2007年01月29日

おすすめその455 デリーダルバール(南砂町)

マドラスターリーセットデリーダルバール

江東区南砂3-13-1携帯地図

Tel:03-3647-9406

予算:1400円くらい〜(夜)
味 :★★★★
辛さ:★★★
量 :★★★★


ドーサ(お米のクレープ)を含む定食型メニュー「マドラスターリーセット」(2280円)を注文したら、デリーダルバールのオーナーさんにこう聞かれた。「お待たせしてしまう場合がございますが、よろしいですか?」

中途半端な時間に訪れたため、店内は閑散としている。それなのにどうして時間がかかるんだろう? と訝しむ表情が僕の顔から出たのに気が付いたのか、オーナーさんは言葉を続けた。

「当店のシェフであるマニアンは、ドーサ作りに真剣でして、焼きあがりに納得がいかないと捨ててしまいます。そうなると新たに焼き直しますので、お待たせしてしまうのです」

なるほど、これは期待できそうだ。「毎日カレーとタイ料理」のエスニカンさんが2007年の第1弾に選んだお店だけはある。僕は快諾して、料理がそろうのをのんびり待つことにした。

順序が前後したけれど、マドラスターリーセットは、南インドのチェンナイ(旧名マドラス)で食べられそうな定食のこと。ラッサム(トマトスープ)、サンバル(野菜と豆のカレー)、サモサ、キャベツのポリヤル(インド風野菜炒め)、ヨーグルト、プレーンドーサ、ライス、デザートがセットになっている。

幸いにもさして待つことなく一式がやってきた。焼き具合に満足いくものだったんだろう。じゃ早速、サンバルを少し盛り付けてからドーサをいただきますか。

うん、適度なパリパリ感が素晴らしい。

ドーサと一緒に食べたサンバルは、ジャガイモ、タマネギ、ナスなど具が豊富。ドーサだけでなく、ライスとも相性がいいし、そのまま食べてもなかなかのお味だった。また、ラッサムは酸味を程良く利かせてある。他の料理の合間に食べるとメリハリが付いていい。

かっちりとした衣のサモサには、ジャガイモのほか、グリンピースやナッツがふんだんに入っていた。これもおいしい。サモサに強く感心したのはひょっとして浜松町のマサラキッチン以来かもしれない。

具で少しだけ気になったのは塩加減。特にポリヤルは、キャベツの甘さの影響もあってか塩分が強く感じられた。もう少し塩気が少ない方が僕の好みには近い。

とはいえ、総じて満足度は高い。「遠方からマドラスターリーを食べにいらっしゃる方が多いんです」というオーナーの言葉にも、十分な説得力があった。

なお、食後にはチャイをサービスしていただいた。一口飲めばカルダモンをぜいたくに投入していることが分かる代物だった。次回訪れる際には必ず自分で注文しようっと。

posted by たあぼう at 23:10 | Comment(23) | TrackBack(2) | 江東区
この記事へのコメント
こんばんは。

お、ここは前にデリーさん(Yahoo!ブログの方です)
の記事で拝見したお店です。
非常にそそられるお店です。

昨年はカフェのカレーを重点的に取り上げましたが
今年は南かなぁと思っていたので、ぜひ訪問したいです。

記事の更新を楽しみにしています。
それでは、失礼しました。
Posted by USHIZO at 2007年01月30日 02:11
こちらでびっくりしたのが「ビーフカレー」でした。

よくよく考えれば、日本の人口を上回るムスリムの方がいらっしゃるので、「ビーフカレー」も旨いはず〜。インドは奥が深いです。
Posted by エスニカン at 2007年01月30日 10:35
記事アップをおまちしています。
たあぼうさんの所見がお聞きしたい!
Posted by はぴい at 2007年02月01日 11:13
初めまして、いつも楽しく拝見させていただいています。INDIAN OVENと恵比寿ツナミの三枚肉のカレーお勧めです
Posted by ゆゆ at 2007年02月03日 17:05
はじめまして
素晴らしいブログですね。

最近、カレーにはまっているものです。

今後とも、よろしくお願いします。
Posted by 楽笑 at 2007年02月07日 11:55
みなさま、いただいたコメントへの返信が遅れたこと、お詫びします。

