2012年07月28日

おすすめその740 Royal Indian Dining(六本木一丁目)

ラムビリヤニロイヤルインディアンダイニング

港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー3階

Tel:03-3505-9936

予算:1300円くらい(カレー単品)〜(夜)
味 :★★★★
辛さ:★★★
量 :★★★☆


インド料理店が増える一方の東京。探すのに苦労しなくなったようで、そうでもない気もする。今度は沢山のお店がある分、「目立たないけれど実はおいしいお店」を見つけるのが難しくなったように思う。僕が知らない良心的なお店が、東京のあちこちでいくつも埋もれているのだろう。

今回訪れたRoyal Indian Diningも、そんな「実はおいしいお店」の1つじゃないだろうか。場所は六本木一丁目、ビジネスパーソンが多く集まる泉ガーデンタワーに入っている。お店の入口周辺はセットメニューやビュッフェ、あるいはランチタイムのお弁当の案内が目立っていて、単品のメニューはどんなものがおすすめなのか分かりにくい。

実は同店は、バスマティ米(インドの高級香り米)を使ったビリヤニ(インド風炊き込みご飯)を提供している。しかもランチタイムのお弁当にもビリヤニをさりげなく紛れ込ませていた。もっとも、ほとんどの人はビリヤニを素通りし、カレーとナンがセットになったお弁当に手を伸ばしていたけれど(^_^;)

そんな光景を見かけて以来、一度ビリヤニを味わっておきたかったんである。お店を訪れると、すぐにメニューを手に取り、ビリヤニの存在を確認した。うん、チキンとラムがあるね。今回はラムで行ってみようか。

一緒に注文したインド風カクテルの「チャイマティーニ」をちびちびと飲みつつ、店内の大型液晶テレビで流されている五輪の日本−スペイン戦を観戦しながら、ビリヤニの到着を待った。勝ったことを知っているのに、決定機に惜しくもゴールを割れなかったシーンを見ては頭を抱えるなど、傍から見たらかなりおかしな人になっていた。おっと、お目当てのビリヤニが来ましたよ。

大きめのお皿に一杯盛りつけられたビリヤニは、一人で食べるには十分すぎるボリュームだ。ホールのカルダモンやコリアンダーなどの香辛料もたっぷりと入っており、味わうごとに香りが口の中を駆け巡る。辛さもなかなかのもので、インド料理を堪能していると実感できるだろう。

一緒についてくるライタ(ヨーグルトサラダ)も丁寧な作り。スパイス感たっぷりのビリヤニの辛さが気になったあなたは、このライタをかけることで安心できるはず。具のラムもゴロゴロと入っていて食べ応えあり。

うん、おいしかった。日本人向きの調整はあまり感じられない一皿なので、多少好みは分かれるかもしれない。お店の雰囲気と併せて、欧米のインド料理店で味わっているような気分になれた。きれいに平らげたところで、ちょうど日本−スペイン戦も終了した。僕は気分良く清算を済ませ、お店を後にしたのだった。

posted by たあぼう at 22:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | 〃(六本木/西麻布)
この記事へのコメント
derori(渋谷)のカレー(欧風、タイ風)は
激ウマです!!!

カレーうどん、カレーつけ麺などもあります。
http://www.derori.jp
http://www.facebook.com/Derori.Shibuya
Posted by derori at 2012年07月30日 11:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/283633386
※半角英数字だけのトラックバックは受信しません。
この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。