2009年02月28日

【ブログ開設4.5周年記念】2008.2〜2009.2のマイベスト10

毎年恒例のマイベスト10です。2008年2月26日から2009年2月25日までの期間で、印象に残ったカレー屋さんを取り上げます。

昨年は体調を崩したり、シノギで責任を問われる役割を務める機会が増えて暇がなくなったり、その他もろもろで、あまりブログを更新できませんでした。新しいカレー屋さんの紹介も大幅に減ってしまい、都内のお店が74店、東京以外の地域が26店です。ぎりぎり100店ですね…。

※なお、選定基準はあくまで「強く印象に残った」です。もちろんカレーのおいしさも大切ですが、それ以外の要素も加味しています。また、僕の印象に残ったお店が、あなたにとってのベストとは限りません。あくまでご参考程度でご覧ください。

【都内編】
1.ケララの風(大森/南インド)
僕がその昔、南インド料理の手ほどきを受けた沼尻匡彦さんが独立して開いた南インド料理店。はずすわけには行きません。それにしても、あのさっくりと揚がったワダ(豆のドーナツ)はおいしかった。

2.レストラン吾妻(本所吾妻橋/欧風カレー)
1913年(大正2年)に創業した吾妻橋の洋食屋さん。素材の良さ、そしてホスピタリティの高さに感服させられます。値段も高いけれど、訪問の価値は十分にあり。僕が手伝わせていただいた角川さんのムック「うまいカレーが食べたい!」にも掲載されました。

3.Cafe de MoMo(牛込柳町・曙橋/インド風カレー)
かつて神宮前で評判を集めた「GHEE」(ギー)そして「Fancied」(ファンシード)のカレーがここに復活! 「ワールドワイドカフェ」のOchiさんと、激辛ビーフカレーを苦しみながら食べました。

4.厳選洋食さくらい(上野広小路・上野御徒町・御徒町/欧風カレー)
あえてリーズナブルな値段の範囲で、食材や味を厳選する――。こんな顧客志向のコンセプトを掲げる、有名な洋食屋さんです。濃厚な旨みと、口の中でぱっと広がるスパイス感が秀逸なカレーを楽しめます。

5.HERBE(中野新橋/欧風カレー)
ディナーの割安なセット・メニューが、望外のおいしさでびっくり。店名のとおり、スパイスだけでなくハーブも多用するカレー、欧風カレー好きのあなたには、ぜひ味わってみてほしいものです。

6.ア・ヴォートル・サンテ・エンドー(東銀座/欧風カレー)
人気ブログ「食い道をゆく」の作者・ヒロキエさんにご案内いただきました。色とりどりのフルーツたちが、絶妙のバランスでカレーになじんでいました。

7.naturaltea cafe(護国寺/インド風カレー)
紅茶を主力とするカフェですが、実はカレーもおいしいのです。派手さこそないものの、毎日でも食べたくなるような味わいなのでした。熱い時期には、食後にフローズンチャイもぜひ。

8.リトルスパイス(吉祥寺/インド風カレー)
評判のとおりおいしいカレーです。でも僕にとってはそれ以上に、3年以上も振られ続けてきて、ついに訪問できた感動が何より大きかったのです(笑)

9.勝鬨亭(勝どき/おうちのカレー風・インド風カレー)
昔ながらの長屋を改造してひっそりと営業する洋食屋さんです。それでも昼時にお客さんが絶えないのは、数種類のおいしいカレーをリーズナブルな値段で味わえることも大きな理由だと思います。

10.TAPiR(新大久保・大久保/インド風カレー)
不思議な素材を使って独創的なインド風カレーを作ってしまうことに、お送り人か魅了されると思います…などと僕が何か言うよりも「CURRY DIARY」のUSHIZOさんが大のお気に入りの1軒として有名ですかね(^_^;)

これまでと比べると、カレーのジャンルが偏ってしまいました。もっともこの1年間は、日本人シェフの手によるカレーが味わえるお店を意識的に多く回ったので、こうした結果が出るのも当然ではあるのですが。続きを読む
posted by たあぼう at 01:00 | Comment(11) | TrackBack(0) | たあぼう's ベスト

