2005年10月15日

おすすめその283 松栄亭(淡路町・小川町・新御茶ノ水)

カレーライス松榮亭(松栄亭)

千代田区神田淡路町2-8携帯地図

Tel:03-3251-5511

予算:730円(カレー)
味 :★★★☆
辛さ:★★
量 :★★☆


夏目漱石が「かきあげ」をこよなく愛したという、老舗の洋食屋さん。建物はありふれたビルになっちゃったけれど、味の方は伝統を受け継ぐ姿勢を堅持している。漱石の時代よりはだいぶ後にできた「カレーライス」(730円)も、昔ながらの懐かしい味を楽しませてくれる。

カレーを注文すると、実に手早く出してくれる。今どき珍しいくらいの自然なうこん色?をしたソースが、ライスや目が覚めるほど綺麗に赤く染まった福神漬けとともにやってくる。今どきの凝りに凝ったカレーとは正反対の、「ザ・カレー」と呼びたくなる風貌だ。

でも、この雰囲気に仕上げるまでの手間暇はかなりかかっている。スライスしたタマネギにニンニクやショウガなどを混ぜて丁寧に炒め、これに2種類のカレー粉と片栗粉を加えて混ぜる。できあがったルーにブイヨンなどを投入し、さらにウスター・ソースや福神漬けの汁などを混ぜる。これらが味を馴染ませるのに一役買っているんだそうだ。

ま、ご託は程々にして、いただくとしますか。

一見なんてことのない外見と同じように、食べてみるとなんてことのない味に思える。安心して食べられる「おうちのカレー」という雰囲気だ。でも細かいところで、調理が下手な僕には真似できないんだろうな、と思わせる技が光っている。

例えば、最初にスライスしたものとは別に、後から加える具としてのタマネギ。しっかりと炒めてあるのにシャキシャキ感を保っている。このバランス感は素晴らしい。代々受け継いできた老舗の技なのだろう。

ライスカレーと呼びたくなるようなカレーが食べたいな−−そう思い立った時に訪れたいお店だ。

posted by たあぼう at 18:33 | Comment(2) | TrackBack(1) | 〃(秋葉原/神田/御茶ノ水)
この記事へのコメント
松栄亭といったら,やっぱり「西洋かきあげ」が浮かびますが,カレーもあったんですね。でも,立て替えてからは,どうも昔の雰囲気が失われた気がして足が遠のいてしまっています。
Posted by がんちゃん at 2005年10月16日 06:40
がんちゃんさん

たしかに、建物に雰囲気がなくなっちゃったのは残念ですよね。

味そのものは以前とさほど変わらないように思えるのですが…
Posted by たあぼう at 2005年10月17日 20:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8175528
※半角英数字だけのトラックバックは受信しません。
この記事へのトラックバック

ちい散歩(070214)
Excerpt: http://sapuri777.fc2web.com/index.html ↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。 今日のちい散歩は、「昭和の風景を求めて」です。 「昭和の風景..
Weblog: テレビなコラム(テレコラ)
Tracked: 2007-02-14 12:33

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。