2005年09月22日

おすすめその269 ミンガラバー(高田馬場)

ペークラヒンミンガラバー

新宿区高田馬場2-14-8携帯地図

Tel:03-3200-6961

予算:1500円くらい〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


インドシナ(印度+支那)という言葉にふさわしい、インドっぽくも中華っぽくもある料理がそろうのがミャンマー(ビルマ)料理店。ところが、僕とミャンマー料理店とは、あまり相性が良くなかった。

天王洲アイル、海浜幕張、駒込のお店に訪れて、どこもピンと来なかった。何か中途半端な印象だったのだ。

でも今回取り上げたミンガラバーは、割と安心してして利用できるお店だと思った。ひよこ豆と野菜のカレーであるペークラヒンが主体となる「Aセット」(1500円)は、インドカレー好きのあなたにぜひおすすめしたい。

まず少し独特な味付けのサラダが出て、続いて出てくるのがサムサァー。インド料理好きのあなたならわかりますよね? そう、サモサのことだ。ただし、春巻きのような薄い皮に包まれて出てくる。中華っぽくて面白い。

これらをいただいた後に、ペークラヒンがやってくる。見た目はインド料理のカレーとそっくりだけど、そのお味やいかに?

おお、南インドの野菜と豆のカレー(サンバル)に雰囲気が近いな。

形が崩れてほぼなくなるところまで、ひよこ豆を煮込んでいる。とろとろのスープ状になったカレー・ソースを口に含むと、ひよこ豆特有の食感が伝わってくる仕組みだ。

このほかの具は、にんじんやジャガイモ、ナスなど。よく熱が通っており、カレー・ソースと相まって柔らかい自然な味わいを醸し出している。香りが控えめなためか、クセが少なくて食べやすいという印象だ。

さらっと食べ終えて満腹になったところで、締めにミャンマー式のチャイを出してもらう。これもインドのチャイにそっくりで安心して飲める。あ、甘すぎると思う人はいるかな。

日本で働いているミャンマーの方が足繁く通うお店と聞いていたけれど、日本人でも安心して使えるお店だと思う。

posted by たあぼう at 18:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 〃(高田馬場/早稲田)
この記事へのコメント
ミンガラバー!大好きなお店です。

中に入るとでかいダイニングキッチンといった風情でインテリアのイの字もないようなお店。
でも、お店の人は優しいし、料理が安くておいしい!

私は夜専門ですが、カレーじゃない料理を良く食べに行きます。焼きそば、煮物、揚げ物、どれもクセがなく、日本人の口に合う。
ただし、料理が出てくるペースがゆっくり。

今度はカレーを食べに行こうかな。
Posted by チョボコ at 2005年10月01日 12:03
チョボコさん

追加情報ありがとうございます。

> インテリアのイの字もない

あはは。たしかにそうですね。お店の人がテーブルに普通にすわっていたり、すごくアットホームな印象ですよねえ。
Posted by たあぼう at 2005年10月03日 18:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。