2007年01月10日

おすすめその444 カイバル(銀座一丁目・宝町)

マトン・ラダカイバル

中央区銀座1-14-6 銀座一丁目ビル1F
携帯地図

Tel:03-5159-7610

予算:2000円くらい〜(夜)
味 :★★★★
辛さ:★★☆
量 :★★★


昨年11月にオープンしたグルガオンダバ インディアの姉妹店。パキスタン・アフガニスタン国境近くの峠の名前を冠しているだけあって、タンドールを生かしたムスリム系のインド料理が充実している。

店内は中東のバザールをイメージしたつくりという。なるほど、ウズベキスタンやイランで見かけたそれに似ている。飾り気は控えめながら、決して殺風景ではなく、むしろ神秘的な印象さえ受ける。

今回はシノギの仲間と訪れたため、カレーの前にアラカルトも頼んだ。仲間の要望を取り入れつつ注文したのは、前菜が野菜とパニール(チーズ)の焼きものと、チキン・アフガニ(カシューナッツ・ペーストを加えたタンドール・チキン)。カレーは「マトン・ラダ」(角切りマトンのカレー、1380円)を選択。さらにビリヤニ(インド風炊き込みご飯)も注文した。

シラー種のワインをちびちびと飲んでいる合間に、料理が続々とやってきた。先陣を切った野菜とパニールの焼きものは、生のコリアンダーをはじめとする香辛料の爽やかな香りが印象的だった。チキン・アフガニは期待通りのおだやかな甘み。うん、他の姉妹店と同じように安心して食べられるようだ。

そして、お待ちかねのマトン・ラダとビリヤニのご到着。ビリヤニはライタ(ヨーグルト)付きなのね。ナンの代わりに頼んだ無発酵薄焼きパンのルーマリ・ロティにマトンを包みながら、まずは一口。

ビリヤニうん、カレーもビリヤニも素直に美味しい。

角切りらしく適度な歯ごたえのマトンをしっかりと噛む。すると旨みがじわじわと染み出してくる。一方で、マトン独特の臭みは完全に一掃されている。油やスパイスを使って丁寧に下ごしらえしているわけだ。

ビリヤニはバスマティ米を使って炊き込んだもの。やはり生のコリアンダーを小さく切って散らしている。大きな塊のチキンもごろんと入っていて、食べ応えは十分だ。

僕の好みではもっとパラパラさせてもいいかもと思う。もっとも、水気の多いライスに慣れた一般的な日本人にはこのくらいでも十分かな。

姉妹店と同様に良いお店だと思う。ただし注意したい点もある。生のコリアンダーをふんだんに使う料理が多い点だ。コリアンダーが苦手な方は、事前にコリアンダー抜きで注文しよう。実際、今回同行したシノギ仲間は大のコリアンダー嫌いで、コリアンダー抜きのビリヤニを追加注文した。

なお、店名からするとパキスタンに分類した方が適切かもしれないが、お店側がインド料理としているのを尊重した。ついでにスタッフもデリーやルンビニ(ネパール、ブッダの生誕地)の人だったし(^_^;)

野菜とパニールの焼きもの チキン・アフガニ

posted by たあぼう at 00:47 | Comment(12) | TrackBack(2) | 中央区(銀座1〜4/銀座西)
この記事へのコメント
開店間近という時期にここのお店の前を通って、
名前だけをメモしてあったのにまだ行ったこと
ないです。たあぼうさんに先を越されました。
ランチ メニューを見て、ほほう、と思っては
いたのですよね。
ダバ系列なんですね。近いうちに行けると良いな。
Posted by あい at 2007年01月11日 20:25
あいさん

そうだ、お近くにお勤めでしたね〜。ディナーは「ちょいと高めかなぁ」と思いましたが、ランチはどうなんでしょう。

ぜひ訪れて、あいさんの見立てを教えてくださいませ。
Posted by たあぼう at 2007年01月12日 00:51
あー、ここのランチ行きました。
ランチ、ちょっと高めですが美味しかったです。
#大のコリアンダー好き。
Posted by MIYOSHI at 2007年01月12日 17:38
たあぼうさん、早速行って来ました。

タンドーリゴビは、自分を含む生のコリアンダー嫌いにも、美味しいと評判でした。
グルガオンも、同じ安心さがあったように思います。

激辛というシークカバブも当然注文しました。

ただ今回は2次会で、つまみにタンドール料理を頂いただけでしたので、次は、カレーを食べに行きたいと思います。
Posted by 辛党のおっさん at 2007年01月12日 23:39
>MIYOSHIさん

