2007年10月28日

おすすめその543 ムット(新宿西口・西新宿)

ミールス(プーリーなし)ムット

新宿区西新宿7-22-34携帯地図

Tel:03-3363-2353

予算:680円〜(昼)、1300円くらい〜(夜)
味 :★★★★
辛さ:★★〜★★★★
量 :★★★☆


毎日カレーとタイ料理のエスニカンさんと、ムットでミールス(南インドの定食)を食べませんか?」

9月のある日、Curry DiaryのUSHIZOさんから、こんなお誘いをいただいた。ありがたいお話だ。お店のWebサイトデザインするほどUSHIZOさんが愛しているムットには、やっぱりUSHIZOさんと訪問するのが一番。しかもエスニック料理の造詣が深いエスニカンさんともご一緒できるとなれば、都合を付けないわけにはいかない。

USHIZOさんがデザインしたPOP広告お二方と小滝橋通り沿いのフレッシュネスバーガーで待ち合わせてから、細い道を進んでムットへやってきた。お店の入口前では、これまたUSHIZOさんがデザインしたPOP広告が出迎えてくれた。

お店はこぢんまりとした造り。おかげでシェフのムットさんやホール担当のレジーナさんとの距離が近く、お話ししやすい雰囲気だ。適当な席を確保すると、早くもインド料理を堪能する気分に。

ラッサム(南インドで一般的な酸味のあるスープ)で乾杯し、揚げ物の盛り合わせをつまんだ。エッグ・バジ(卵の南インド風フリッター)が含まれていたのが珍しい。いずれもさっくり揚がっていた。

続いてUSHIZOさんが常連の強みを発揮し、裏メニューである「パチャリ」(キャベツとココナッツ・ファインをマサラで合えたサラダ)に「コンダカダラ」(ひよこ豆とココナッツの炒めもの)を注文してくださった。ともにココナッツの食感や風味が楽しい料理。ほかのインド料理店でも、少なくとも表メニューではなかなかお目にかかれない。

お二人の濃厚なカレー話やエスニック料理話を楽しみつつ、かなりお腹に溜まってきたところで、いよいよメインイベントである「ミールス」(1500円)をいただくことに。お腹の具合を考慮してプーリー(揚げパン)ぬきで注文する。

やってきたミールスは、プーリーを抜いてもボリューム感たっぷり。しかもお代わりができて1500円。かなりお得感がある。お二方とあうんの呼吸のもと、手食でいただきます。

うん、奇をてらったところがないミールスだ。普段からずっと食べ続けられそうな、さりげないおいしさを実現している。

例えばサンバル(野菜と豆のカレー)は、さらさらと言ってもいい仕上がり。ライスにかけず、そのままごくごくと飲んでもよいくらい。また、ポリヤル(野菜の香味炒め)の優しい味わいと、ラッサムのパンチの効いた辛さとがよいコントラストになっていた。

すっかり充足した気分になったところに、デザートの「パドゥシャ」がやってきた。ドーナツのようなお菓子で、表面はふんわり、食べるとさくさくとした食感と柔らかな甘みが心地よい一品。そのまま食べてもおいしいし、シロップを付けてさらに甘くしてから食べるのも、インドらしくてよかった。

このパドゥシャや前出のパチャリのように初めて食べた料理があり、真っ当なミールスがあり、さらに楽しいお話がありと、本当に充実した時間を過ごせました。USHIZOさん、エスニカンさん、ありがとうございました。
揚げ物盛り合わせ パドゥシャ(甘いドーナツ)

posted by たあぼう at 21:57 | Comment(9) | TrackBack(0) | 新宿区(新宿/大久保)
この記事へのコメント
こんばんは。

いやー…。
本当にありがとうございます!!

まさかたあぼうさんのブログにムットが載る日が来るとは
夢にも思いませんでしたよ。

今回、ただ純粋にエスニカンさんとお2人にも召し上がって
いただきたいなぁと思ってお誘いしました。
非常に楽しいお時間を過ごさせてもらいました。

南インド料理といっても、かなりこってりした味の
お店もあるんだなぁとこの1年で感じました。
その中でも、かなり優しい味でいただけるのがこの
ムットだと思います。

これで明日からお店が混雑しなければ良いのですがf(^^;)
本当にありがとうございました!
それでは、失礼しました。
Posted by USHIZO at 2007年10月28日 23:02
こんにちは。
ムットさんのことは、600件記念まで温めてらっしゃるのかと密かに思っていました。

こちらのお店は、場所が場所だけに、本当にご常連の方達に支えられた良いお店ですよね。
ムットさんのお人柄がそうさせているのだと感じます。
ミールスを出されるようになり、ますますお店の良いサポーターが増えたのではないでしょうか。

お料理も皆優しい味付けなので、パンチを求める方には物足りないかもしれませんが、毎日通える町の定食屋さん的なところが好きです。

久しぶりに訪れたくなりました。
Posted by dolphinkick at 2007年10月29日 09:21
ついにたあぼうさんの記事にムットが上がる日がきましたか・・・。
このようなスタイルでミールスをいただけるのは
本当にありがたいです。
まさに南インドの家庭の味といった感じですね。
Posted by samurai at 2007年10月29日 17:18
たあぼうさん

USHIZOさんともども、カレー噺がじっくりできて、とても楽しい「ムット」でした。パチャリ、ラッサム〜。旨かったですね。

またこのような機会があればよろしくお願いいたします♪
Posted by エスニカン at 2007年10月29日 18:54
>USHIZOさん

ムットはUSHIZOさんが愛情を込めて紹介しているお店。だから僕が一人でふらっと訪れて紹介するのはなんだなぁとずっと思っていたんですよ。

お誘い、本当にありがとうございました。

>dolphinkickさん

上記のような次第です。僕が言葉をあれこれいじくり回したところで、USHIZOさんの気持ちにはかないませんから。

仰るとおり、ムットさんの温かい人柄が、USHIZOさんをはじめとするファンを集めているのでしょうね。

>samuraiさん

ははは、ついにというか、単に遅いだけです(^_^;) 家庭的な味、堪能できました。

>エスニカンさん

ありがとうございました。エスニカンさんのお話は勉強になるところが本当に多く、いつも楽しみにしています。今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by たあぼう at 2007年10月29日 23:00
今日ムットに行ってきました!
ミールスをいただいたのですが、とてもおいしかったです☆
どれもおいしかったのですが、
特にサンバルがやさしい味でとても気に入りました。

ムットさんは初めての私にも、とても丁寧に接客してくださり、
本当にお優しい人柄で感激しました。
ぜひ、また訪れたいお店だと思いました(^^)
Posted by うめ at 2007年11月07日 22:41
うめさん

行かれましたか。家庭的な味わいと、ムットさんたちのアットホームな応対がぴったりで、ほっとさせてくれるお店ですよね。USHIZOさんにもぜひ報告してください。
Posted by たあぼう at 2007年11月08日 01:10
USHIZOさんには、もう報告しましたよ〜(^^)
USHIZOさんが作ってくださったムットのHPに載っている、
お店までの詳しい地図を訪れる際に参考にしたので、
そのお礼もかねてコメントを書きこまさせてもらいました。

ムットのHPは写真なども充実していて、
わかりやすく楽しく見ることができますよね。
USHIZOさん、すごいな〜と思って見ています。
Posted by うめ at 2007年11月08日 21:54
うめさん

報告済みでしたか、失礼しました。

USHIZOさんが愛情を込めつつ、プロとしてのスキルの大部分を投入して作っているサイトですからね。素晴らしいのも当然です。
Posted by たあぼう at 2007年11月09日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。