2010年09月26日

おまけ長野2 INDIA・ザ・すぱいす(長野市:長野)

チキンカツカレーINDIA・ザ・すぱいす

長野市南長野南石堂町1418広域

Tel:026-226-6136

予算:550円くらい〜(昼)
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★☆


長野駅ほど近く、お手頃な値段で楽しめる洋食と、岡本太郎からドラえもん、ディズニーまで飾られたカオスな店内の雰囲気が魅力的なお店です。詳しくは後日。続きを読む
posted by たあぼう at 22:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 甲信越

2010年09月20日

おまけ新潟1 Thamel(長岡市:長岡)

ダルバートThamel(タメル)

長岡市城内町2-6-22広域

Tel:0258-36-7794

予算:800円くらい(昼)※
味 :★★★☆
辛さ:★★
量 :★★★

※ランチは9月いっぱいで終了のもよう。

シノギのおかげで長岡に出向く機会ができた。小雨降りしきるなか、カレー屋さん巡りは厳しいなあと思っていたところ、なんと長岡駅からすぐ近くのところに、ネパール料理店がみつかった。僕のような出張者にはありがたいかぎり。

お店はThamel(タメル)という名前で、ネパール人のご主人と日本人の奥様で営んでいる。以前は東京で暮らしていたお二人が、お子さんができたのを機に奥様の出身地である長岡に戻ってきたそうだ。

店内は、ネパール料理店のイメージから良い意味でかけ離れている。白地の壁に、センスの良いアジア系の小物が並ぶ。よく見るとネパールなど南アジア系のものが並んでいるのだけれど、見た目にはカフェのよう。奥様のセンスによるものだろう。

タメル店内今回、僕はランチタイムに訪れた。目を引くのは「ダルバート」(ネパール式定食、800円)である。東京のネパール料理店でもダルバートを置いているところはまだまだ限られる。それが長岡のランチで味わえるとは感激ものだ(ただし残念なことに、この9月末でランチの提供を終了してしまうそうである)。

お手頃な値段であることに気をよくして、食後用にコーヒーを追加注文した。併せて900円だから、東京感覚で言えば十分すぎるほどリーズナブルと言えるだろう。先にやってきたサラダをいただき、それからもう少し待つとダルバートがやってくる。…と、これまたずいぶんと洗練された見た目のダルバートだね。続きを読む
posted by たあぼう at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越

2009年11月24日

おまけ長野1 山小屋(長野市:長野)

野菜カレー中辛(納豆トッピング)カレーショップ山小屋

長野市南長野北石堂町1408携帯地図

Tel:026-224-3139

予算:750円〜
味 :★★★☆
辛さ:★★☆
量 :★★★


1973年のある日。善光寺からほど近くに開店したカレー屋さんのご主人が、何を思ったか冷蔵庫に入っていた納豆をカレーライスに投入した。すると意外と合うじゃないか。気をよくしたご主人が納豆カレーをお店でも出すようになった。

そんなエピソードとともに「元祖納豆カレー」を標榜するお店が、今回取り上げる「カレーショップ山小屋」だ。現在は長野駅から歩いて5分ほど、大通りから一本は行った細道にお店を構える。店名のとおり、山小屋風の建物だった。

カレーショップ山小屋外観中に入って適当な席を確保した僕は、早速メニューを確認する。どうやらベースのカレーソースは1種類らしく、具の種類で幅を持たせているようだ。元祖納豆カレー以外にも「ハンバーグ」や「なす&きのこ」など、馴染みやすい選択肢もあった。

僕は「やさいカレー中辛」(750円)を選び、これに納豆をトッピング(105円)することにした。やはり名物は押さえておきたいからね。

しばらく待って、お目当ての一皿がやってきた。おっと、小さくカットされた野菜がいっぱい入っていそうだね。その頂上には納豆の姿も見える。お味やいかに。続きを読む
posted by たあぼう at 01:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 甲信越

2008年05月04日

おまけ山梨1 静歌(甲府:酒折・善光寺)

春の薬膳カレー薬膳 静歌

甲府市善光寺1-22-1携帯地図

Tel:055-233-0345

予算:600円〜(昼)
味 :★★★☆
辛さ:★★★
量 :★★★


「縁は異なもの味なもの」――。本来は男女の結びつきを表す言葉だったと思うけれど、男同士でもこの言葉を口にしたくなるような偶然の出会いが甲府であった。昼食を取るためにふらっと電車を途中下車し、入ったお店で会った別のお客さんが、東京にある母校の先生だったのだ。

不思議な出会いの場となったのが、薬膳料理を掲げる静歌というお店。健康に配慮した定食やカレーを出している。甲府市街からは少し離れており、山梨学院大学や甲斐善光寺の近くにある。

薬草茶入口に近い席に座り、やや女性的な雰囲気が感じられるおじさん店主にメニューを見せてもらった。僕の注文は初めから決まっていて、「春の薬膳カレー」(600円)である。季節によって使う食材を変えているのだそうで、春であればタケノコや、肝臓に良いシジミなどを入れるとのこと。

カレーの到着を待つ間に、薬草茶が振る舞われた。すすってみると、苦みが舌を刺激する。いかにも体によさそうだな。ちびちびと飲んでいたら、四角いお盆に載せられたカレー皿がやってきた。おお、なかなかカラフルだこと。いただきます。続きを読む
posted by たあぼう at 12:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 甲信越

「こむぞう」に紹介していただきましたデザイン協力:マイクロフィッシュMapFan

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。