
こんばんは。

昨年の私のカレー納めもこちらでした。
パクチーハウスさんとBijaさんのおかげで、2年連続でたあぼうさんとお会いできて、とても嬉しかったです。
カレーが取り持つ縁ってのは素晴らしいですね。

ランチ提供が一旦停止してしまうのは大変残念ですけど、食材のコストや価格設定など、多々難しい問題もあったでしょうから、確かに英断、だったでしょうね。
いつかまた再開してもらいたいです。

またどこかでお会いできる機会があれば幸いです。
それでは、失礼しました。
Posted by USHIZO at 2011年01月10日 22:05
USHIZOさん

すっかり返事が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。久々にお目にかかれて良かったです。また別の機会に、カレーを食しましょう!
Posted by たあぼう at 2011年01月31日 19:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。