2009年12月07日

おすすめその710 SPICE DINING BAR(桜台)

マトンビリヤニSPICE DINING BAR

練馬区桜台1-9-3携帯地図

Tel:03-3557-9033

予算:1500円くらい(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★★☆
量 :★★★


SPICE DINING BARは、西武池袋線の桜台駅近くの細道に構えるネパール料理店。店名が象徴するように、相応の年季が入った洋風ダイニングバーを居抜きで使っている。おかげでコテコテのインド・ネパール系のお店とはちょっと違った雰囲気を楽しめる。

お店の奥は半地下とロフトに分かれ、半地下には厨房とカウンター席がある。僕よりも年輩のサラリーマン二人組がお酒を酌み交わしていた。一方、テーブル席があるらしきロフトは、女性を含む団体さんたちで盛り上がっていた。

僕はそのどちらにも行かず、入口から近く空いていたテーブル席の一つを確保した。一人でふらっと訪れると変わったものを注文したがる性分の僕にとって、他の人の視線を気にせずに済む場所の方がありがたい。

では、メニューを開くとしようかな。カレーやナンなどの定番に加え、ところどころにネパール系らしい料理が目に付く。お、ビリヤニ(インド風炊き込みご飯)もあるのか。じゃ、「マトンビリヤニ」(900円)ともう一品、ネパール系のつまみを食べよう。

ということで、マトンビリヤニと「ムラコアチャール」(ネパール風の大根の漬け物、300円)を頼んだ。注文を終えてからまもなく、パパード(豆せんべい)を振る舞ったもらった。一人客の僕が手持ちぶさたにならないように気を使ってくれたのだろう。

胡椒の利いたパパードをありがたくいただき、続いてやってきたムラコアチャールのスパイスと食感を楽しむ。それを平らげようかというタイミングで、お待ちかねのビリヤニがやってきた。マトンが大ぶりでいい感じだ。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 練馬区

2008年12月24日

おすすめその651 トトカッフェ(平和台)

ママカレー(目玉焼き付)トトカッフェ

練馬区早宮2-16-6 2F(携帯地図

Tel:03-6808-0306

予算:780円〜(カレー単品)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★☆


トトカッフェの「トト」はデンマーク語で「2」を表すそう。「2」人の女性が、練馬区早宮「2」丁目にある美容室の「2」階に、「2月22日」にオープンさせたんだそうだ。ちなみに地下鉄の平和台駅から最寄りの出口も「2」番。ご念が入っていることで(^_^;)

白を基調とした明るい店内には、北欧ものと思われる家具や調度品、食器類が並んでいて、オーナーさんたちのセンスの良さがうかがえる。品の良い女性客ならぴったり。僕のようなおじさんも、なんとか入れるくらいの雰囲気かな(^_^;)

そんな品の良いカフェに、僕が訪れたのはカレーがあるから。有楽町線・副都心線の池袋−和光市間の駅周辺はほとんどが住宅街で、カレーを食べられるお店が見つかりにくい。平和台駅も例外ではなくて、トトカッフェが貴重な存在なのだった。

トトカッフェが用意するカレーは、おうちのカレー風の「ママカレー(目玉焼き付)」(780円)とタイ風の「グリーンカレー」(880円)の2種類。この日の僕は前者を食べたい気分だった。「給食のカレーのような昔懐かしい甘口カレー」というコピーにも惹かれた。

中途半端な時間に訪れたものの、快く食事メニューに応じてもらった。ほどなくして、スープに向きそうなカップになみなみと盛られたカレー、それにライスと目玉焼きが載ったプレートが目の前に置かれた。給食のカレーにしてはずいぶんとオシャレ!! では、いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 22:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 練馬区

2008年03月24日

おすすめその596 サプナ(地下鉄成増・成増)

トウフ マッシュルーム マカニインド料理サプナ

練馬区旭町3-27-15携帯地図

Tel:03-3939-3083

予算:840円〜(昼)、1500円くらい〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


おお、昔と変わっていない。場所が以前と同じだけでなく、店内の雰囲気もほぼそのまま。どれも少しずつ古びたのは否めないなぁ(^_^;)

今から8年以上前、社会人1年目に訪れた際のおぼろげな記憶をたどって、成増のサプナを訪れた。近隣で働く人たちを相手に、十数年にわたって真っ当に営業してきたインド料理店である。お店のおばさまと、ムンバイ出身で今は日本人を名乗るシェフのコンビも以前のままだった。

ミックスベジタブルパコラそれなら料理も安定したものが食べられるだろう。先に「ミックスベジタブルパコラ」(473円)を注文し、カレーは「トウフ マッシュルーム マカニ」(1050円)を選んだ。その名のとおり、豆腐とマッシュルームが入っているカレーだそうですよ。

