2007年08月31日

おまけ群馬1 鬼押出し園(嬬恋村)

溶岩カレー鬼押出し園

群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1053携帯地図

Tel:0279-86-4141

予算:1200円
味 :★★★☆
辛さ:★★
量 :★★★


長野の親戚の集まりに参加した帰り道、少し寄り道して群馬県を経由するルートをたどることに。その途上、固まった溶岩が並ぶ不思議な光景で有名な、鬼押出し園を訪れた。

「観光地だし…」とさほど食事に気を遣うつもりもなく、園内の食堂スペース「鬼めしセンター」の2階に踏み入れた。いかにもな食券販売機が置いてある。そばでも食べようか…とメニューを見ると、「溶岩カレー」(1200円)の文字が。なんじゃこりゃ?

確認すると、溶岩そのものが入っているわけではなく、溶岩をイメージしたカレーなんだという。しかも、有名な嬬恋村の高原野菜をふんだんに使っているんだそうだ。観光地の名物をイメージ化しつつ、地物野菜を使うというコンセプト。いいじゃない。

セルフサービスで冷たくおいしい水を飲んでいると、あっという間にカレーがやってきた。なるほど、確かに溶岩に似て黒い。イカスミを使っているらしい。野菜もゴロゴロと載っていて見ごたえがあるね。

カレーとしての完成度もなかなかのものだ。業務用のこってりカレー・ソースを想像していたらさにあらず。イカスミとの相性を配慮したのか、割とサラッとしたソースなのだった。香りも控えめで、むしろイカスミの香りが立っている印象を受けた。

一方、存在感がたっぷりなのは野菜たちである。ジャガイモ、ナス、ブロッコリー、レンコン、カボチャ、それと付け合わせのキャベツ。どれも野菜の持ち味がしっかりとしていて、健康的な気分になれること間違いなし。

このカレー、鬼押出し園ではあまり大々的にアピールしてなさそうだけど、もっと評判になっていいように思う。あなたが鬼押出し園を訪れることがあったら、ぜひ味見してみてください。



posted by たあぼう at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬・栃木・茨城
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。