>USHIZOさん

最近、USHIZOさんやNOBLEさんはかなり南づいていらっしゃいますよね。手食の回数では既に僕は追い越されていそうです(^_^;)

>エスニカンさん

ご紹介ありがとうございました。私の行動範囲からは遠めですが、何度か通ってみたくなる要素がありました〜。

>はぴいさん

記事上げがすっかり遅くなって恐縮です。「所見」などという言葉、もったいないです。僕が勝手に構えてしまいますので、ゆる〜く行かせてください(^_^;)

>ゆゆさん

はじめまして。ご覧くださりありがとうございます。また、お店のご紹介もありがとうございます。

INDIAN OVENは中野富士見町のお店ですか。ノー・チェックでした。恵比寿のツナミは一度訪れたことがあります。その時はドライカレーをいただきました。また機会があったときには、三枚肉のカレーを注文してみますね。

>楽笑さん

はじめまして。リトルスパイスやマジックスパイスに訪れていらっしゃるんですね〜。

こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by たあぼう at 2007年02月11日 19:00
2月11日に埼玉の新所沢駅にOPENしたドライカレーのお店があります。おいしかったです。
マスターに聞いたら、去年吉祥寺のお祭りで屋台を出し、とてもおいしかったと評判で開店に至ったそう。是非いってみてください。地元が埼玉なので、埼玉版もぜひ企画してください。oogushi-currydou.com
Posted by マミィ at 2007年02月12日 00:00
たあぼうさん

マニアンさんの料理への姿勢がストイックなのがわかるお話ですね。
気取らずに正統派〜。そんなところも足を運んでしまう理由でしょうか。
Posted by エスニカン at 2007年02月12日 15:06
>マミィさん

新店のご紹介ありがとうございます。お店のWebサイト(http://oogushi-currydou.com)も拝見しました。雰囲気良さそうですね。いつか訪れてみたいものです。

自分の能力・時間的余力のかねあいで、今のところ「東京ローカル」という姿勢で臨んでおります。埼玉編、やってくださる方いないかなあ…

>エスニカンさん

仰るとおりです。決して気取る必要はないのに、見た目にも美しいドーサをはじめとする本格インド料理がいただける。良いお店ですね。

レストラン・ビジネスとしてもぜひ成功を収め、さらなる評判を呼んでほしいと思いました。
Posted by たあぼう at 2007年02月12日 22:46
焼き上がりに満足いかないと、捨てるですか・・。
海原雄山のようですねww。

南インド系なのに、ターリーというのも珍しいですね。
これは気になりますねぇ。
行ってみたいです。
Posted by samurai at 2007年02月13日 00:03
samuraiさん

マニアンさんは客を叱りそうにない、優しそうな方なんですけどね(笑)

ターリーと付けているのは分かりやすさだと思います。インド現地でも、南インド定食にターリーを冠しているお店を見かけました。
Posted by たあぼう at 2007年02月13日 19:52
思うのですが、「真面目すぎて失敗をして欲しくない、損をして欲しくない」
そういうお店だと、ボクは感じます。
オーナーがちょっと堅い感じで、でも生真面目さが伝わって、ボクは好きだなあ。
Posted by はぴい at 2007年02月15日 22:08
はぴいさん

返信が遅くなってごめんなさい。正に仰るとおりですね。料理の提供スタイルが真面目すぎてビジネスとして窮屈にならないといいな、と僕も思います。
Posted by たあぼう at 2007年02月18日 20:44
デリーも美味しいですよね。

http://www.civico.wafu.net/tokyo/touhyou/gurume/curry/curry.cgi

(東京カレー投票箱)

こちらで投票やっております。
よろしければ、お勧めのカレー屋に一票
お願いいたします。
Posted by civico at 2007年02月26日 12:16
civicoさん

コメントありがとうございます。カレー屋さんの投票ですか。興味深い試みですね
Posted by たあぼう at 2007年02月27日 19:12
こんにちは。
検索してて見つけました。
古いエントリーに、書き込みですが、
マドラスターリーセット、毎回こればかり好きでたのんでいますが、5,6回行っててデザートに一度だけ”バーヤサ”が出てきて感激でした。
タミール人宅で食べて以来ですが。
他のお店をよく知らないのですが、デザートにはあんまり出てこない物でしょうか?
Posted by バーヤサ at 2007年08月04日 11:48
バーヤサさん