衣薄めでサクサクっと揚がった野菜のパコラをつまみながら、カレーの到着を待とう。パコラはスパイスの利き具合と軽い塩気があって、食欲を高めてくれる。食べ終わった頃には、赤めの色をしたカレーが目の前に置かれる。続きを読む
posted by たあぼう at 00:43 | Comment(8) | TrackBack(0) | 練馬区

2007年11月23日

おすすめその558 民風 〜ming-pooh〜(氷川台)

残念ながら2007年12月24日に閉店しました。

スリランカ風野菜カレー民風 〜ming-pooh〜

練馬区氷川台3-28-8携帯地図

Tel:03-5399-5270

予算:2000円くらい〜(夜)
味 :★★★★
辛さ:★★★☆(スリランカ風野菜カレー)
量 :★★☆


その昔、アルバイトの塾講師をごく短期間やっていた時の勤め先が氷川台だった。当時は住宅ばかりでよそ者には関係ない街だと思っていた。でも、今は違う。エスニック料理店の民風の存在を知ってしまったからだ。

メニューには中華風のチャーハンから、ガパオなどのタイ料理、ケバブなどのトルコ料理まで、アジア料理を幅広く用意している。しかも素晴らしいのが、「なんじゃこりゃ?」というものがなさそうなこと。お店の方が旅行好きで、現地の味を確かめた料理を作っているからこそだろう。

カレーは「各国のカレー」(900円〜)という名前で1種類ある。各国の〜とあるのは、その時々でインド風だったりタイ風だったりと、頻繁に変わるため。僕が訪れたこの日は「スリランカ風野菜カレー」(950円)だった。

幅広い料理を丁寧に作る代償として、混雑時は料理が出てくるまでに結構な時間がかかる。でも怒らずに、店内を流れるエスニック音楽に耳を傾けつつ気長に待とう。カウンター席に座っていれば3人の女性(原田のぞみさん、麻由子さんの姉妹とお母様)が一生懸命作っている姿が見えるから。

「マンゴーの王様」の異名を持つアルフォンソマンゴーを使った濃厚な「マンゴーラッシー」(680円)を飲みつつ、タイ風の「えびせん」(300円)をつまむ。食べ終わってからもう少しだけ待つと、ついにお目当てのカレーがやってきた。続きを読む
posted by たあぼう at 22:15 | Comment(7) | TrackBack(0) | 練馬区

2007年02月18日

おすすめその457 Poor House(江古田・新桜台)

カレー(極辛)Poor House(プアハウス)

練馬区栄町39-1携帯地図

Tel:03-3994-6097

予算:1000円
味 :★★★★
辛さ:★★★★☆
量 :★★★


江古田駅北口は、日大芸術学部と武蔵野音楽大学があるアートな一帯。庶民的なお店ばかり並んでいるように見えるけれど、実はセンスある人の心をくすぐるお店がところどころで見付かる。

Poor Houseもそんな「心をくすぐる」喫茶店だ。店内は鉱物や化石といった不思議な雑貨?が目に付く。さらに「趣味はちょっとうるさいのよ」と言う人が気に入りそうなマンガも目に入ってきた。

お店の奧のカウンター席に確保した僕は、早速メニューを開いた。もっとも、頼むものは最初から決まっている。「カレー(極辛)」(1000円)である。え? 辛さが苦手なくせに極辛を頼むのかって? …それしか選択肢がないんですよ(^_^;)

ほどなくして、緒川たまき的な雰囲気を漂わせた店員さんがカウンター越しに尋ねてきた。「ライスにごまを振ってもよろしいですか?」 ええ、構いませんよ。すると白ごまがたっぷりかかったライスに、春菊、チーズ、赤々としたカレーが目の前にやってきたのだった。続きを読む
posted by たあぼう at 22:11 | Comment(11) | TrackBack(0) | 練馬区

2006年09月21日

おすすめその412 カリカ(練馬)

シャネ パンジャブからインド料理 カリカに名前が変わりました。オーナー変更の可能性もあるため、下記のシャネ パンジャブ時代の記述はあくまでご参考程度でお願いします。

ベジタブルカレーとプレーンナンインド料理 カリカ

練馬区豊玉中3-21-10

Tel:03-3994-2799

予算:830円〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★


シャネ パンジャブは、練馬駅から歩いて10分弱の住宅街にあるインド料理店だ。大通りには面していないので目立ちにくいかも。でも、ここのシェフはすごいことをやってのけている。5年ほど前のテレビ東京系「TVチャンピオン」のカレー屋さん選手権で優勝しちゃったのだ。

くだんのカレー屋さん選手権では、「こんなカレーが成立するのか」という発想力が重視された。その影響がいまだ残っているのか、今でもアイデア・カレーを用意している。僕が訪れた日は「麻婆茄子カレー」なるものがあった。

ネタとしては麻婆茄子カレーを頼むべきだけど、あいにくオーソドックスなインドカレーをいただきたい気分。「ベジタブルカレー」(600円)と「プレーンナン」(250円)、それに「チキンティッカ」(380円)を注文した。

