2008年01月27日

おすすめその580 グルン(平井)

スペシャルランチセットグルン

江戸川区平井5-28-11携帯地図

Tel:03-3613-3403

予算:680円〜1000円くらい
味 :★★★☆
辛さ:★★(野菜)〜★★☆(マトン)
量 :★★★


都内にある総武線の駅のうち、一番印象がなかったのは平井駅だ(地元の方がいたらごめんなさい)。カレー屋さんを紹介する順番も最後になってしまった。予備知識なく駅を下りて周辺を歩き回ると、グルンというお店が見付かった。

グルンはインド料理店を名乗っている。ただしオーナーはネパールの方らしい。店内にはカトマンズなどネパールの写真がいくつか貼ってある。店名も、ネパールの民族の一つグルン族から取ったのだろう。

今回はランチタイムに訪問した。ランチのメニューは、カレーにナンまたはライス、サラダが付くセットになっている。値段は680円から、しかもナンまたはライスはお代わりにも応じるという太っ腹ぶりだ。

僕はというと、カレー2種類、ナン、サラダに加え、シーク・カバブ(ひき肉の串焼き)やタンドリー・チキン、ドリンクが付く「スペシャルランチセット」(1000円)を注文。カレーは「マトン」と「野菜」を選んだ。

先に来るサラダをつつきながら、しばらく待つ。するとカレーやナン、シーク・カバブなどの一式が、ターリー皿に載ってやってきた。さて、できばえはどんなものでしょう。続きを読む
posted by たあぼう at 11:00 | Comment(5) | TrackBack(2) | 江戸川区・葛飾区

2007年12月07日

おすすめその562 ミラーン(お花茶屋)

土日限定ビリヤニセットと海老のカシューナッツカレーMILLAN(ミラーン)

葛飾区お花茶屋1-19-8-107携帯地図

Tel:03-3838-2718

予算:780円くらい〜(昼)
味 :★★★★
辛さ:★☆〜★★★☆
量 :★★★


あなたが応援したくなるお店は、どんな良さを備えていますか?

例えば、作り手の顔がよく見えること? お店の雰囲気に手作り感が感じられること? 値段を抑えつつも頑張った料理を出していること? あるいは、他店とはちょっと違うぞという主張が感じられること?

もしこれらが当てはまるようなら、お花茶屋のミラーンにぜひ訪れてほしいな。なにしろ、上記の要素をすべて兼ね備えたお店だから。

ミラーンの店内は、白を基調とした可愛らしいカフェのような造り。どの席からもキッチンで調理する店長さんの姿がよく見える。ホールでは社長さんの姿を見られることもある。ともに女性だ。

カレーのスタイルは南インドを掲げる。お店の雰囲気からは想像しにくい。でも確かに、セット・メニューを注文するとラッサム(南インドでポピュラーな酸味のあるスープ)が付いてくる。主張が感じられるよね。

主張と言えば、土日・祝日限定ながら、インド風炊き込みご飯の「ビリヤニセット」(780円)を用意するのもそうだろう。僕はこのビリヤニセットに、200円を足してミニサイズの「海老カシューナッツカレー」を付けてもらった。1000円以内にしては充実している。店長さん曰く、「お花茶屋価格で頑張っています」とのこと。

ちなみに、ビリヤニと言っても注文を受けてから釜で炊きあげる本式のものではない。だからさほど待つことなく一式がやってくる。それでも、お店ならではの工夫が十分に感じられる一品だ。続きを読む
posted by たあぼう at 21:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | 江戸川区・葛飾区

2007年11月18日

おすすめその555 ヴィオレッタ(新小岩)

小松菜カレーヴィオレッタ

江戸川区松島1-23-6携帯地図

Tel:03-3652-1927

予算:800円〜
味 :★★★★☆
辛さ:★★
量 :★★★


家庭的で温かいホスピタリティが自慢、日本人がインド料理をアレンジして日本人向けに食べやすく仕上げている、なかなか訪問しにくい――。こういった要素を持つお店に僕は弱い。まして、すべての要素を備えるお店といったら、気に入らないわけがない。

ヴィオレッタは、正に「すべての要素を備えるお店」だ。お年を召したご夫婦が温かく迎えてくれる。しかも奥様は料理教室の元先生で、地元・江戸川周辺の食材を巧みに取り入れた日本人の口に合う家庭的なインド風カレーを提供してくれる。

さらに、訪問しにくさも相当なもの。最寄り駅は新小岩と紹介するのも勇気がいりそうな場所にある。僕は錦糸町から葛西行きのバスに乗り小松川警察署前の停留所を下車。国道から細道に入ってたどり着いた。

ヴィオレッタ外観今回は土曜日のランチタイムに訪問した。単品でカレーとライス(800円〜)も注文できるけれど、土日なら「土日セット」(1200円)がお得。主菜、サラダ、ドリンクが付くメニューである。主菜には選択肢が数種類あり、僕は「チーズ入りフランク」を注文した。

