2005年07月11日

おすすめその222 ゴッホ(池ノ上)

モツカリーライスゴッホ

世田谷区代沢3-12-1携帯地図

Tel:03-3419-6983

予算:1000円くらい〜
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★☆


どの駅からも微妙な距離、淡島のバス停の近くにあるカレー屋さん。かつては香料の専門家であったというご主人がやっている。dancyu編集部の「新・全部うまい店」に載っていたので、以前から訪れようと思いつつ、やっと今回訪れた。

メニューには、ビーフやチキン、きのこなどいろいろな具のカレーが並ぶ。僕の目が止まった場所はモツ。居酒屋さんではモツ鍋をよく注文するけれど、カレーではあまり食べたことがなかったからだ。興味をそそられて注文する。1200円なり。

辛さは子供向けの「ミルキー」から激辛の「ヘロヘロ」まで7段階。辛いのが苦手な僕は真ん中らへんの「マーカリ」にした。

店主は読売ジャイアンツのファンらしい。店内のテレビが映し出す広島カープ戦の中継に、「よしっ」とか、「あーあ」とか、一喜一憂しながらカレーを作っている。手持ちぶさたの僕は、テレビに移る清原が壮絶な三球三振をする姿や、壁に貼ってあるゴッホ展のポスターやを眺めていた。

そうこうしているうちに、サラダがやってきて、続いてカレーもやってきた。モツがたくさんのったお皿。なかなか迫力があるな。

不思議なカレーだ。

口の中をチリの辛さがさっと駆けめぐる一方で、ミルキーな甘みが一緒にやってくる。といってもココナッツ・ミルクのそれじゃない。何か別のものだ。モツは焼いてあるのだけど、あまりモツ焼きっぽさを感じさせない。

全体的に独特の仕上げ。でも、水準以上のおいしさをしっかりと実現している。お店がインド風をうたっていたのでインド風に分類したけれど、オリジナルと言った方がしっくり来るかも。

posted by たあぼう at 19:47 | Comment(2) | TrackBack(1) | 世田谷区
この記事へのコメント
 御紹介から一月半。行ってきました。
 ビーフカリーをいただきました。仰るとおり、甘さと辛さが絶妙でした。あの甘みはなんでしょうね。

 小生が訪れたときには、店のおやじさん、松本清張のこわさについて力説されていました。深いねぇ。
Posted by ゆいちろう at 2005年08月31日 11:53
おお、行かれましたか。
僕もあの甘みはわかりません。

いろいろ知っていそうなおじさんといい、謎が多いお店です。
Posted by たあぼう at 2005年08月31日 19:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

淡島交差点 印度風カリーライス ゴッホ
Excerpt: 近々借りる駐車場の下見に駒場あたりをグルグル歩いていた。・・・腹減った。 以前か...
Weblog: さぷら伊豆 ・・・渋谷の平日・伊豆の休日・・・
Tracked: 2008-07-09 10:21

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。