どの料理も夜にしては良心的なお値段に設定してある。逆にドリンクはどれも割高感がある。料理を100円高くしてドリンクを100円下げた方が、客単価が上がるんじゃないかなあ (^_^;)

なーんて「余計なお世話」を頭の中で考えている間に、カレーが到着した。ナンは小さなバスケットに入り切らず…というより、バスケットに載っかってやってきた。豪快だこと。続きを読む
posted by たあぼう at 20:54 | Comment(8) | TrackBack(1) | 練馬区

2006年03月01日

おすすめその345 ケララバワン(練馬)

ランチ(Cセット)KERALA BHAVAN(ケララバワン)

練馬区豊玉北5-31-4携帯地図

Tel:03-3991-5218

予算:700円〜1080円(昼)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★☆


南インド西部、ケララ州の料理を扱うインド料理店。練馬駅から区役所へと向かう途中というなかなかの立地にある。そのせいか、それとも評判の賜物か、午後2時過ぎという中途半端な時間帯に訪れたにもかかわらず、4組ほど先客がいた。

ランチタイムには700円からカレーの各種セットを用意している。僕が選んだのは「Cセット」(960円)。カレー2種に、マライ・ティッカ(骨なしチキンのタンドール焼き)、ナンとミニライス、サラダ、デザート、ドリンクの組み合わせだ。

カレーは南インドを意識してサンバル(野菜と豆)、それと野菜を選ぶ。ドリンクは温かいチャイにしようと思ったのだけど、うまく伝わらなくて冷やしたチャイがやってきてしまった。まあいいか。ほかのテーブルでチャイのパフォーマンスは眺められたし。

先にサラダがやってきた。ドレッシングに軽く香辛料が利いているな。「これはカレーも期待できそう」という思いが膨らむ。サラダが食べ終わるのに合わせて、カレーやティッカを持ってきてくれた。続きを読む
posted by たあぼう at 01:39 | Comment(4) | TrackBack(1) | 練馬区

2005年05月14日

おすすめその186 スワガット(江古田)

マハラジャ・セットスワガット

練馬区旭丘1-76-4携帯地図

Tel:03-3953-1091

予算:1365円〜(夜、土日)
味 :★★★★
辛さ:★★★(普通の場合)
量 :★★★☆


江古田駅南口近くにあるインド料理店。CDET!!さんが最近紹介されていたので意識していたところに、ミクシィでお店の方にメールをいただいたため、訪れる気になった。

土曜日は残念ながらランチ・メニューはないそうなので、ディナー用メニューからマハラジャ・セット(2079円)を注文してみた。典型的なターリー(定食)型メニューで、カレー2種類に、ナンまたはライス、サラダ、タンドール・チキン、デザート、ソフトドリンクがセットになっている。

カレーは日替わりのマトンとじゃがいもと、カダイパニール(トマトとカッテージ・チーズのカレー)で。トマトとカッテージ・チーズの組み合わせを常設メニューにしているお店はあまり記憶がないな。辛さはNormalを選択した。

料理が来るのを待つ間にあらためてメニューを観察すると、パン系・ライス系が充実している。ロティやプラタ(どちらも全粒粉のパン)、バスマティ米(香り米)がそろっているのはいいね。ナンもいくつか種類があって、料金を上乗せすればセットで選べるそうだ。

さてさて、お目当てのカレーがやってきました。続きを読む
posted by たあぼう at 22:21 | Comment(2) | TrackBack(3) | 練馬区

2005年04月23日

おすすめその180 スワタントラ(新桜台・江古田)

竹の子のヨーグルト・カレースワタントラ

練馬区羽沢1-11-4携帯地図

Tel:03-3948-1012

予算:840〜1050円(平日昼)、
1365円〜(夜、土休日)
味 :★★★★
辛さ:★★★
量 :★★☆


武蔵野音大近くの住宅街にひっそりと、でも意外な存在感を持って営業するネパール料理店。ネパールの魅力にとりつかれた店主がカトマンズで5年間修行に勤しんだ後、日本で念願のお店を開いた。僕が訪れたのはこれで2回目。

土日祝はランチのお得なメニューがない代わりに、普段はない特別メニューのカレーを出してくれる。今日の特別メニューは「竹の子のヨーグルト・カレー」(1050円)とのこと。春と言えば竹の子の季節だし、いいじゃない。ライス、ナンは別に注文する仕組みなので、サフランライス(365円)を注文した。

店主が調理しているあいだ、店内に置いてあった西武線沿線のグルメガイドを読む。「へええ、井荻にも美味しそうなカレー屋さんがあるんだ…」と発見があった。

と、カレーがやってきた。やや少な目の印象だけど、手の込んだ品だとわかる。いただいてみますか。続きを読む
posted by たあぼう at 21:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | 練馬区

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。