2006年10月17日

おすすめその419 デリー(八丁堀・茅場町)

カシミールカレーインドカレーショップ デリー

中央区新川1-28-35携帯地図

Tel:03-3297-8922

予算:800円〜1000円くらい
味 :★★★★
辛さ:★★★★(カシミール)
量 :★★★


デリー銀座店の7代目料理長さんだった浅野氏が独立して開いたカレー屋さん。系列ではないにもかかわらず、店名からメニュー名から古巣と同じものを使っている。多大な貢献をした方だからこそ認められているのだろう。

新川デリーの最大の特徴は「昔のデリーのカレー」が食べられること。年々辛さ耐性が上昇している日本人の味覚に対応するため、古巣のデリーでは昔よりも辛さを増やしているそう。一方の新川は、浅野氏が大活躍されていた頃の味を出すことに努めている。つまり辛さも控えめというわけだ。

ということは、辛いのが苦手な僕でも、デリーで最も辛い「カシミールカレー」(900円)をすいすいと食べられるかもしれない。無謀なことを思いつき、注文してしまった。

あまり待つことなくカレーはやってきた。うーむ、同行してくれたシノギの先輩が注文した「デリーカレー」と比べると、かなり赤黒いなぁ。少しびくびくしながら、サラサラのカレー・ソースをスプーンですくった。

お、これなら旨味が楽しめそう。

間違いなく辛いことは辛い。途中で水を飲んだら危険(食べ続けられなくなる)ということを、舌がビリビリと伝えてくる。でも辛さ以上に、丁寧に仕上げた旨味の方が先に強く感じ取れる。素晴らしい。

…なあんて余裕たっぷりにしていられたのは、正直に言うと食べ始めから半分くらいまで。最後の方は舌が燃え上がり、食べるペースががくんと失速してしまった。途中で鼻を2度かみ、先輩よりだいぶ遅れて食べ終わった。

でも爽快感を感じさせる辛さだなあ。これに魅される人が多いのはよく分かる。テーブルに備え付けのアチャール(漬け物)も含め、長年のデリーファンなら感涙せずにはいられないお店と言えるだろう。

posted by たあぼう at 16:17 | Comment(13) | TrackBack(2) | 〃(築地/八丁堀ほか)
この記事へのコメント
こんばんはー
いったい何軒あるんでしょうかデリーは…(笑)
カレー初心者の私にはチェーン店なのに全部(微妙に)味が違う!と聞いた時は衝撃でした。所謂チェーン店とは違うんですもんねぇ(^^;
カシミールカレー(赤坂)が美味しい!と黒沢薫ファンの私は何も知らずに食べたらば涙を流してしまった過去があるので…(爆)
でも、どこのサイト・ブログを見てもカシミールはグレイト!!とあるので、リベンジしたいと考えているのでした…
確か昔の方が辛くないんですよね?コチラならば大丈夫でしょうかねぇ',
 
あと、ウチのブログのLink集(ケータイのみ)にコチラをLink致しました。不都合があれば御一報よろしくお願いします。
Posted by keyhero at 2006年10月18日 01:53
あぁ、ついにここが登場しましたね!
僕の中ではデリーというと何故かここなんです。
ここのカシミールには本当にお世話になりました。
何か取りあげられて嬉しいです。
たあぼうさんには如何でしたでしょうか?
Posted by MIYOSHI at 2006年10月18日 16:30
>keyheroさん

デリーは場所柄などを考えて個別にコンセプトを立てて工夫していますよね〜。

ゴスペラーズの黒沢さんがデリーを推奨していらっしゃるのですか、存じませんでした。ぜひ再訪してくださいませ。

少なくとも僕が食べきれる辛さでしたよ〜。

>MIYOSHIさん

取り上げるのが遅くなってしまいすみません。なかなか新川まで出向く機会を作れずにいました。

僕も新川の味は気に入りました。作り手の顔が見えやすいでしょうかね。
Posted by たあぼう at 2006年10月18日 22:04
今まで、楽しくロムってただけですが、新川行かれたとのことなので、書き込みさせていただきます。

