2005年04月30日

おまけイラン1 Maharaja(エスファハン)

アル・マタールとプラタMaharaja

Khiyaban-e Chahar-Bagh-e Pa'in

Tel:+98-311-2251087

予算:30000リアル(350円)くらい〜
味 :★★★
辛さ:★★☆
量 :★★★★


イランのエスファハンで食べたカレー…というより、もはやグリンピース料理というべきか。イラン日記に含めるため、日付は後でいじりますが、こんなのが出てきたという写真をどうぞ。

エスファハンの目抜き通りであるチャハール・バーゲ通り沿い、エンゲラーベ・エスラミー広場近くにあるインド料理店。鏡張りの店内はなかなか高級な雰囲気で、小金持っているぞという雰囲気のイラン人カップルや、日本人のツアー客などが目に付いた。

早速メニューに目を通すと、なるほどイラン物価からするとかなり高級。しかし、カレーのメニューが少ないな…。羊、鳥とそれぞれのビリヤニ(インド風ピラフ)版、それにエビ。野菜系はダル(豆)とアル・マタール(じゃがいもとグリンピース)くらいか…。

イランに来てからあまり野菜を食べていないなと思っていた僕は、アル・マタール、プラタ(全粒粉のパン)、ライス、ヨーグルト(サラダの一種)、それにザムザム・コーラを注文した。カレーとコーラは相性が良い気はしないけど、何しろ飲み物の選択肢が少ない。

イラン人の店員さんは「肉のカレーを注文しないのか」とちょっとびっくりした様子だった。僕はやってきたカレーを見てびっくりしたよ。なんじゃこのグリンピースは!

ここまでグリンピースがいっぱいのアル・マタールというのは初めてだ。食べても食べてもグリンピースがなくならない。そのほかの具はじゃがいとトマトがそれぞれ少々。少しカレー味が加わっているおかげか、グリンピースのクセをあまり感じず、意外なほど食べやすくはあった。

ライスはバター・ライスで、プラタも脂分いっぱいとこってり系。これはイラン人の好みだろう。イラン料理店で食べられるチェロウ・ケバブ(鶏肉とバター・ライス)にそっくりなので。

と、イランで最初に食べたカレー?はこんな感じだった。面白かったけれど、日本のインド料理の味を期待する人には、ちょっと厳しいかもしれない。肉のカレーは違うのかなぁ。


posted by たあぼう at 14:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 海外
この記事へのコメント
す、すごい!
さすがにこれは日本にもまだ導入されていないカレーですね。
グリンピーシーズには大受けしそう。
Posted by らぶナベ@まろまろ at 2005年05月17日 22:04
らぶナベ@まろまろさん

あはは、そうですね。グリンピーシーズなら大喜びかもしれないです (^_^;)
Posted by たあぼう at 2005年05月18日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。