2005年10月17日

おすすめその285 カリフェ(岩本町)

黒ごま野菜カレーCurrfe(カリフェ)

千代田区神田須田町2-8 CHACHAビル1F、2F
携帯地図

Tel:03-3252-2232

予算:700円(昼)、800円(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★
量 :★★★


秋葉原と神田という男臭い街の間に位置する岩本町駅周辺は、落ち着ける気の利いたカフェを見つけるのに苦労する。そんな中で、数少ないおすすめの一つがこちらの「カリフェ」。カレーとカフェを組み合わせたネーミング・センスには、脱帽せざるを得ない。

外観はなんてことのないビル、内装も今どきのオサレ〜なカフェと比べれば(^_^;) …と思ってしまいそうだ。でもそこはそれ、岩本町だからと腹をくくってしまおう。店内は清潔だし、なかなかのカレーと出会えるのだし、さらに女性にはデザートが人気だそうだし。

店の入口は二つある。靖国通り側の入口から入ると、すぐ脇に食券販売機が待ちかまえている。そこで僕は700円を入れて「黒ごま野菜カレー」(700円)を注文。お店の方に食券を手渡し、カウンター席で待つ。

テーブルに置いてある辛さ調整用の自家製ガラムマサラなどを眺めているうちに、お目当てのカレーが福神漬けなどとともにやってきた。欧風ベースだが、色はかなり黒いなぁ。ではいただきます。

ソースだけ一口食べると、ごまの風味が存在感たっぷりに広がる。カレーとごまの風味のバランスがこんなに取れるとはね。ただ、カレーもごまみ、予想したほど鮮烈な香りではない。焼いて風味を増したスパイスでカレー・ソースを作り、さらにそれを一定時間寝かせてから出しているのかな? なんて思った。

具はピーマンやナスなどの彩りが見事で、気分が楽しくなってくる。でも、それら以上にライスの上に載っているレンコンのチップのできがポイント高い。油の使い方が上手で、程良いぱりぱり感を出している。この触感がカレー全体の中でアクセントの役割を果たしている。

量は心持ち少なめで女性向きか。辛さはかなり控えめなので、辛党のあなたはカウンター備え付けの自家製ガラムマサラを入れよう。辛さをほどよくプラスしてくれるはず。

posted by たあぼう at 20:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 〃(秋葉原/神田/御茶ノ水)
この記事へのコメント
またまた書き込みさせていただきます。

このお店、前から気になっていたお店です。
でも通る度、客が全然いないので入りづらかったのですよ、実は。

HP見ました。
黒ゴマ野菜カレーがえらく気になりますね、今度行ってみます。
Posted by akubi at 2005年10月17日 22:18
akubiさん

お客さんがいなくても勇気を持って入ってみるといいですよ〜。意外においしいか、全くおいしくないかのどちらかです(笑)

ぜひ訪れてみてください。
Posted by たあぼう at 2005年10月18日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(記入してもWeb上には表示しません):

WebサイトのURL:

コメント(必ず入力してください):

※半角英数字だけのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。