他店を含めてあまり出てこないと考えていいと思いますよ。貴重な出会いでしたね。
Posted by たあぼう at 2007年08月04日 23:40
こんにちは 先日伺ってきました ご年輩の方々が中心に営業されているからでしょうか とてもゆったりと過ごせる感じの良いお店ですね ご主人のお人柄がお店の雰囲気にあらわれているようです マドラスターリーをいただきました たあぼうさんもおっしゃられていたように、私も塩加減を強く感じました。サンバルもラッサムもポリアルも。 お味はとても満足なんですが。 付け合わせは、サモサではなくワダでした。 期待していたので残念。 ご主人いわく、南インドのもので統一することにしたそうです。 そして、こだわりのドーサですが、 中心は生地が薄すぎて穴が空き、端は半焼けで柔らかく白い状態で出されました。 これも期待していたのでとても残念。 たまたま運が悪かっただけだと良いのですが。 ぜひ再度伺いたいと思います。 せっかくの良いお店ですので。
Posted by dolphinkick at 2007年10月21日 15:56
dolphinkickさん

行かれましたか。文章を拝見すると、ややはずれの日だったようですね(^_^;) ただ、塩加減は同じ傾向だとすると、シェフの趣味なのかもしれませんね。

よかったらまた一度、試してみてください。
Posted by たあぼう at 2007年10月22日 01:32
チェンナイから来ているインドの若者を二人連れて行ってきました。
最初にマサラドーサを注文。焼かれた都度一つずつ出てきましたが、一つ目のは少し破けていて、二つ目のも少し焼きむらがあり、三つ目のでやっと奇麗に焼けたのが出てきました。開店と同時に行ったのでまだ鉄板が温まっていなかったのかなと思います。そうは言っても、少し厚めで外はパリっと中はしっとりの生地で、香りも良くとても美味しかったです。インド人達の評価もとても高く、ニルワナムよりも美味しいとのことでした。
後はラッサムスープ、サンバルワダ、ヨーグルトライスを注文し、いずれもかなり美味しかったです。
これでライスがパスマティとかだったら最高なのにと思います。
Posted by kur at 2007年12月01日 22:28
kurさん

コメントありがとうございます。

デリーダルバールは、僕が訪れたときとはシェフが変わられたそうです。それでも以前とさほど変わらずに、インドの方に受け入れられる料理が出ているようですね。

バスマティ米は高級ですから、お店の方からすると「お客さんがそこにどれくらい付加価値を感じてくれるか」がポイントなのでしょうね。何人かのお客さんが「数百円高くても構わないから」と要望すれば、実現するかもしれません。
Posted by たあぼう at 2007年12月02日 22:31
こんにちは

てっきりHPの写真の方がマニアンさんかと思いました。名前が違いますね。マニアンさんの料理も是非食べてみたいです。

インド人客が増えてこないと、米に拘るのは難しいでしょうから、もっとインド人にこの店を紹介していこうと思います。
Posted by kur at 2007年12月03日 18:12
kurさん

なるほど、インドの方をお客さんとして増やすのは興味深いアイデアです。成果に結び付くといいですね、楽しみにしています。
Posted by たあぼう at 2007年12月03日 20:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32254081
※半角英数字だけのトラックバックは受信しません。
この記事へのトラックバック

2007年の第一弾!東京・南砂町の南インド料理「デリーダルバール」
Excerpt: デリーダルバール▼最寄り駅:東京メトロ南砂町▼インド、南インド料理 昨年11月下旬に復活オープンした南砂町の「デリーダルバール」。元々この地でインド料理レストランとして営み、インド大使館にスパイスを..
Weblog: ◆毎日カレー◆と★タイ料理★ by エスニカン
Tracked: 2007-02-12 15:07

南砂町「デリーダルバール」で「マドラスミールス」♪
Excerpt: デリーダルバール▼最寄駅:東京メトロ東西線南砂町▼インド料理(北・南) 南砂町のインド料理「デリーダルバール」。今日は前回満腹で断念した「マドラスターリー」を食べたくて再訪してみた。 私のブログの..
Weblog: ◆毎日カレー◆と★タイ料理★ by エスニカン
Tracked: 2007-04-22 23:23

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。