2007年04月24日

おすすめその484 さぼうる2(神保町)

ビーフカレーさぼうる2

千代田区神田神保町1-11携帯地図

Tel:03-3291-8405

予算:650円〜850円
味 :★★★
辛さ:★★★
量 :★★★


さぼうるは50年以上の歴史を誇る神保町の喫茶店。今回取り上げた2号店のさぼうる2も、はや20年以上営業している。やや暗めの店内は、スペイン語の「sabor」にちなむ店名のとおり、独特の「味」が感じられる。

ホフディランの小宮山雄飛さんも注文されているように、ここの名物はナポリタンだ。でも実はカレーも開店当初から、しかもずーっと同じ値段で続く定番メニューのひとつとなっている。

シノギのついでに正午直前に訪れたところ、幸運にも並ぶことなく店内に滑り込めた。席に着いた僕は早速、ビーフカレーを注文する。単品なら650円。今回はスープ付きにしたので850円なり。

先にやってきたサラダをいただいている間に、外で待つお客さんが増えてきた。昔から変わらない人気ぶりが続いているんだね。もちろん僕が座った席もあっという間に相席に。それからほどなくして、ちょっと懐かしさを感じさせるカレーがやってきた。

なるほど、味もまた創業以来のものを受け継いでいるようだ。決して古びてはいないけれど、どこか懐かしさを感じさせる、80年代っぽいカレーライスと言える。聞けば、ガーリック・パウダーなどを加えて仕上げているそうだ。

辛さはそこそこ。あつあつのご飯と一緒に食べると、水に手を伸ばしたくなるくらいだ。この辛さが創業から変わらないのだとしたら、当時は結構辛いという印象を与えたんじゃないかな? 

ボリュームは値段からすると十分という印象を受けた。学生街の神保町だけに、コスト・パフォーマンスを重視するお客さんが少なからずいそうだけど、その要望に応えているんだろう。

少し注文を付けたいのは、セットのスープがやや寂しいこと。カレー単品で頼んだ方が、お買い得感を得られると思う。

posted by たあぼう at 00:42 | Comment(6) | TrackBack(1) | 千代田区(神保町)
この記事へのコメント
シンプルなカレーが一番です
お茶の水にはよく通ったなあ・・・

Posted by ひよこクリップ at 2007年04月25日 07:04
ひよこクリップさん

仰るとおり、さぼうる2のカレーは見た目からシンプルですね〜。
Posted by たあぼう at 2007年04月26日 07:12
カレーを食べる、ではなくて「さぼうるでカレーを食べる」ということに意義がある。そんな気分なんですよねえ、ここは。
ボクも大好きなお店です、、、(が、カレー食べてません。まずいな!食べなくっちゃ)
Posted by はぴい at 2007年05月03日 11:45
はぴいさん

神保町に詳しいはぴいさんから反応をいただけて嬉しいです。

そうですね。さぼうるという空間で時間を過ごすことに意義があるかもしれません。
Posted by たあぼう at 2007年05月07日 19:51
お帰りなさいませ。
ご旅行とのことで、コメントする機を逸してましたが、改めて反応します(笑)。

たあぼうさんのブログには登場しないと勝手に思っていた「ルオー」とこちらの記事は、嬉しい限りです。

「まんてん」がアップされる日は来るのでしょうか(笑)。
今も健在のようですが、「まんてん」を知らないという今の神保町の学生が居ました(笑)。
Posted by 辛党のおっさん at 2007年05月08日 23:34
辛党のおっさんさん

反応ありがとうございます。決して排除していたわけではないんですよ。たまたま取り上げる機会を逸してずるずるとというやつです。

正直に言うと「まんてん」は迷っているんですよね。とりあげたものかどうか。100軒に到達する前からずっと迷っています(^_^;)
Posted by たあぼう at 2007年05月10日 00:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

さぼうるの「アイスクリーム」
Excerpt: 昭和30年(1955年)から続く日本を代表する喫茶店の一つに入ってみる。神保町...
Weblog: まろまろ記
Tracked: 2007-05-17 18:14

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。