2007年10月19日

おすすめその539 cafe de 映水庵(両国・森下)

カレーライスcafe de 映水庵

墨田区千歳1-3-3携帯地図

Tel:03-3634-9525

予算:900円
味 :★★★☆
辛さ:★★
量 :★★★


多忙で更新できずにいる間に、「ワールドワイドカフェ」のOchiさんが、ブログでカレーネタを4日連続で書いていらした。カレーブログ顔負けのペースですね…。するとこちらはカフェネタを4連投くらいしないといけませんかね(あまりに多忙のため、4日連続は最初から絶望的ですすみません)。

と、勝手に思いこんで1軒目に選んだのは、隅田川に注ぎ込む運河の一つ、竪川を臨むカフェ。その名もカフェ・ド・映水庵である。

下町のカフェながら、コンクリート打ちっ放しのモダンな造りをしている。それでいてほっとできる雰囲気を兼ね備える。テーブルに木を活用することで、「和」のテイストを取り込んでいるからだろうか。

そんな映水庵の名物の一つは、お店を切り盛りするおばさまの手作りの料理。日替わりでいろいろな料理を楽しめるのだけど、毎日用意している料理もある。そう、我らが「カレーライス」(900円)だ。

注文の後は、本でも読みながらのんびり待とう。お店の奥のカウンター席に座ったなら、大きな窓越しに広がる竪川の水面(みなも)を眺めてもいいかもしれない。しばらくすると、おいしそうなポテトサラダとともに、いかにも手作りらしいカレーライスが目の前に置かれる。いただきます。

うん、優しい味わいのカレーだね。誰もが安心して食べられると思う。

外食にしては割と薄味。地味だなと思う方がいるかもしれない。でも、僕のように外食ばかりしている者には、かえって新鮮に感じられた。小麦粉を使ったタイプながら、もっさり感が少ないところも僕好み。

庵オーレカレー・ソースと同様に具の選び方にも奇をてらったところがない。豚肉やタマネギなどおうちのカレーでよくあるタイプだ。シンプルで飽きの来にくい仕上がりになっている。

ちなみに、ポテトサラダの味付けも同じ傾向だった。濃い味付けを控え、毎日でも食べられるようにしているのだろう。

カレーに満足した後は、オリジナル・ドリンクの「庵オーレ」(600円)をぜひとも頼みたい。小豆とミルクで作ったシェークに、アイスクリームを載せた一品。シェークの控えめな甘みが実に心地よいんである。



posted by たあぼう at 01:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 墨田区
この記事へのコメント
門外漢のワタシなぞが書いているカレーネタを紹介してもらい恐縮です。
このお店は、知る人ぞ知るというロケーションが気に入ってます。
決して大きなお店ではありませんが、東京では貴重なウォーターフロントカフェの1つだと思います。
Posted by Ochi at 2007年10月19日 22:44
Ochiさん

いえいえ、Ochiさんとお目にかかったときから、「いずれ正真正銘のカレーブロガーになるだろう」と思っていました(笑)

水面がいいですよね。首都高速7号線が目に入るのが残念ですが。あれがなければ、もっとよい景色だろうなと思いました。
Posted by たあぼう at 2007年10月20日 23:29
あー喰ったことないけど、存在は知ってるよ。
国技館は場所最低でも一回は行くしこの店の近所に友達住んでて終電なくなると泊まるし。(鬼畜かおのれ?www)
Posted by 海苔助 at 2007年10月21日 20:25
海苔助さん

ご存じでしたか。

カフェとしては割と有名なようです。カフェ本でもタウンガイド本でもよく見かけます。カレーはあまり取り上げられていませんが。

国技館に毎年行っているのですか。海苔助さんは芸域が広いですね!!
Posted by たあぼう at 2007年10月22日 01:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。