2008年02月26日

【ブログ開設3.5周年記念】2007.2〜2008.2のマイベスト10

1年ぶりのマイベスト10です。2007年2月26日から2008年2月25日までで、特に印象に残ったカレー屋さんを取り上げてみました。ちなみに、この期間に新たに訪れたお店は、都内が130店、東京以外の地域が20店です。

※僕の印象に残ったお店が、あなたにとってのベストとは限りません。あくまでご参考にとどめてくださいませ。


・2004年8月〜2005年2月のお気に入り
・2005年2月〜2005年8月のお気に入り
・2005年8月〜2006年2月のお気に入り
・2006年2月〜2007年2月のお気に入り


1.GINZA kansei(銀座/欧風カレー)
旬の野菜の持ち味を最大限に生かしたカレーが味わえます。見事に熟したトマトが丸ごと一個分、十穀米の上に載っているのを見れば、絶対に食べたくなるはずです。

2.Curry 草枕(新宿三丁目/インド風カレー)
「北海道カレー会議」の中心メンバー、馬屋原亨史さん渾身のインド風カレー。ソースから染み出る旨みと、キレの良い辛さのバランスが絶妙でした。

3.ムンバイ神楽坂店(飯田橋/北インド)
最近では珍しい、重厚感を漂わせそうなごちそう系のインド料理店です。カレーを頼んでもよし、ビリヤニを頼んでもよし。女性はぜひインド菓子のデザートを。

4.ヴィオレッタ(新小岩/インド風カレー)
温かいホスピタリティ、日本人向きにインド料理をアレンジしたカレー、なかなか訪問しにくい場所にある――。こういった要素があるお店に僕は弱いのです。ヴィオレッタはすべてを兼ね備えています。

5.カリーシュダ(茅場町・八丁堀/インド風カレー)
換気扇が吹き付けてくるスパイスの香り。お店の入口でこれを嗅いでしまったら、中に入ってカレーを食べずにはいられないでしょう。

6.レストラン タケ(代々木公園・代々木八幡/カツカレー)
力強いカレー・ソースと、サクサクでしつこさの全くないカツ。大人のためのカツカレーという印象を受けました。濃厚で酸味のあるカレーが好きなあなたにおすすめです。

7.Cali Cari(東銀座・築地市場/北インド)
オーナーのご実家から届く有機野菜を採り入れたカレーがおすすめ。「ほっこり」という言葉がしっくりくるニンジンやナスの食感には頬が緩んでもおかしくありません。

8.おまかせ亭(渋谷/オリジナル)
「超豪華な食材、贅沢なものはいっさいありません。ただ皆様をお迎えする『心』だけは誰にも負けないくらい、たくさんあります」。このコピーだけで訪れたくなりませんか?

9.シーズンズ・ビストロ(江戸川橋/欧風カレー)
おうちで食べられそうな、とろみのあるカレーです。でも、上質のブイヨンと生クリームを加えて作った穏やかなコクは、シーズンズ・ビストロならではと言えるはずです。

10.SAI MARKET(小竹向原/インド風カレー)
軽やかなカレー・ソースをいただくと、体の中にすうっと入っていく印象を受けます。スパイスの使い方も上手。スパイシー感を十分に出しつつ、辛すぎないところで抑えています。

東京以外で印象に残ったお店は、グジャラート菜食料理が食べられるロンドンのKastoori、お釜でご飯を炊きあげる横浜のアルペンジローなどです。

このほかに、泣く泣く掲載を見送ったお店がたくさんあります。あなたのお気に入りが載っていなくても、ご了承くださいませ。

※当初は9位に氷川台の民風 〜ming-pooh〜を入れていました。しかし残念なことに、2007年12月で閉店されたそうです。このため同店を削除し、代わりに小竹向原のSAI MARKETを加えました。
タグ:カレー
posted by たあぼう at 22:26 | Comment(15) | TrackBack(1) | たあぼう's ベスト