肝心のカレーの注文は迷った。写真のことを考えると、盛り付けが美しい「キーマカレー」が魅力的。でも今回は、「江戸川産小松菜カレー」を注文した。地元の食材を使ったカレーを紹介することを優先した。

サラダをつつき、おいしいフランク・ソーセージにかぶりついて期待感が高まってきたところに、カレーがやってくる。見た目はインド料理店で見られる「ほうれん草のカレー」とは違うな。あまりペースト状になっておらず、ターメリックの黄色が目に付く。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 23:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 江戸川区・葛飾区

2007年11月17日

おすすめその554 カシミール(小岩)

ガンガーセットカシミール小岩本店

江戸川区西小岩1-26-1携帯地図

Tel:03-3658-7664

予算:700円〜(昼)、1500円くらい〜(夜)
味 :★★★★(夜)
辛さ:★★(マトンシャヒコルマ)
量 :★★★〜


カシミールは、西葛西のカルカッタとともに東京東部のインド料理店の雄と呼んでもいいかもしれない。小岩で地盤を築き、今は瑞江や錦糸町にも展開する実力店だ。

僕が訪れた小岩本店は、駅の北口から歩いて2分ほどとアクセスが良い。派手な色遣いの外観に気圧されてしまわずに入ってみよう。店内はぐっと抑えた色調の花柄だ。やはり派手ではあるけれど、だいぶ落ち着ける雰囲気をしている。

ディナーでは、アラカルトのほかにいくつかのセット・メニューを用意する。僕が選んだのはお手軽な「ガンガーセット」(1575円)。カレー1種類とナン、グリル2種類、サラダ、ドリンクが付くものだ。

カレーの選択肢は割と豊富にある。全種類ではないけれど、ディナーならではの手の込んだものも選べる。僕はその中から、「マトンシャーヒーコルマ」を注文した。ごちそう系の割と辛さを抑えたカレーが出てくることを期待して。実際はどうだろう?続きを読む
posted by たあぼう at 23:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | 江戸川区・葛飾区

2007年06月14日

おすすめその492 アルー(堀切菖蒲園)

野菜カレーと生卵アルー

葛飾区堀切4-57-14携帯地図

Tel:03-3838-4151

予算:500円くらい〜
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


先日、元横濱カレーミュージアム名誉館長の小野員裕さんに久々にお目にかかった。40代後半とはとても思えない相変わらずの若々しさに驚いた。一方の小野さんは僕の年齢を聞き、「それほんと!? 38くらいだと思っていたよ」と仰天していた。すみません老けてまして(-_-;)

その日はカレーを食べずに飲んでばかり。でも、小野さんのユーモアに富んだグルメ話の数々は本当に楽しかった。お礼らしいことができないけれど、著書「カレー放浪記」で小野さんが紹介していたアルーを取り上げてみようかな。小野さんが万年筆の修理の寄り道がてら立ち寄ったお店で、心温まるエピソードを交えながら紹介している。

京成線の駅の改札を出たら、菖蒲園とは反対方向に歩こう。すぐにアルーが見付かるはずだ。その外観は、いかにも下町にありそうな安食堂といった感じ。早速、中に入ってみようか。

「いらっしゃいませ」 カウンター越しに人の良さそうなおばさまから声がかかった。小野さんが「ずいぶんと気の利くおばちゃん」と紹介していた方だとすぐに分かる。適当な席に腰掛け、メニューを見やる。なるほど、500円くらいから高くても800円くらいか。良心的だな。

小野さんはお店の名を冠したアルーカレーを紹介していた。僕は違うカレーにしてみるかな。ということで「野菜カレー」(525円)を注文した。小野さんの本のとおり、おばさまが辛さを尋ねてくれた。あまり得意ではないことを告げ、さらに辛さを和らげるための生卵(50円)を頼んでみた。

注文してからは、おばさまがカレーソースを入れた小鍋に火をかける姿を見て過ごした。ほぼ毎日作っているから当然なのだけど、その手慣れた調理姿には感心してしまう。おっと、できあがったみたいだ。続きを読む
posted by たあぼう at 22:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 江戸川区・葛飾区

2007年04月04日

おすすめその478 LOOP cafe(葛西)

残念ながら閉店してしまったようです。

サグチキンとダルとナンLOOP cafe

江戸川区東葛西6-6-2 第三頼長ビル2F
携帯地図

Tel:03-3687-0334

予算:890円(平日昼)〜1380円(土休日夜)
味 :★★★
辛さ:★★☆
量 :★★★★★(食べ放題)


LOOP cafeは、シンガポールなどのリゾート・ホテルを想起させる爽やかな内装のお店。昨年10月にメイノさんにご紹介いただいた。お昼も夜も、数種類のインドカレーをはじめとする多国籍の料理をビュッフェ形式で出している。

最も割安な平日のお昼なら890円。僕が訪れた土曜日の夜は一番割高な1380円だけど、それでもまだまだ割安感があるよね。この値付けや、料理の種類の豊富さ、内装が評価されているのだろう。店内はなかなかの賑わいで、女性の一人客もいらした。

