2007年06月28日

おすすめその499 レストラン タケ(代々木公園・代々木八幡)

ハーブ豚とキノコのカツカレー ボルドー風Restaurant TAKE(レストラン タケ)

渋谷区富ヶ谷1-14-14携帯地図

Tel:03-3467-9333

予算:980円〜
味 :★★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★


「では、氷なしのお水を用意しますね」

カレーを食べ終えた僕が、「薬を飲みたいのでお水をいただけますか」と頼んだところ、店員さんはこう答えてくれた。このような接客マニュアルには載っていないだろう心遣いをしてもらうと、いいお店だなぁと嬉しく思う。

ここは富ヶ谷商店街沿いにあるレストラン タケ。「フレンチカレーと料理」という、中目黒のムッシュヨースケを思い出させるコンセプトのカレー屋さんである。シェフ同士はお知り合いなんだそうだ。

レストランと名乗ってはいるけれど、堅苦しいお店ではない。暖色の照明が優しく照らす店内は、ほどよい加減のオシャレさ。料理の値段もフレンチ系にしてはリーズナブルと言える。だから気の利いたビストロと呼んだ方がしっくりとくる。

コンセプトのとおり、カレーはフレンチの技巧を凝らしているという。常設メニューが5種類と、少しぜいたくなスペシャル仕様のメニューが数種類ある。今回は、常設メニューのひとつである「ハーブ豚とキノコのカツカレー ‘ボルドー風’」(1050円)を注文した。

一緒に頼んだハウスワインの赤(460円)をちびちびと飲みつつカレーの到着を待つ。しばらくすると、一式がそろって到着した。カレー・ソースは冷めにくい陶器に盛られている。一方、ライスの上にはカツレツや薄く切って揚げたレンコンなどが載っている。この華やかな見た目もムッシュヨースケに似ている。では、いただきます。

力強いカレー・ソースと、サクサクでしつこさの全くないカツ。大人のためのカツカレーと呼んでいいかもしれない。

カレー・ソースは欧風らしい濃厚な旨みを楽しませてくれるタイプ。単に濃厚なだけでなく、味に奥行きが感じられるのは、フォン・ド・ボーやワインを加えて仕上げているからなんだそう。やや強めの酸味には好みが分かれるかもしれない。僕は好きだ。

カツも素晴らしい。薄い衣でサクサクに揚がっており、その食感が食べ終わりまでずっと続いた。ライスの上に載ったカツは、時間が経つとペチャッとなりやすいものなのに、不思議だ。

また、キノコやレンコンも彩りとして添えられているだけではなく、それぞれの持ち味を十分に発揮して味にバリエーションを持たせてくれていた。完成度の高いカツカレーだと思う。

なお、カレーは具の種類によって仕上げ方を変えている。フォン・ド・ボーの代わりにブイヨン・ド・ヴォライユ(チキンのだし)を使うといった具合だ。何度か通ってそれぞれの味を楽しみたい。

posted by たあぼう at 00:29 | Comment(10) | TrackBack(1) | 〃(原宿/代々木/千駄ヶ谷)
この記事へのコメント
お待ちしておりました。
お話、楽しみです!
Posted by dolphinkick at 2007年06月28日 11:25
いよいよ500軒目目前ですね〜
本当に凄いですよね〜
Posted by ヨッシー at 2007年06月28日 15:43
500軒到達を楽しみに待ってました。遂にリーチですね(^o^)

500軒目は、あの店かな〜と、つい想像したくなります(^^;
Posted by てる at 2007年06月29日 08:06
>dolphinkickさん

レストランタケは何度も通いたくなる要素をいくつも持ったお店ですよね〜。

>ヨッシーさん

ありがとうございます。東京都内だけでも、いっぱいカレー屋さんがあるものですよねえ。

>てるさん

ご想像のお店は六本木ですかね? 実は違うお店にしようかな、と考えています。
Posted by たあぼう at 2007年06月30日 22:55
楽しく拝見させていただきました。
地元に密着した、とてもアットホームで真摯なサービスのできるお店です。
やはり、地域性があるのでしょう。
雰囲気の素敵な年輩ご夫婦の楽しまれる姿もよく見掛けます。
ホームページも綺麗ですので御覧になってみてくださいね。
ぜひ他のカレーも感想聞きたいです。
Posted by dolphinkick at 2007年07月01日 10:28
dolphinkickさん

生活感と高級感がほどよく同居している富ヶ谷界隈にぴったりなお店ですよね。年輩ご夫婦はいかにも品の良さそうな方々で。
Posted by たあぼう at 2007年07月03日 00:53
こちらの、パリ風シュリンプカレーが、TOKYO1週間で紹介されれいますね。
内容は、仏・韓カリーバトル、相手は銀座の韓国料理「けなりぃ」のようです(笑)。
Posted by 辛党のおっさん at 2007年07月07日 22:55
辛党のおっさんさん

TOKYO1週間が取り上げていましたか。読者の興味を引くためとは言え、フランス−韓国カレーバトルとはなかなか強引な企画ですね(^_^;)
Posted by たあぼう at 2007年07月08日 15:46
拝見して以前より行きたいと思っていました。

彩りが綺麗な野菜カレーを美味しくいただいてきました。
落ち着いた雰囲気のお店でとても素敵でした。

訪問して他のカレーもいただいてみようと思います。
Posted by かりん☆ at 2008年02月03日 00:01
かりん☆さん

レストラン タケのカレーは見た目から食欲をそそりますよね。お気に召したようでよかったです。
Posted by たあぼう at 2008年02月03日 16:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46075660
※半角英数字だけのトラックバックは受信しません。
この記事へのトラックバック

レストラン TAKE タケ 代々木八幡・公園
Excerpt: 渋谷区富ヶ谷・・・・・「Restaurant TAKE」 フランス料理を20年間修業してきたオーナーシェフが、手ごろな価格で提供する「ビストロフランス料理」フランス料理とカレーライスを融合させ..
Weblog: いちごパフェとカレーが大好き日記
Tracked: 2008-02-03 00:03

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。