2007年02月26日

【ブログ開設2.5周年記念】2006.2〜2007.2のマイベスト10

1年ぶりにマイベスト10を取り上げたいと思います。2006年2月26日から2007年2月25日までで、僕が特に気に入ったカレー屋さんを取り上げます。

従来は半年ごとに披露していました。しかしこの1年はインド旅行日記を執筆したり、体調不良が続いたりで、訪問ペースががた落ち。訪問店数のバランスを取るため、期間を1年としました。

・2004年8月〜2005年2月のお気に入りはこちら
・2005年2月〜8月のお気に入りはこちら
・2005年8月〜2006年2月のお気に入りはこちら


※あくまで、この1年間で新たに紹介できたお店のうち、僕にとって印象深かったものです。あなたに最良の選択になるとは限らない点は、ご了承くださいませm(_ _)m

ではでは、以下どうぞ。

1.小川軒(代官山/インドネシア)
浜口庫之助の所望で作られたという逸品。値は張りますが、切れ味鋭い辛さがお好きあなたなら、絶対一度は食べたいカレーです。

2.京橋屋カレー(京橋・銀座一丁目/インド風カレー)
繊細かつ存在感たっぷりのスパイス使いにすっかりやられました。野菜カレー、キーマカレーともおいしかったなぁ。

3.シャヒダワット(小川町・新御茶ノ水/北インド)
インド宮廷料理、特にビリヤニ(インド風炊き込みご飯)をいただきたい場合は、東京の中で屈指のお店だと思います。

4.ニルワナム(神谷町/南インド)
本格志向のあなたが南インド料理を味わうなら、こことダルマサーガラが双璧かと。なかなか見かけないメニューが数多くあります。

5.銀座古川(銀座/インド風カレー)
カツカレーやドライピラフのクリームカレー添えだけが名物なのではありません。ほうれん草と季節の野菜カレー、ぜひお試しあれ。

6.アショカ(有楽町・銀座・銀座一丁目/北インド)
銀座の老舗。少しお高いものの、ブランド代ばかり上乗せされているわけではありません。レベルの高いインド料理に出会えます。

7.デリーダルバール(南砂町/南インド)
チーフ・シェフであるマニアンさんのドーサ(お米のクレープ)作りの姿勢を知れば、ファンになることは間違いないでしょう。

8.香鈴亭(国立/インド風カレー)
ホール・スパイスの神秘を味わいたければ、絶対に外せないお店でしょう。口の中でスパイスが踊り出します。

9.とんがらし(三軒茶屋/薬膳カレー)
あっさり仕立てなのに深いコク。まさに「修行僧もおいしさにびっくり」してしまうカレーなのです。

10.Sync(学芸大学/インド風カレー)
おひとりさまを好まれる女性ならぜひ覚えておきたい、かっこいいお店。カレーも個性的かつおいしいのです。

このほかにも、アジアンソウル(三軒茶屋・西太子堂/ドライカレー)マドラスキッチン(笹塚/南インド)煙時(銀座/欧風カレー)など、捨てがたいお店に数多く出会えました。
タグ:カレー
posted by たあぼう at 22:45 | Comment(26) | TrackBack(1) | たあぼう's ベスト

2006年02月27日

【ブログ開設1.5周年記念】2005.8〜2006.2のマイベスト10

2005年8月26日から2006年2月26日までに紹介できた新しいカレー屋さんは88軒。年末に多忙を極めたことなどで100軒に満たなかったのですが、それでも質の高いカレーにいくつも巡り会えました。

・2004年8月〜2005年2月のお気に入りはこちら
・2005年2月〜8月のお気に入りはこちら

ただ、毎度のことながら、選択は困難を極めました。泣く泣く除外したお店がたくさんあります。あくまでご参考程度にとどめてください。

それでは、以下どうぞ。

1.資生堂パーラー(新橋・銀座・東銀座/欧風)
伊勢エビとアワビに目を奪われがちですが、福神漬けなどの薬味も、接客もまた他店より数段上です。1万円にも納得してしまいます。