座席に案内されたら、好みのままに盛り付けにいこう。カレーはサグチキン(ホウレンソウとチキン)、バターチキン、ダル(豆)、おくらの4種類。ナンは注文すると焼いてもらえる仕組みになっていた。このほか、中華風の肉豆腐やえびせん、巻き寿司などなど、何でもあり状態になっている。

僕はというと、まずはサグチキンとダルからいただきまーす。続きを読む
posted by たあぼう at 22:51 | Comment(9) | TrackBack(0) | 江戸川区・葛飾区

2005年06月22日

おすすめその211 スパイスマジック カルカッタ(西葛西)

ベジ・ターリースパイスマジック カルカッタ

江戸川区西葛西3-13-3携帯地図

Tel:03-5667-3885

予算:1155円〜(夜、実際は1890円くらい〜)
味 :★★★★
辛さ:★★〜★★★☆
量 :★★★★


東京有数のインド人が住む町、西葛西。西葛西のインド人会の会長が営業しているお店がここ、スパイスマジック カルカッタだ。僕が訪れた時間は、日本人主婦の団体と、複数組のインド人の家族連れなどが店内の席を占拠していた。「外でいい?」と聞かれた僕はOKと応じ、オープンテラスの席に着いた。

メニューを見ると、チキン・バター・マサラ、パニール・サグ(ほうれん草とチーズのカレー)など、割とオーソドックスなカレーが並んでいた。この日の僕はどうしてもこれを、というものが浮かばなかったので、ベジ・ターリー(1890円)にした。

ベジ・ターリー文字通り、ベジタリアン向けの定食のこと。野菜のカレー3種にナン、ミニサイズのサフラン・ライス、サモサ(ジャガイモなどの包み揚げ)、パコラ(天ぷら)、パパード(豆せんべい)、サラダ、それに食後の飲み物がセットになっている。

とにかくお客さんがいっぱいだったこともあって、お店の方が注文を取りに来るまではかなり時間を要した。でも、注文を受けてからは意外とスムーズにやってきたので、これには少し好印象だ。続きを読む
posted by たあぼう at 18:47 | Comment(23) | TrackBack(5) | 江戸川区・葛飾区

2004年12月05日

おすすめその90 カラチ(京成立石・四ツ木)

マトン・ド・ピアザカラチ

葛飾区立石2-5-5携帯地図

Tel:03-3697-5412

予算:750円(昼)、
2000円くらい〜(夜、正規料金の場合)
味 :★★★
辛さ:★★
量 :★★★


人生20うん年、全く接点のない街、立石にやってきた。今まで葛飾区のお店を紹介してなかったので、立石駅からも四つ木駅からも遠いカラチまでやってきたんである。インド・パキスタン料理と銘打っているけれど、お店の名前からパキスタンに分類しておこう。

ディナーのメニューを開くと、都心部のいっぱしの料理店並みだった(ランチは750円でやっているそう)。正直、「えっ高い」と目をぱちくり。

でも実は、火曜はこの料金から50%引き、水・木・金は20%引き。つまり正規料金は土日だけなのだ。その土日もサービス・メニューがあって、それなら1000円で済む。サービス・メニューは好きなカレー1種と、ナンかライス、それに紅茶かコーヒーかオレンジ・ジュースが付く(チャイは不可)。ということで、この1000円のセットを注文。カレーはマトン・ド・ピアザを注文した。

ちなみに、僕の金銭感覚では水・木・金の料金が適正な感じ。火曜に訪れられるあなたは、かなりラッキーだと思う。

あまり待つことなくやってきた。よしよし食べてみようか。続きを読む
posted by たあぼう at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸川区・葛飾区

おすすめその89 サンサール(小岩)

ダルバートサンサール小岩店

江戸川区南小岩5-18-16携帯地図

Tel:03-5668-3637

予算:1575円〜(夜)
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★☆


このネパール料理店には過去に2回訪れたことがある。

1回目は、知らない人(女性)にいきなり「おまえはカレーのこと分かっていない」という内容のメールを送りつけられたことがきっかけ。で、パーティに呼び付けられ、のこのこ出かけていった次第。

2回目は日テレ「ニュースプラス1」の収録の際に呼び出された。前日ろくに寝てなくて青白い顔をしてでかけ、問題を外しまくって恥をかいた、忘れたい記憶がある(たぶんちゃんと体調を整えていても外しまくったと思うけど)。

そんなわけで、ここの普段のメニューをまともに頼んだことがなく、今日初めてメニューを開いた。見覚えのある女性の店員さん――確か、ウルミラさんだったかな――が注文を聞きに来た。ここはネパールらしく、「ダルバート」(1575円)でいこう。カレーなどを含む日替わりのおかず(ネパール風に言えばタルカリ)とライス、それにデザートがセットになった定食のことだ。

お、来た来た。おかず4品か。それにライスもかなりボリュームがある。食べでがありそうだ。続きを読む
posted by たあぼう at 00:00 | Comment(10) | TrackBack(1) | 江戸川区・葛飾区

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。