2007年04月28日

おまけイギリス2 Bay of Bengal(エジンバラ)

Mix VegetableBay of Bengal

164 High Street, Edinburgh

Tel:+44-131-225-2361

予算:9ポンド(約2160円)〜(昼)
味 :★★★★
辛さ:★★★
量 :★★★☆


ところは変わってスコットランドの首都、エジンバラにやってきた。午前中に着いたにもかかわらず、訪ねる宿がみんな「No Vacancy」(いっぱい)。5軒めでようやく確保できたときには、午後1時を回っていた。

このため急ぎ足で、エジンバラ城の通り道である「ロイヤル・マイル」沿いにあるベンガル料理店「Bay of Bengal」にやってきた。時間は午後1時20分。「2時に閉めるんだけど」と渋り気味の店員を説得し、どうにか店内に入り込んだ。

(ここに限らずイギリスの料理店の多くは、日本ほど融通が利かないそうだ。2時閉店ならきっかり2時に閉めたがる)

しばしメニューを眺めていると、店員さんに催促された。「シェフが1時30分にキッチンを片づけてしまう」。ははは、すみません。じゃ、ベジタリアン向けターリー(8.95ポンド)を。前菜のパコラ(野菜天ぷら)と、野菜カレー1種、ピラウ(ピラフ)、それに本来はデザートが付く…が、この日は売り切れ。代わりに1ポンド引きしてもらった。

東南アジアのサテー・ソースにも似た甘辛いチャツネでパコラをいただく。セント・アンドリュースのBalakaのパコラとはまた違った味付けだったので、楽しめた。パコラを食べ終えると、なかなかボリューム感のあるミックス・ベジタブル・カレーと、カラフルなスパイスを加えたピラウがやってきたのだった。

ドライタイプの野菜カレーだ。具はジャガイモ、ニンジン、オクラなど、いたってオーソドックス。ただ、型くずれがなく、かといって固すぎることもない茹で加減は素晴らしい。さらに生のコリアンダーをうまくアクセントに使い、ソツなく仕上げている。

一方、カラフルなライスは見た目に華やか。クセはほとんどなく、パラッとしたライスが好きならおいしいと思うはず。逆に日本的なしっとりライスが好きなら、「うーん」とうなってしまうかな(^_^;)

カレーがドライ、ライスもパラッと炊きあげたタイプのため、食べ進むうちに喉が渇いた。オレンジジュース(1.75ポンド)を1杯だけ頼んだのだけど、もっと水分を摂った方が食べやすいかもしれない。

なお、代金はサービス料を含めて10.6ポンド(約2500円)だった。


posted by たあぼう at 14:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 海外
この記事へのコメント
こちらのライスですね〜。
色合いはアンマンのと似た、紅しょうが色ですね。
果たして元はなんなのか、私も聞いてみたいと思います。

そして「野菜カレー」がおいしそうです♪。
Posted by エスニカン at 2008年07月20日 17:25
たあぼうさん

書き忘れちゃったんですが、エジンバラでは親日の方が多かったのではないでしょうか?
(※中村俊輔選手さまさま〜)
どこいっても「ナカムラー」とか声かけられたりしちゃうパターンがなんとなく想像できます。
Posted by エスニカン at 2008年07月20日 17:35
エスニカンさん

コメントありがとうこざいます。そうそう、エスニカンさんが紹介されているヨルダンのインド料理のライス(http://blog.livedoor.jp/ma888tsu/archives/51344145.html)と同様に、こちらも赤かったので印象深かったのです。正体を知りたい思いが強まりました。

エジンバラはそうですね、誰からも嫌がらせにあうことなく、旅行しやすい街でした。コスモポリタン化したロンドンとは違う、イギリスらしさを感じられました。
Posted by たあぼう at 2008年07月21日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。