2.アッチャ(町田/ベンガル)
料理の美味しさは言うまでもなく、さらに博識なジョイさんとの会話が美味しさを増すスパイスとなるのです。

3.フリッツ(赤坂見附・永田町/おうちのカレー風)
薄くサクサクとした衣に覆われたカツ。口に入れた途端にとろけていきます。洗練されたコクを楽しませてくれるカレー・ソースも抜群です。

4.麻布亭LINO(広尾・白金高輪/薬膳カレー)
無駄な油をいっさい取り払ってできあがったカレー・ソース。食べている方がびっくりするほど、おなかの中にすっと入ってしまいます。

5.ヒュッテマンクス(代々木・南新宿/欧風)
ボウモアを片手にいただく「チョリソ(豚肉のソーセージ)エッグカレー」。お酒とカレーとの相性の良さは、いまだに忘れられません。

6.shugyok(二子玉川/インド風)
荒削りのスパイスがもたらす強烈な香りと、品のあるコク。日本人だからこそ作れる高いレベルのインド風カレーでした。

7.すぱいす(荻窪/インド風)
すっきりした辛さと、クローブやカルダモンなどの香りをふんだんに漂わせるカレー・ソース。口に入れれば自然な甘みととろみが広がってさらに奥深い味に。

8.ライオンシェア(南新宿・代々木/インド風)
魂のこもったドライ・キーマ。松本で修行した女性シェフが作っているものの、繊細さよりもむしろ力強さを感じました。

9.M's COM(千駄木・日暮里・西日暮里/インド風)
上品なのに家庭的で、どこかほっとする味。そんな希有なカレーとお総菜を、女性お二人で楽しませてくれます。僕の谷根千へのあこがれをいっそう強くしてくれるお店でした。

10.Mazic Empire(新宿西口・大久保・西新宿/オリジナル)
やっぱりあれだけ凝ったカレーを700円で出してはいけません。ともあれ、ひとまずお疲れさまでした、赤羽さん。再起を心待ちにさせていただきます。

ほかにも、ネパール料理をオシャレに楽しめるソルティモード(恵比寿・代官山)や、カレー王・金子さんが腕をふるう金子伽哩かれー王国(五反田・大崎広小路)など、たくさんのお店を気に入ってしまいました。
タグ:カレー
posted by たあぼう at 00:20 | Comment(10) | TrackBack(0) | たあぼう's ベスト

2005年08月31日

【ブログ開設1周年記念】2005.2〜2005.8のマイベスト10

2005年2月26日から8月25日にかけて訪れたカレー屋さん113軒の中から、僕が特に気に入った10軒を再度ピックアップさせていただきます(それ以前のお気に入りはこちらをご参照ください)

※正直、10軒を選ぶというのはかなりムリがあります。悩みまくりなのです。僕の好みはあくまで参考程度にして、ぜひあなただけのお気に入りのお店を探し出してください。

それでは以下どうぞ。

1.シターラ(表参道/北インド)
襟を正して行きたいインド料理店。ココナッツの甘み、チリの辛み、それにタマリンドの酸味が重なったゴア・プローン・カレーは、芸術的な一品でした。

2.レストラン香味屋(入谷・鶯谷/欧風)
高級ワインがしっくりくるカレーライス。高いけれど、納得してしまうカレー・ソースの深み、そして豚肉の旨み。ここが似合うようなかっこいい大人になれるのはいつの日やら。

3.ラ・ソース古賀(東銀座・銀座/欧風)
フレンチの技巧を凝らしたカレー・ソースは食べ進むほど旨みを感じていきます。ボンディ系とはまた違う、欧風カレーの完成形の一つでしょう。

