2006年05月03日

おまけインド7 Malhotra Dosa Please(デリー)

スナック・ターリーMalhotra Dosa Please

1837-38, L.N. Street, Opp.Imperial Cinema,
Chuna Mandi,Pahar Ganj, New Delhi-55

Tel:+91-(0)11-41698500

予算:50ルピー(約130円)くらい〜
味 :★★★★
辛さ:★★☆
量 :★★★★


泊まった安宿からニューデリー駅とは反対方向に5〜6分ほど歩いたところに、南インド料理専門店を見つけた。北インドの旅行とは言え、一軒くらい南インドのカレーを食べてもいいだろう。

さすがは本場インドの専門店、ドーサ(お米のクレープ)だけで10種類ぐらいある。お値段は30〜60ルピーほど。これらは魅力的だったけれど、もう少しいろいろな種類の南インド料理も食べたいなと。

そこで僕が選んだのは、定食型メニューの「Snacks Thali」(72ルピー)。ハーフ・サイズのマサラ・ドーサに、ラッサム(トマト・スープ)、イドゥリ(蒸しパン)、ワダ(ドーナツ)、ウップマ(練り物)に3種のチャツネ、デザートとひと通り食べられる。

1リットルのミネラル・ウォーター(16ルピー)を一緒に注文して料理の到着を待った。店内には家族連れのインド人の姿もある。これは旅行者向けレストラン以上の味が期待できるかな?

見た目にも立派なターリーがやってきた。まずボリュームに目を丸くしてしまう。スナックという名前から、もっとお手軽なものを想像していたのである。イドゥリやワダも2個ずつあるとは。これはお得感がある。

インドでインド料理に偉そうに評価するのはおかしな話だけど、料理のできも立派だと思う。例えばドーサのクレープ生地がパリッと上品に仕上がっていたし、ラッサムはしっかりとした辛口を出していた。

3種類のチャツネはよくメリハリが利いている。マイルドで存在感のあるココナッツ・チャツネに、ピリ辛でトマトがベースのレッド・チャツネ。少し意外だったのはグリーン・チャツネ。かなり酸味が強かったのだ。

満足感たっぷりでデザートまで食べ終わった。お腹がパンパンに膨れあがったけれど、野菜主体だし、たぶん消化に困ることはないよね。


posted by たあぼう at 19:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 海外
この記事へのコメント
本当においしそうですね〜(>_<)
南インドカレーは 体にも良さそうな感じしますよね。 チャツネも本格的だったみたいで 存分にスパイスを楽しめたのでは…!
やはり本場インドのカレーは、日本のインドカレーよりおいしいですか☆(ほとんど★4ですもんね笑)
Posted by たんちゃん at 2006年06月01日 22:46
たんちゃんさん

味以上に種類の豊富さが嬉しいですね〜。ドーサが10種類もあるお店は日本にはないですし。

味は日本のインド料理店も(ちゃんとしたところなら)十分に現地レベルだと思いますよ〜。
Posted by たあぼう at 2006年06月02日 12:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。