さすが京橋界隈、お強いですね〜。ランチタイムも少し高めですか。ディナーと同じ傾向なのでしょうか。コリアンダー大好きでしたら、ここは間違いなくおすすめですよね。

>辛党のおっさんさん

おや、コリアンダー苦手でしたか。それは意外。でもタンドールゴビ(カリフラワーのタンドール焼き)を気に入られたのなら何よりですね。

ところで、2次会にインド料理店を選べるお友達か同僚の方がいらっしゃるんですか。僕の周辺とは違うなぁ。羨ましいです。
Posted by たあぼう at 2007年01月14日 22:25
初めてメールします。昨日友人と初回訪問。
チーズクルチャとカレーがめあてでしたが、
思いがけず大好きな牡蠣メニューに遭遇。ゼリー寄せ風の前菜と牡蠣のタンドール焼きどちらもスパイスがきいて美味しかったです。この季節カレーと牡蠣を両方堪能できて個人的にははまりそうです。


Posted by 畳屋の女房 at 2007年01月14日 23:05
OPEN直後・11月末にDinnerに行きました。

『チキンティッカ2種』
赤い方は濃厚でかなりスパイシー・白い方もガーリックと塩気がマッチ♪
何より,外側はパリッ・内側からはジューシーな焼き上がりで、最高でした\(^o^)/

ゴージャスさもあって、お値段もそれなりなので、贅沢したい時に訪れたいお店だと思いました。
Posted by たんちゃん at 2007年01月15日 13:15
>畳屋の女房さん

初めてのコメント、ありがとうございます。牡蠣料理が充実していましたか、それはチェック不足でした。情報助かります。

>たんちゃんさん

さすがお早い。チキン・ティッカ2種も興味があったのですが、やはり美味しそうですね〜。仰るとおり、ちょっとリッチな気分に訪れたいお店だと僕も思います。
Posted by たあぼう at 2007年01月15日 18:41
遅ればせながら1月下旬に出かけてみました。

「タンドール料理とワインの店」。このコンセプトは当たりですよね。

ただ、普段からタンドール料理を食べてしまうと、いいお店だとは思いますが、こちらの上品過ぎる味に途中からなじめなくなっちゃいました。

今日の収穫は「ルーマリ・ロティ」でした。
Posted by エスニカン at 2007年02月04日 00:44
エスニカンさん

コメントありがとうございます。エスニカンさんほどの本格派は、もっと現地らしいインド料理店がいいでしょうね。

ルーマリ・ロティを収穫とされた点はさすがです。他店ではあまり見かけませんよね。
Posted by たあぼう at 2007年02月06日 18:23
先週の土曜ランチに訪れました。
実は平日ランチは2回ほど(^^;。
気に入ったので、ダンナと土曜日に。
土曜のランチは平日よりゴージャスゴージャス。

名前は忘れましたが、ハンカチの様なパンが出ました。焼き物と一緒に包んで食べると気分はすっかり北京ダック。
そして、コリアンダーが大嫌いな私でも食べれた不思議なお店です。
二人で◎でした。

カイバル、グルガオン、ダバインディア、似た味だな〜〜と思ったのは気のせいでなかったのね。

Posted by もじょろん at 2007年03月19日 22:49
もじょろんさん

グルガオンやダバ・インディアと同様に、ホリデーランチがあるんですね。ルーマリ・ロティで食べられたのでしょうか? 良かったですね〜。
Posted by たあぼう at 2007年03月21日 21:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31151669
※半角英数字だけのトラックバックは受信しません。
この記事へのトラックバック

カイバル
Excerpt: 京橋のDhabaIndia の姉妹店 タンドール料理 カイバル。 11月にOPENしていたのですが 念願叶って、やっと行けました ワインも豊..
Weblog: 美味しゅうございました。
Tracked: 2007-02-09 15:02

今日のカレー(No.93) 〜カイバル〜(銀座)
Excerpt: この店もdancyu7月号に載っていた、 ビリヤーニが売りの店である。 最初はカレー部の部活動で行こうと思っていたのだが、 予約の段階で問題が発生・・・・。 {/baikin_1/} 5人以上だと38..
Weblog: カレーなる日々
Tracked: 2007-10-18 23:06

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。