2007年11月04日

おまけ埼玉3 ガルーダ(さいたま市:武蔵浦和)

ネパール ダルバート セットGARUDA(ガルーダ)

さいたま市南区白幡5-19-19 マーレB館2F
携帯地図

Tel:048-866-8884

予算:1280円〜
味 :★★★★
辛さ:★★☆
量 :★★★★


会社に入社して以来、いろいろなタイミングでお世話になっている元上司がいる。今もときおり、飲みや食事に誘ってもらう。ありがたいことだけど、自分が幹事役になる時だけは悩ましい。元上司のお気に召すレストランを探し出すのは、なかなか難度が高いからだ。

おいしいだけではダメ。内外装はもちろん、お店の周辺も洗練されていることが重要だ。エスニック料理なら、ココナッツ・ミルクや生のコリアンダー(パクチー)を多用するお店は避けたほうが無難。さらに帰宅時の交通の便が良い場所を…と、あれこれ考えて選んでも、なかなか合格点は出ない。と思えば、意外なお店が好反応を引き出すこともある。

そんな元上司が言った。「おまえ、武蔵浦和のガルーダに1回行くべきだよ。ナンがなかなかいいんだよ」。へええ、お眼鏡にかなうお店が浦和にあるのか。と少しだけ興味を持って調べてみたら、ぐるなびが引っかかった。その紹介ページを見ると、俄然興味が増した。

というのは、ディナーにネパール式の定食である「ダルバート セット」(1480円)を用意していたからだ。しかもその内容を詳細に説明している。「インドとその周辺のカレー=ナンで食べる」という公式が定着してしまっている日本では、そうそう出ないメニューだろう。にもかかわらず、故郷の料理を積極的にアピールしている姿勢に感じ入るものがあった。

ということで夜に訪問した僕は、席に着くや否やダルバートを注文した。ダルバートでは当然ライス(=バート)が付いてくるけれど、「プレーンナン」(280円)も別に注文した。元上司が気に入っているナンも味わってみないとね。

サービスで出してもらったラッシーを飲みながら、ダルバートとナンの到着を待つ。先にやってきたナンを見て、なるほどと思った。二人用テーブルの端から端まで届きそうな、大きなナンだった。ナンに見とれている合間に、ダルバートもやってきた。いただきます。

うん、本場らしいダルバートと言っていいはず。

ダル(豆)がちゃんとスープ状になっている。日本人がナンを注文することに配慮して、あえてインド風の固形分が多いダルを提供するネパール料理店も少なくない。しかし、ガルーダのダルにはそんな配慮がない。味付けも現地スタイルだ。

おかずを意味するタルカリは、ジャガイモとカリフラワーと鶏肉のスパイス炒めだった。こちらもインドで見られる「アルゴビ」とは違う、ネパール式の味付けとスパイス使いだった。

アチャール(漬け物)は、アルコ(じゃがいも)とムラコ(大根)の2種類盛り付けてくれていた。「アルコとムラコだね」と店員さんに話しかけると、ものすごく喜んでくれた。ネパールのアチャールに反応する人が少ないからだろう。

タルカリと同様、穏やかな味。僕はもう少しクミンを利かせてあった方が好みかな。とは言え、それぞれのアチャールを少しずつ楽しめたのは嬉しい限り。

プレーンナンボリュームもたっぷりあって、ダルバートだけで十分におなかは満たされた。さらに大きなプレーンナンが待ちかまえていたわけで、食べきるのは大変だった(^_^;) チャイを飲みつつ、デザート代わりに、もちもちのナンをいただいた。この大きさでもちもちということに感心した。

なお、持ち帰りにも快く対応してくれる。おなかが一杯になってしまった場合には、その旨を告げるといいだろう。

posted by たあぼう at 18:46 | Comment(10) | TrackBack(0) | 埼玉
この記事へのコメント
うん、本当に無理は禁物だあ。〜★

社交辞令じゃなくて(冗談は横に置くぞー)

「嬉しい限り」←解かるーーーー解かる!と思う!www

思うものは思うから思うんだろうね?と。←やらしい蛇足じゃおのれ。。。www
Posted by 海苔助 at 2007年11月05日 18:05
海苔助さん

ははは、お気遣いありがとうございます。

嬉しい限りという気持ちを海苔助さんにわかっていただけて、嬉しい限りです(笑)
Posted by たあぼう at 2007年11月05日 22:17
美味しいお店ですよね。
コチラのコック氏は、元々都内のインド料理屋でも働いていたので、普通のインドカレーもなかなかです。
池袋のブッダ(最近はご無沙汰していますが)、川越のびんでぃ、とネパール人シェフの作るナンってレベルが高いなぁ・・・と思うことがあります。

偶然でしょうか(笑)。
Posted by 楓海 at 2007年11月05日 23:17
楓海さん

コメントありがとうございます。僕以外のお客さんは圧倒的にインドカレーとナンを注文していました。おいしそうに食べていらっしゃいました。

仰るとおり、ナン作りの上手なネパール人シェフは結構多いようですね。小川町のシャヒダワットも、ネパールの方だったように思います。
Posted by たあぼう at 2007年11月06日 02:00
このマーレの2階といえば〜「コートロッジ」の跡ですね。
だだっ広いんでどうなるのか〜と思っていたんですが。「ダルバート」が食べれる店であれば、早々にでかけてきます。行くのが楽しみです♪♪
Posted by エスニカン at 2007年11月07日 01:49
エスニカンさん

あのビルにはコートロッジが入っていたのですか。存じませんでした。リンク先のエントリー、拝見しました。ありがとうございます。

お店のスペースについてはだだっ広いとは感じなかったので、もしかしたら同じビル内の別の場所かもと思いました。とは言え、元上司によると「なかなかお店が定着しない場所」だそう(-_-;)

なんとか頑張っていってほしいです。
Posted by たあぼう at 2007年11月07日 22:49
こんにちは。あそこは大分気に入っています。かなり常連で顔も覚えて頂きました。あそこではサブメニューのチキンパコーダ?がオススメです!!あと一度サフランライスもたのんでみては?
Posted by どなるど at 2008年01月06日 18:29
どなるどさん

顔を覚えてもらえるほどの常連さんですか。うらやましいです。そのうち、メニューに載らないようなネパール料理を案内してもらえるようになるかもしれません。

おすすめはチキンの天ぷらですか? そうしたアラカルトにおいしいのがあるのは良いお店の証拠ですね〜。
Posted by たあぼう at 2008年01月07日 19:19
このお店大好きです(*´ω`*)
よく行きますが、美味しくて量が多くていつもお腹いっぱいです(>_<)
マトンがお気に入りです。ダルバートすごく美味しかったです!
ネパール偉大ヽ(´ー`)ノ
Posted by 杏子 at 2009年05月30日 03:07
杏子さん

ガルーダは味がちゃんとしていて、しかも盛りつけはサービス精神に富んでいる良識的なお店ですよね(^-^)

ダルバート、お気に召したのは何よりです〜。
Posted by たあぼう at 2009年05月31日 17:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64475067
※半角英数字だけのトラックバックは受信しません。
この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。