4.HUGE(西荻窪/オリジナル)
オールスパイスとお酢を巧みに使ったジャマイカ風カレー。・ワインで煮込んだ柔らかいチキン……思い出すだけでお腹が鳴ります。

5.KA・KU・RA(中目黒/オリジナル)
薬膳という言葉の響きだけで敬遠しそうなあなたに食べてほしい一皿。柔らかい味にイメージが覆されるはずです。雑穀米もおすすめ。

6.キャンディストリート目黒店(目黒/スープカレー)
スリランカらしい、出汁の深みを楽しませてくれました。今度はスリランカ風カレーを食べたいな。

7.カレー屋丁字(井荻/インド風)
ホールのスパイスの香りに、1日寝かせることでためたコク。お手頃な値段からは想像が付かない美味しさなのです。

8.青山からす亭(麹町・半蔵門/ドライカレー)
ドライカレー丼の挽き肉から染み出る甘みの虜になりました。

9.地雷也(新橋・内幸町/おうちのカレー風)
ステーキ用牛肉の切り落としを使いながら850円のカレーライス、もといライスカレー。肉の柔らかさがたまりません。

10.ゆうばーる(代々木上原/インド風)
地雷也が牛肉なら、こちらは豚肉。巧みな塩加減に十分なボリューム。満足いっぱいの一皿です。

1位から3位は値段相応という感じになってしまいました(汗) 一方でHUGEやキャンディストリート、カレー屋丁字などは、「こんなに美味しくてこの値段!?」といったお得感がたっぷりあります。順位はあまり気にせず、それぞれのカレーを楽しんでいただければ幸いです。
タグ:カレー
posted by たあぼう at 11:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | たあぼう's ベスト

2005年02月26日

【ブログ開設6カ月記念】上半期マイベスト10

昨年8月26日にひっそりとブログを始めてから、半年を迎えることができました。はじめは1日数十だったページビューが、今では2000を超えるまでに。読んでくださっているあなたに感謝感謝です。

さて、この間に紹介できたお店の数は141。さまざまなカレー屋さんでさまざまなカレーを楽しんできたわけですが、その中で特に僕が気に入った10軒を(かなり迷った挙げ句)ピックアップさせていただきました。参考になれば幸いです。

もちろん、ほかにもおいしいカレー屋さんはたくさんあります。あなたの好みと僕の好みが一致するとは限りませんので、あくまで参考ということでお願いします m(_ _)m

1.スパイスカフェ(押上/南インド)
カレーのできばえはもちろん、前菜やデザート、何よりお店の雰囲気に僕はやられてしまったのでした。

2.ルー・ド・メール(神田/欧風)
オムレツにドライカレー。家庭で作れるシンプルな料理が、ここまで立派な料理になるとは。

3.ダバ インディア(京橋・東京/南インド)
ダバ インディアほど南インド料理を涼やかに楽しく食べられるお店は、たぶんないだろうし、これからもできないんじゃないかなぁ。

4.そばや吉祥庵(目白/カレーそば)
使っている水の透明感と出汁の深さに惚れました。

5.カレーハウス チリチリ(渋谷/インド風)
お店全体を包み込むスパイスの香りに脱帽です。

6.ナタラジ(外苑前・青山一丁目/北インド)
インドの野菜料理を楽しみたい時には随一のお店だと思っています。

7.ザイカ(雑色/パキスタン)
絶妙な辛さのチキンカラヒや、よく漬け込んであったローストチキンが感涙ものでした。

8.ビストロカレーエピス(高田馬場/欧風)
カレーはもちろん、野菜、和牛頬肉、油淋鶏といった具の繊細な仕上げが見事なのです。

9..ムッシュヨースケ(池尻大橋・中目黒/欧風)
マイルドで優しいのに存在感たっぷりのカレー・ソース。ライスの上で踊る野菜たち。カレーがごちそうに思えてくるのです。

10.伽哩人(中野/欧風)
キレのある辛さと酸味が際立ち、しかも後口がスッキリのカレー・ソースに対する記憶が鮮明に残っています。
タグ:カレー
posted by たあぼう at 22:29 | Comment(12) | TrackBack(4) | たあぼう's ベスト

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。