新川デリーは、コルマカレーにチーズたっぷり!
これが最強だと個人的に考えます。

>丁寧に仕上げた旨味の方が先に強く感じ取れる
全く同感です。
インドカレーは、カシミールの独特の風味がないので、更にそれが感じられると思います。

デリーは新川が一番好きです。
Posted by あいうえお at 2006年10月19日 21:48
あいうえおさん

初めての書き込み、ありがとうございます。

コルマにインドにカシミールに、ひととおり食べていらっしゃるんですね。

コルマカレーとチーズは試したことがありませんでした。次の機会にはぜひそうしてみたいと思います。
Posted by たあぼう at 2006年10月20日 20:41
先日デリーメール会員のオフ会に参加させていただいて、田中社長から直接お話を伺う、質問させていただけるという機会に恵まれました。
実に興味深かったです。
その時は、あいだ一日等寝かせない、作り立てのカシミールカレーという特別メニューをいただきました。レギュラーのカシミールより若干辛さが弱いそうでした。
ボクは、、、やっぱり辛かったです(笑)
でも辛さだけではなくうまみも大きくてすごいですね。
あれを食べて、汗をかくと「薬効」という言葉を思い出します。
個人的にはいつでもコルマを注文してしまいます。
Posted by はぴい at 2006年10月22日 09:17
はぴいさん

おお、珍しいカシミールを食べられたのですね。うらやましいです。しかしコルマに慣れていると、「若干弱い」程度では文句なしに辛いと思うでしょうねえ。僕もたぶんそうだろうな。
Posted by たあぼう at 2006年10月23日 15:13
マイミクにさせていただきありがとうございました。(もうだいぶ前です。)
ところで、初書き込みです。

ここはうちの会社の近くにあります。
2回行きましたが、いつもちょっとだけ行列ができてますね。

ここのカシミールカレーをそれほど辛くないと思うぼくはちょっとおかしいでしょうか?(笑)
正式なデリーに行ったことがないので、いつか行ってみたいと思います。
Posted by たまプラ at 2006年11月03日 00:48
たまプラさん

こんにちは。書き込み初めてでしたっけ?
もっといただいているように思っていました。

会社の近くにこんな有名店があるとはうらやましいです。やっぱりお昼時は少しとはいえ行列になるんですか。デリーの味は偉大ですね。

たぶん辛いカレーに慣れた方にはなんてことのないレベルだと思います。辛いのが苦手な僕が完食しましたから(笑)

ぜひ湯島や銀座と食べ比べてみてください〜
Posted by たあぼう at 2006年11月04日 01:46
一筆啓上

 新川のデリーは仕事先から近いもので時々足を運んでいます。

 チャレンジメニューで、トプカの大辛ムルギカレー、エチオピアのチキンカレー70倍、夢民のトマトチキンカレー50倍とだんだんエスカレートしていきました。

 しかし、一番好みで食べに行きたくなるのが新川デリーの
カシミール・ホットですね。

 多分、今日の夕飯は・・・。
Posted by 田舎者 at 2007年08月08日 13:01
田舎者さん

・トプカ(http://love-curry.seesaa.net/article/677707.html
・エチオピア(http://love-curry.seesaa.net/article/570724.html
・夢民(http://love-curry.seesaa.net/article/1329642.html

いずれも定番のカレー屋さんですが、すべて激辛で食べていらっしゃるとは〜。辛さ耐性が高いですね。今日は新川デリーの激辛だったのですか??
Posted by たあぼう at 2007年08月08日 18:19
 当日歩いて2分、行ってきました。今回は初めてキーマカレーを食してきました。

 浅野さんから、今日は違いますねと言われ、そろそろチャレンジ・メニューを止めて美味しい好みのものを探そうと思います。と答えておきました。

 単に辛さだけで食べていると味ってはっきり分からないものです。キーマカレー辛さ星1つですが、香辛料の味わい深さが口の中に広がっていくのが良く分かりました。

 辛さチャレンジの始めがカシミール。味わい深さの始めが、このキーマカレーなりそうです。

 実は基本的に甘党です。
Posted by 田舎者 at 2007年08月09日 12:24
田舎者さん

辛さだけでなく、香りも楽しむようになると、カレーの楽しみが広がりますよね。デリーのカレーは、辛いだけではないところが支持を集めるんだろうなと思います。

しかし甘党とはまた意外でした(笑)
Posted by たあぼう at 2007年08月10日 16:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

新川「デリー」のインドカレー 10点
Excerpt: 辛いカレーの紹介なんですが、点数甘めの10点です。私の家のすぐ近く、永代橋から数
Weblog: きさらぎぽち の食彩浪漫
Tracked: 2006-11-12 01:02

【デリーのカレー】新川店は自宅から徒歩圏内
Excerpt: 自宅でカレーを作る時にはとにかく大量の玉ねぎをゆっくりと炒めてトマトをぶち込みク
Weblog: 佃の旦那
Tracked: 2007-02-15 19:08

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。