2005年07月13日

おすすめその224 樹の花(東銀座)

ミニ豆カレーとナン(1/2サイズ)Flor de Cafe 樹の花
(フロール・ド・カフェ きのはな)

中央区銀座4-13-1携帯地図

Tel:03-3543-5280

予算:850〜1000円
味 :★★★★
辛さ:★★☆
量 :★☆(ミニの場合)


ジョン・レノンとヨーコ・オノが最後に来日した時、二人は銀座で「二人だけの時間」を過ごしたくなった。彼らが入ったのは、オープンしてまだ4日目の喫茶店。静かに音楽が流れる店内に他のお客さんの姿はなく、二人は存分に二人だけの時間を楽しんだ――

そんな逸話を持つ喫茶店が歌舞伎座の裏手に構える樹の花。ジョン・レノンのころにはなかったけれど、カレーを出している。オーナーにして豆好きの成沢弘子さんが、10年ほど前に豆を使った料理をとして始めたのだ。以来、人気メニューとしてすっかり定着している。

夕刻に訪れた僕が豆カレーを注文すると、あいにく売り切れという。「では日替わりのキーマ」をと注文したら、こちらも切れていた。しかし幸いにも、豆カレーが1人前には満たないけれど少し残っているという。そこで、ミニサイズの豆カレーにハーフサイズのナン、それとコーヒーのセット(980円)をいただくことに。

店内は落ち着いた配色の内装。歴史を感じさせつつも古びた印象はあまり受けない。静かに流れる音楽とあいまって、落ち着ける雰囲気を作り上げている。窓際の席の近くに飾ってあるジョン・レノンとヨーコ・オノのサインを見やり、彼らが談話する姿を想像しているうちに、カレーはやってきた。

なかなか本格的なダル(豆)カレーだ。

ピーマンやパプリカ、ナスなど見た目にも健康にもよい野菜を加えるなど、日本人好みにうまくアレンジしている。時々、粗く挽いたカルダモンが口の中に入り、そのたびに鮮烈な香りが広がる。このアクセントが食欲をいっそう刺激する。ナンはできあいのものだけど、カレーの美味しさが補っている。

量はミニサイズだけあってかなり少なめ。男性では普通のサイズでも物足りないかな。

食後のコーヒーは、今どき人気の濃い口タイプとは全く違う傾向。しかし、軽めなのにしっかりと味があって、これこそ美味しいコーヒーだと僕は思った。

posted by たあぼう at 19:45 | Comment(6) | TrackBack(1) | 中央区(銀座1〜4/銀座西)
この記事へのコメント
いつも参考にさせてもらっております。感謝。さて、このお店に行こうと歌舞伎座横を北上。すると到着前の左手B1Fに佐世保カレーのお店発見で入店。メモをなくしてしまったため詳細レポできず子供のつかいですみません。750円から3種類、量は少なめ、一口目がやや甘く、その後辛さが・・・との謳い文句通りでした。佐世保バーガーは知っていましたが、カレーもあったなんて。
Posted by JOY at 2007年06月10日 13:00
JOYさん

情報ありがとうございます。おそらく「蜂の家」のことですよね? 僕はまだ訪れていません。いずれ試してみたいです。
Posted by たあぼう at 2007年06月10日 19:05
こんにちは。

樹の花さん、
お邪魔するのは何年ぶりでしょうか。

扉を開けると、昔と変わらずジョンレノンの歌声が聞こえてきます。

今日、12月8日は彼の命日。

店内に飾られる写真の中で微笑む彼は、今も40歳のままです。

私は特別彼を敬愛している訳ではないのですが、偶然にも今日という日に、樹の花さんへ歩を進めていた偶然に感謝しながら席につきました。

他のお客様は、感傷にひたる方、普通にコーヒーと会話を楽しまれる方が各々の時間を過ごしてらっしゃいます。

メニューには、豆カレーの他に日替わりカレーが加わっています。
今日はスパイシーチキン。

でも、私は豆カレーをご飯にして、コーヒーとのセットをお願いしました。

店内に流れる、ジョンレノンの1stソロアルバム「ジョンの魂」(原題 John Lennon)

「LOVE」、「MOTHER」、「GOD」、聞き慣れた曲に耳を傾けながら、いつの間にか運ばれたカレーは、コリアンダーやクミンのホールがふんだんに入り、スパイシーさが以前より力強く加わっています。

カレーを食べ終え、ゆったりと食後のコーヒーを楽しみ、レジに向かいました。
店を出るときに流れていたイマジン。

最後まで聞いていたいような。
不思議に後ろ髪ひかれましたが、そのまま店をあとにしました。

今日は、なんとなく感傷的で、
いつもと違う食後感に包まれています。
Posted by dolphinkick at 2007年12月09日 00:11
dolphinkickさん

期せずして12月8日にご訪問とはすごいですね。いつもの樹の花とは、少し違った空気が流れていたのではと想像します。

さらに、去り際に流れていたのが「イマジン」というところも、偶然とは思えないほどの物語性が感じられました。素晴らしいエピソードをありがとうございました。
Posted by たあぼう at 2007年12月10日 20:46
こんばんは。

築地本願寺内の一隅で、ソトコトプロデュースの期間限定カフェが出来ています。
カフェ・ド・シンラン

年内までの様です

ランチのみカレーを二種類出されています。

機会があれば伺ってみてください。

それでは。
Posted by dolphinkick at 2007年12月11日 23:15
dolphinkickさん

カフェ・ド・シンランの情報、ありがとうございます。「ワールドワイドカフェ」(http://www.worldwidecafe.net/)のOchiさんのおかげで、開業していることだけは存じていました。

年末はばたばたしており、厳しいかなと思っていますが、行けたらということで。
Posted by たあぼう at 2007年12月13日 01:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

ジョンレノンの喫茶店 樹の花★3
Excerpt: 銀座 樹の花★★★☆☆ (きのはな ×木の花、樹の華、木の華、樹花) 開店4日目にジョン・レノンとオノ・ヨーコが来たという事で有名な喫茶店です。 壁にはジョン・レノンのサインがありました..
Weblog: 銀座で1人暮らし
Tracked: 2006-02-15 23:54

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。