2005年09月13日

おすすめその264 甚六亭(池袋・雑司ヶ谷・東池袋)

カレーつけ麺甚六亭

豊島区南池袋2-12-5携帯地図

Tel:03-5391-0894

予算:700円〜800円
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★☆(普通盛りの場合)


テレビドラマ版「池袋ウエストゲートパーク」(IWGP)の「キングラーメン」で一躍有名になったラーメン屋さん。僕はIWGPの放映よりだいぶ前の学生時代に訪れていたけど、あまり印象に残っていない。ところが「dancyu」の最新号が取り上げているじゃないか。それじゃあ、と再訪してみた。

カレー系のメニューは3種類。ラーメン、つけ麺(ともに800円)、それにスープなしの油そば(700円)である。僕はつけ麺を選択した。脂っこいのがあまり得意ではないので、ちょろっと浸すだけのつけ麺スタイルが好きだからだ。ちなみに、どれも8年前よりは100円値上がりしていた。まあしょうがない範囲か。

注文を受けた店員さんの威勢良い声が店内に響くと、億の厨房からも同じくらい威勢の良い声が返ってくる。手際よく麺を茹でている音が聞こえてきて、ほどなくして麺がやってきた。では、いただきます。

素直に食べられる味だ。

おうちのカレーに近い味わいのスープ。しつこすぎない程度にまろやかこってり感と香りがある。ピーナッツ油を使って出しているそうだ。中太の麺を軽く浸すとちょうどよい。

このスープをそのまま飲むと、カレー粉に負けない魚系の出汁の味も伝わってくる。むかしカレーラーメンを食べた時とは変わったのかなぁ。進化しているということか。

すんなりとお腹に収まった。麺に載った海苔、スープの中のガーリックやフライドオニオンも適度なアクセントになっており、気の利いた一品に仕上がっていた。ただ、絶賛するところまで行くには、ちょっと足りない。こってり系が苦手な僕だからなのかもしれないけど。

ちなみに、麺の量は大盛(1.5倍)、特盛(2倍)にしても無料。夜遅くに訪れた僕は普通盛りにしたけれど、普通の男性では普通盛りはかなり少ないと感じるはず。大盛り以上を注文したい。

posted by たあぼう at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豊島区(池袋)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。